menu
image0_9.jpeg

毎週開催されている党社会的孤立対策本部会議に、今回もZOOM にて参加させていただきました。本日は国会議員15名、地方議員184名、政調等職員5名、マスコミ5名、厚労省、文科省ほか省庁10名が参加されたとの事です。

講演では、児童養護施設や自立援助ホームなどを退所後の若者のアフターケアの必要性や、社会的養護が必要な子どもたちを応援し実際に携わっている2つの支援団体様からお話しを聴かせていただきました。

印象的だったのは、「生きていてくれてありがとう。生きていたから会えた」その思いを真ん中に置いている。「助けて」は簡単に言えない。相談するには勇気が必要。「自立」と言う言葉に苦しめられた。一方通行な支援ではダメ。一番困った事は?との問いに、金銭面や生活面ではなく、むしろ孤独感や孤立感だったとの回答が3割を占めていたとの事実です。

社会的孤立対策は中・長期的な取り組みですが、引き続き講義を受けていきたいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江