menu
バックナンバー 2018年 1月
image1_19.jpeg image2_13.jpeg

千葉県南市議会議長会主催の議員研修会が東金文化会館にて開催されました。
最近の大規模災害に学ぶ 〜自助・近助・共助でつくる地域防災〜と題して、防災システム研究所 所長 防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏の講演を受講。大災害時に取るべき議員の使命や実践的な対策の必要性、近くで助け合う大切さを学びました。
今日の研修で私がこれは!と感じたことを少しお伝えしたいと思います。

○ 大規模災害に備え、せめて一週間の備蓄は必要。悲観的に準備して、楽観的に過ごす。

○熊本地震時、車中泊が2000台。下水管が壊れてトイレが使えないので、家は壊れていないが避難する事になってしまう。トイレの防災備蓄や食料備蓄があれば避難しなくて済む。

○自分や家族を守って初めて人の命が守れる。

○自治体は、自然災害から助かった生命を、その後の震災関連死が多いことを恥ずかしい事と思わなければいけない。明確な関連死0の具体的な数の目標を。

○職員が頑張りすぎて不眠不休で次の犠牲者が出ないよう、議員の役割をここで発揮すべき。

○ 形式的に対策すれば、いざとなったら役に立たない。実践的なマニュアルづくりを。何もしなくても安全な方向へ傾く仕組みづくりを。

○避難訓練、消火訓練、救助訓練は生命を守る訓練。災害予防訓練をしっかりと。避難訓練が「ごっこ」にならないように。「ごっこ」をやっていると参加者が少なくなっていく。在宅避難生活訓練が効果的ではないか。地域ごと、家庭でもできる。実践的な訓練を。避難所はできれば行かないに越した事はないので。

○老若男女に配慮した避難所運営。

○避難所でのリーダーの目配り、心配り、助けを待つばかりの避難所ではなく、力を合わせ困難を乗り越える避難所。笑顔の絶えない避難所。実践的で地域のコミュニティのある避難所は、震災関連死なし。

○一人一人の心の堤防を高くせよ。
津波時は原則車で逃げない。徒歩で。

○阪神淡路大震災時、大揺れまで3.5秒。逃げるくせをつける。議員の仕事は、住民の意識の変革。

○地震時、安全ゾーンを作る。閉じ込められない空間。一時避難所をつくる。S波になったら動けない。地震速報後の訓練を。空振りでもやるべき。やればいざという時、身体が動かなくなる凍りつき症候群にならない。

○防災大掃除、防災用品点検の日の設定を。7年経って忘れかけている人に有効。

○緊急時に向こう三軒両隣、遠くの人が見守りはできない。助ける人は近くにいる人。

○防災運動会、大声大会、とりたて野菜即売会。ちょっとの工夫が大事。

○沼津市では防災井戸端会議の設定、昭島市ではご近助カードをつくり互近助さんの歌を作成。

東日本大震災から間もなく7年。改めて私たちのまちの防災を考えていきたいと思います。
長文を読んでいただきありがとうございました!

これから地元区長会の懇親会に参加します。

image1_18.jpeg image4_3.jpeg image3_6.jpeg

午前中は議会広報委員会にて、次回発行の「きさらづ市議会だより」の最終会議を行いました。2月1日の新聞折り込みをご覧下さい。新聞未購読世帯の方は、「広報きさらづ」とともに無料配送ができますので、市役所 情報政策課までご連絡ください。

会派打ち合わせ後、千葉県南市議会議長会主催の議員研修会に参加するため東金文化会館へ向かっています。高滝湖パーキングエリアを通過しました。しっかり研修してまいります‬!

image1_17.jpeg image2_12.jpeg

今朝の木更津は、濃い霧がかかり車の運転も慎重になりました。

‪今日、1月18日は「118番の日」です。「118番」は海上保安庁緊急通報の電話番号で、海での事件・事故の際に使用していただきます。夫と義父が漁師ですが、近年では釣りやプレジャーボートでのトラブルが増えているようです。

今日も安全で有意義な一日を!

image1_16.jpeg image2_11.jpeg image3_5.jpeg

金田地区まちづくり協議会主催で月に一度のコミュニティカフェが金田公民館で開かれ、参加させていただきました。

今日は他の公民館でコミュニティカフェ導入の参考にするための見学者も訪れていました。本格コーヒーを飲みながら、地域の課題である、新たな居住者と既存の居住者とのコミュニティづくりのきっかけの場所を目指しています。

宅地造成による新興住宅の増加で、赤ちゃんや幼児を連れたお母さんたちの姿もあり、金田地区へは転入者が日々増えているようです。区長さん方からは、地域の危険箇所の情報などを伺い、区長さんの案内で現地確認のため、公民館を後にしました。

image1_15.jpeg image3_4.jpeg image4_2.jpeg image5.jpeg

昨朝、金木橋から見える東雲の朝日が帯状で、滝のように見えて珍しかったので写してみました!

‪今日は県庁内の部署に書類提出へ。1階ロビーは2020年東京オリンピック・パラリンピックへ向けて、啓発物の掲示がディスプレイされていました。これから東京オリパラをどんどん盛り上げていきたいと思います!

その後、公明党県本部に寄り、夕方は市役所朝日庁舎へ市民要望の件で、2箇所の部署へ相談・報告と交通安全看板の受け取りをして、区長さん宅へお届けしました。金田地区の子どもたちの安全のために知恵を絞っていきたいと思います!

image1_14.jpeg image2_10.jpeg image3_3.jpeg

ホテルニューオータニ幕張にて、公明党千葉県本部主催の「新春の集い」が開催されました。

県内の国会議員、県会議員、首長、各企業や団体の皆様をご来賓にお迎えし、昨年よりも300名増の約1500名の集いとなりました。私も木更津市内から6名の皆様にお声掛けをさせていただきました。ご列席に感謝申し上げます。

ご来賓を代表して、森田 千葉県知事、櫻田 自民党千葉県支部連合会会長、斎藤 農林水産大臣よりご挨拶をいただきました。

公明党からは、千葉県本部幹事長・平木大作 参議院議員、前国土交通大臣・太田昭宏 全国議員団会議議長が挨拶をされました。

公明党のロゴマークは太陽です。太陽は誰人にも分け隔てなく平等に光を注ぎます。私たち公明党議員は、そんな太陽のような存在であり続けたいと思います。2018年も今日から新たな決意で出発します!

※ 役員の任務に就いていたため、会場内には入れませんでしたが、昼休憩時間に公明党マスコットキャラクターのコメ助と、袖ヶ浦の前田市議と一緒に撮影しました。

image1_13.jpeg image2_9.jpeg image4.jpeg image3_2.jpeg

寒風の中、木更津市消防出初式が開催されました。永年に渡る消防業務に精励された団員や団員の夫人に感謝する表彰がありました。ご家族の支えや協力があり市民の安全が守られている事に感謝します。

訓練演技では連携総合訓練が行われました。防災意識をさらに高め大火のない一年を願いながら、渡辺市長の掛け声で集まった子どもたちと一緒に風船を飛ばしました!

今日は防災服にて出初式に参列しました。

image1_12.jpeg

今日は朝からとても寒く冷たい一日でした。今朝の登校見守りの金木橋からは、富士山がいつもより色濃く見えました。富士山の左手に見える建物は龍宮城ホテル三日月です。

夕方、3月議会準備のため市役所の担当課と打ち合わせを行い、夜は木更津市議会議員会の懇親会に出席しました。現在の議員定数は24名。13万5千の市民の代表として党派会派を超えて市民のため、木更津市のために合意形成を創り出し、より良い施策を前に進めていくのが、議員の使命だと私自身自覚しています。

皆さま有意義な週末をお過ごしください!

image1_11.jpeg image2_8.jpeg

陸上自衛隊木更津駐屯地の賀詞交換会に出席しました。

駐屯地司令の挨拶の中で、昨日発生した群馬県南牧村の山林火災で木更津駐屯地の隊員さんがヘリコプターからの消火活動を行うため災害派遣されているとのお話がありました。

2011年の東日本大震災当時、私は木更津駐屯地の糧食班で調理師として勤務していました。賀詞交換会の会場で栄養士さんと再会し、当時の苦労話しで花が咲きました。一番大変な時に最前線で国民の生命と向き合い、働いてくださっている姿を間近に見てきました。

無事故の任務遂行を祈りながら会場を後にしました。

image1_10.jpeg

建設経済常任委員会の所轄事項調査のため、富津市の有害獣処理技術実証実験の公開現場を視察しました。

捕獲したイノシシなどを専用のプラントにて高圧処理後、加水分解し肥料や燃料に再資源化する実験の工程を間近に見学。今後コスト面での検証結果に注目したいと思います。実験中の匂いを防ぐためにマスク姿で委員長、副委員長と一緒にカメラに収まりました。

木更津市でもイノシシ被害対策は深刻な問題で、さまざまな対策が講じられています。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江