menu
image1_21.jpeg image2_15.jpeg image3_7.jpeg image4_4.jpeg

早朝より木更津市防災訓練に参加しました。昨年の中郷地区に引き続き、住民主体の訓練として、富来田地区まちづくり協議会が次のような訓練を実施しました。災害対策本部運営訓練、避難訓練・避難所開設運営訓練。発災対応訓練ではドローンを使った調査や地元企業による倒木撤去訓練、消防署による救助訓練、陸上自衛隊の隊員さんの指導による土のう作りを体験。炊出し訓練では赤十字奉仕団の皆さんが活躍されていました。銚子気象台による気象・土砂災害の講話、各種展示・体験コーナーでは実際に災害用伝言ダイヤルを使用してみました。煙体験や地震体験は危機迫るものでした!

大規模災害発生時は、すぐに行政職員が現場や避難所に駆けつけられないことが想定されるので、本日のような訓練は必須だと考えます。関係者の皆さまお疲れさまでした!

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江