image1_8.jpeg

木更津市では来年度より、新生児聴覚検査の一部公費助成が決定しました。渡辺市長から発表された令和2年度の施政方針にも示された事業です。

平成30年6月議会の個人質問において、取り上げた経緯があります。質問の一部をご紹介します。
「先天性の聴覚障がいを早期に発見するための新生児聴覚検査は、全ての新生児に対して受診が必要と考えます。産院で実施する新生児聴覚検査費用は、平均で5,000円から6,000円程度かかります。助成は受診者の経済的負担を軽減することで、未受診者の受診促進や、早期受診により適切な支援につながる効果が考えられるため検討をお願いします」

※ 先日の予算審査特別委員会での質疑をまとめてみました。答弁は子育て支援課です。

Q.新生児聴覚検査の対象者と助成額は?
A.対象者は、令和2年4月1日以降に出生した児で出生後50日までの児を対象とします。助成額は、検査費用の一部負担として上限3,000円とします。

Q.検査できる場所は?
A.助成事業として新生児聴覚検査を委託するのは、管内の6つの産科医療機関となっています。

Q.生後50日までの児を対象としたのはなぜか?
A.新生児聴覚検査は、ほとんどが出生後2~4日目に初回検査を実施していますが、里帰り先の出産病院に聴覚検査機器がない場合は、木更津市に帰ってから検査を希望するケースがあるため、出産病院での1か月健診を終えて帰ってくることを想定し、出生後50日としました。

Q.里帰り先で聴覚検査をした場合の対応方法は?
A.里帰り先の医療機関で新生児聴覚検査を実施した場合は、検査の領収書等を子育て支援課窓口に持参していただき償還払いを行います。これにより、里帰り出産でも早期に検査ができると考えております。

これからも子育て世代の応援ができるよう頑張ります。長文を読んでいただきありがとうございました。

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp