menu
バックナンバー 2020年 12月
image0_25.jpeg
image1_8.jpeg

市管理下の側溝周辺に樹木が生い茂り、流れが堰き止められて困っているとのご相談を受けました。西岩根に隣接する現地を確認したところ、側溝も枡も樹木や雑草に覆われ全く確認さえ出来ない状況でした。

一人暮らしで女性の相談者さんは、ご自分で整備出来ることはやってきましたが、年齢を重ねて出来なくなってきたと話されていました。

先週、担当課によって整備が完了しました。側溝内の清掃は近隣の皆さんの協力を得てやっていただくようお願いしました。ともあれ、年内に整備されてホッとしましたのでご報告いたします。

image0_24.jpeg
image1_7.jpeg

国道16号若葉町交差点にほど近い高柳4丁目の一角は、ここ数年で新しい住宅が建ち並んできました。

ちょうど昨年の12月に子育て中のママさんから、家の前の深い側溝に幼い子どもさんが落ちる危険性があるため、蓋を掛けてもらえないでしょうか、とのご相談がありました。

今年度予算計上され、念願の蓋掛けが今月25日に完了したばかりです。相談者をはじめご近所の皆さまに喜んでいただいています。一年間、相談者と市役所とのやり取りを続けてきたので感慨深いです。

相談者に地元自治会長さんをお繋ぎし、地域の熱意が結果に結びついたと感じています。

image0_23.jpeg

本日は市役所でも御用納めでした。土日に頂戴しました市民相談に、何とか今年中に対応できました。福祉部門のご相談でしたが、担当課の丁寧なやり取りは有り難かったです。

夕方になり、党千葉県本部より昨今の新型コロナ感染拡大状況から、明年1月開催予定だった新春講演会の中止連絡が入りました。取り急ぎ、ご参加の快諾を頂戴していた企業・団体の5名様を訪問し、中止のご連絡に回らせていただきました。

一年間お世話になった議会事務局へは本日寄ることが出来なかったため、電話にてご挨拶をしました。

また、新春恒例の仕事始め当日に木更津駅頭で行っています街頭活動も中止するよう指示が来ています。皆さまのご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

※画像は2年前の12月に撮った観覧車です

image0_22.jpeg
image1_6.jpeg

私の手づくりの個人報「ひまわり通信2021冬季号Vol.15 」が出来上がりました。冬季号は秋季号発行後の活動報告を中心に作成しました。本日印刷を発注しましたので、年明けから配布させていただきたいと存じます。

紙面は10月臨時会での審議、12月定例会の個人質問内容や調査・視察・要望活動、地域課題の改善報告、ボランティア活動、党活動、街頭活動、オンライン勉強会の様子などを記事にしました。
目を通していただければ幸いです。ご意見・ご要望をお寄せください。

image0_21.jpeg

木更津市ホームページより
 千葉県の発表において、木更津市東太田 学校法人君津学園 清和大学の学生の新型コロナウイルス感染症の集団発生(12月24日現在 計35名)が確認されました。
 現在、当該学校を管轄する君津保健所では、学校の協力を得て検査の実施及び感染拡大防止向けた指導等を行っております。また、当該学校では、保健所の指示により感染源および感染経路の確認を行うとともに、関係施設の消毒作業を実施し、さらに新たな感染拡大防止策について対応中です。
 本市においても関係者との協議を行い、感染経過等の事実確認と情報共有を行い、今後の感染対策に万全を期してまいります。
 市民の皆様には、改めて、日常生活における基本的な感染防止対策の徹底をお願いするとともに、不要不急の外出は控えたり、帰省や参拝は延期も含めて慎重に検討していただくなど、全国的に急増している感染者数のこれ以上の増加を防ぐために、ご理解・ご協力をお願いいたします。
 また、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスク、感染させるリスクがあります。学校や感染者及びその家族、医療関係者などに対する、いわれのない誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないよう、冷静な行動をお願いいたします。

image0_20.jpeg

昨日は党女性委員会「平和・環境PT」のオンライン勉強会に出席しました。勉強会では、今後のプラスチック資源循環施策及び紙おむつのリサイクルについて、環境省よりヒアリングを受けました。

効果的なリサイクル方法やそれに伴う環境省の支援及び補助、今後の技術開発など、リサイクル社会へ向けてのイメージが広がりました。

私たち消費者にできる事として、ペットボトルひとつにしても、きれいな状態にしてから出すことが、効率の良いリサイクルにつながることを再確認しました。また、再生材100%使用したスゴエコ袋の利用や紙おむつ回収袋を配布している自治体の紹介事例などは参考になりました。

3月議会の一般質問では、環境部門に触れる予定ですので、今回勉強した内容からも質問に取り入れたいと考えています。

image0_19.jpeg

今朝もみんな元気に横断歩道を渡り学校へ‥今年最終日の学校支援ボランティア活動を終え、ホッとした気持ちで帰宅しました。

今年学校ではコロナの影響で臨時休校や分散登校など、かつて経験したことのない状況に直面しましたが、きょう市内小中学校では2学期の終業式を迎えます。子どもたちの頑張りを讃えるとともに、支えてくださったご家族や先生方に感謝いたします。明年3学期も子どもたちの後を追いかけ頑張ります。

※本日は党女性委員会の「平和・環境プロジェクトチーム」オンライン勉強会に出席します。貴重な機会ですので、緊張感をもって臨みます。

image1_5.jpeg

「公園施設を活かした賑わいづくり」について質問した内容をご報告します。
 
現在コロナ感染のリスクを避けるために、屋外でのレジャーが人気を集めています。市内には県や市が管理しロケーションが良い公園が多くあります。休日には多くの方が憩いや遊びの場として利用されています。公園は密閉空間ではないため、ウィズコロナ時代の市民ニーズに応えるためにも公園を拠点とした賑わいづくりも必要です。

内港公園、鳥居崎海浜公園では毎年定着した市主催イベントが開催され、憩いの場として賑わいを見せています。
木更津市の自然を最大限に活かした賑わいづくりのために、このような観光イベントと合わせ、自然の中で3密を気にせず楽しめる釣りやキャンプなどを観光スポットとして提供できないか問いました。

釣りに関する新たな企画については、今後賑わいづくりの一環として実施できないか検討していくとの回答でした。

キャンプについては、公園内での火気使用は原則禁止のため、現状でのキャンプ実施は難しいが、今後きさらづDMOが企画する、公園以外でのイベントにおいて、デイキャンプ等が実施できないか検討していきたいとの回答でした。

また、新型コロナウイルスにおけるイベント開催時の感染症対策について質問したところ、イベントを開催するにあたり、参加人数の上限設定、参加者等の連絡先の把握、「3つの密」が発生しない 人と人との距離の確保や入場時の検温の実施、マスクの着用、こまめな消毒、手洗いなど、徹底した感染症対策を講じているとの回答がありました。

経済部からは、「木更津市スタンプラリー」の紹介がありました。
四季折々の豊かな自然が楽しめる公園など、ロケーションの良い数多くの素晴らしい景観を見ていただきたくために、海と東京湾アクアラインと富士山が同時にフレームに入る、絶景のビューポイントがある公園や、太田山公園、鎌足さくら公園、金田さざなみ公園を含む10カ所をチェックポイントとした木更津市スタンプラリーを来年1月31日まで開催中との事。今後も公園を活用したイベントの検討を考えているとの回答でした。

アイデア次第で公園が市民に親しまれる場所になるとも感じます。現在、感染症対策を実施したレジャーや観光のあり方が問われる中、 ウィルスの拡散につながらない木更津市独自の屋外での楽しみ方の選択肢が多数あっても良いのではないかと思っています。

質問後、高齢者の公園利用についてのご意見を頂戴しましたので、引き続き3月議会での質問テーマにしていきたいと考えています。

最終回も長文に目を通していただき、ありがとうございました。

image0_18.jpeg

 本日、渡辺市長より新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関するお願いが発表されました。

(木更津市ホームページより)
 千葉県の公表によると、木更津市では、12月22日までに98名の感染者が確認されており、12月17日現在、12人が入院やホテル療養など医療の提供を受けている状況となっています。
 君津地域における医療体制は、君津郡市広域市町村圏事務組合が地域外来・検査センターを設置し、かかりつけ医が「PCR検査が必要」と判断した場合に、速やかにPCR検査を行うことができる体制を整えております。また、指定感染症医療機関である君津中央病院では、万全な感染予防対策を講じながら治療にあたっており、現在は、病床数など比較的落ち着いている状況とのことです。
 しかし、新型コロナウイルス感染症の流行後、初めての冬を迎えるなか、感染者数は、千葉県を含め全国各地で最多を更新するなど、急速に増加している状況であり、また、重症者数の増加も併せ、医療提供体制もひっ迫しており、予断を許さない状況となっています。
 このような状況に鑑み、本日は、改めて市民の皆様、事業者の皆様に感染拡大防止のためのお願いをさせていただきます。

詳しくは市ホームページをご覧ください

https://www.city.kisarazu.lg.jp/kurashi/kenko/kansensho/1006833/1006834/1007701.html

image0_17.jpeg

、今朝は党市議団メンバー4人でLINEにてリモート会議を実施。
現在ダイニングキッチンにてチャーシュー用の煮豚づくりと事務仕事を同時に展開中。一石二鳥とはこの事かしら。この使い込んだ大鍋を出すと亡くなった義母を思い出します。「おばあさん、今も使っていますよ」

午後は訪問活動と市民相談後の対応のため、市役所朝日庁舎へ。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江