令和2年12月15日開催の本会議場において、議会運営委員会委員長が賛同議員の了承を得て、提案理由の説明を行い、質疑・意見表明の後、多数賛成で可決成立しました。 
議案内容は、監査の専門性と実効性を一層高め、もって監査制度の充実強化を図る観点から、議選監査委員(市議会議員の内から選任される監査委員)を2名から1名に減員するものです。
 経緯として、昨今の監査状況は、正確な財政状況等はもとより法制実務などの専門的な見識が求められるなど多様化し高度化する傾向にある中、議会選出の監査委員について、会派代表者会議や議会運営委員会で協議を行い、会議の総意として、議会内外での議員活動を通じた知見や見識等を生かした実効性ある監査を行う役割を継続する中で、2名から1名に減員するに至ったものです。
市議会議員の内から選任される監査委員の減員状況は、中核市では、盛岡市、秋田市、西宮市、那覇市の4市が、2名から1名に減員され、大津市のみが議選監査委員を廃止。大阪府下では、岸和田市、豊能町が、議選監査委員を廃止されています。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
カレンダー
2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
高槻市 吉田忠則
yoshida-tadanori@mail-osaka.com