昨日(11/11)、高槻市を含む全国62の中核市から行政・議会関係者が集まる中核市サミットに参加しました。
開会式では、中核市会長の濱田剛史高槻市長が挨拶。
一部では、『ポストコロナ時代に求められる中核市の役割』の基調講演を拝聴。コロナ禍を機に急速に世の中が変化する中、デジタル化、グリーン化についての見識を深めました。
二部では、パネルディスカッション。私は、第二会場『多様な連携による「持続可能な」まちづくり』をテーマにした、中核市の先進事例として、3市(富山市・松江市・松山市)の市長から披露されました。
いずれの市からも、SDGs達成に向けた様々な主体との多様な連携により、地域の課題解決、魅力向上に取り組む先進事例でした。
特に松江市による「中海・宍道湖・大山圏域」の地域連携については、全国でも珍しい県境を越えた広域連携。圏域人口60万人の維持を目指すとの取組みは関心を持って拝聴させていただきました。
※写真撮影時のみ、まわりに配慮して、マスクを外しました。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
カレンダー
2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
公明党広報
公明党広報
サイト管理者
高槻市 吉田忠則
yoshida-tadanori@mail-osaka.com