高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

“第6波”対策〔下〕

□公明新聞 党活動 未分類 / 2021年11月23日

今日の公明新聞 新型コロナ そこが知りたい!

247C2E10-4C24-4571-BD50-3DA07202DBF2治療薬の確保 飲み薬、年内に60万回分

新型コロナウイルスの感染“第6波”対策で政府は、飲み薬を「切り札」と位置付け、年内の実用化をめざすとともに、必要量を確保するとしています。

飲み薬があれば、患者が手軽に自宅で服用でき、医療現場の負担も減ります。

飲み薬について政府は、迅速な確保を求める公明党の提言を受け、薬事承認されれば▽年内に約20万回分▽年度内に約40万回分――の計60万回分を確保し、医療現場に供給します。

さらに、中期的な感染拡大にも対応できるよう、追加で約100万回分を確保します。

また、国産の飲み薬を含む治療薬の開発費用として、1薬剤当たり最大約20億円を支援。

重症化リスクのある軽症から中等症の患者が確実に治療を受けられるようにするため、複数の治療薬の確保に向けた企業との交渉も進めます。

一方、軽症・中等症患者らへの抗体カクテル療法に用いる中和抗体薬は、感染力が今夏の第5波の3倍になった場合に必要となる量を考慮し、来年初頭までに約50万回分を確保します。

■外来・往診での投与体制も構築

今後の中和抗体薬や飲み薬の提供を巡っては、入院に加えて外来・往診でも投与できる体制を全国で構築します。

さらに飲み薬では、患者が薬局に行かなくても手に入るようにするため、かかりつけ医と地域の薬局が連携した環境づくりを支援します。

府民等への要請

未分類 / 2021年10月1日

緊急事態宣言が解除されたことに伴い

8C081D73-C914-4E2E-9143-932506432E64緊急事態宣言が解除となり、10月1日(金)の市ホームページが通常バージョンにもどりました。

その上で、「新型コロナウイルス感染症 府民への要請等について」として案内されています。

国において緊急事態宣言が解除され、これに伴い大阪府から10月1日以降の「府民等への要請」(10月1日~10月31日)が示されました。引き続き、感染対策に努めてください。

  • 「密閉・密集・密接を避ける」「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」などの基本的な感染対策の実施
  • 混雑している場所や時間を避けて少人数で行動

山口なつおチャンネルより

未分類 / 2021年9月20日

コロナ治療薬 公明の提案が実現

0304B270-243B-41D6-9793-F168D1AAF40B動画投稿サイト「ユーチューブ」で、新型コロナウイルスへの対応など国民が知りたいと思うことに答える「山口なつおチャンネル」。

17日に配信された動画では、山口代表がコロナ患者に対する治療薬について、公明党の提案によって投与拡大への道が開かれ、死亡率の低下や症状改善で大きな効果が出ていると強調しました。

山口代表の発言は大要、次の通りです。

【入院待機施設】

7月下旬ごろから、入院ができず、自宅で療養せざるを得ない人が増えてきました。

そこで公明党は、重症者用のベッドを確保するだけでなく、入院まで待機できる中間的な施設を設け、そこで治療にも取り組むべきだと提案しました。

宿泊療養施設のスペースを確保して臨時医療施設とし、酸素吸入や治療ができるようにしました。また、酸素ステーションを別途造り、既存病院の空きスペースを利用して入院待機場所として活用する。全国の大都市では、こうした施設を確保しています。

■(抗体カクテル)宿泊、外来で可能に
■(レムデシビル)死亡率低下に貢献

【抗体カクテル療法】

(軽症・中等症者向けの)抗体カクテル療法は、7月に承認を受けました。公明党の高木美智代衆院議員が、外来で使えるよう国会で訴えたことを受け、8月25日に厚生労働省がゴーサインを出しました。

9月15日現在で2万7000人に使われています。また、全国で2000近くの施設でいつでも使えるよう準備が整っています。東京都の発表によると、約2週間で420ぐらい使われた例があり、95%の人の症状が改善しました。

今、注目されているのは、自宅療養の方に往診した時に使えないかということです。ただ、点滴をして経過観察が終わった後の副作用が発生した場合の対応が確立されていません。病院と連携できる仕組みを整え、利用を拡大できるかどうか検討されています。

【治療薬レムデシビル】

コロナ治療薬の確保に最初に取り組んだのは公明党です。公明党の秋野公造参院議員が昨年3月初旬に(中等症・重症者向けの)「レムデシビル」という点滴薬を使うべきだと国会で提案し、5月初旬に正式に承認されました。

治療薬として第1号の承認でした。その結果、昨年2~4月のコロナ感染による死亡率は5%超でしたが、6~8月は1%未満にまで下がりました。

また、新たに英国のグラクソ・スミスクライン社から「ソトロビマブ」という抗体薬が申請されています。8割近い効果があると言われ、そう遠くない先に承認される見込みです。

【飲み薬の開発】

経口薬の開発でも公明党はしっかり支援してきました。米メルク、ファイザーや、スイスのロシュ社と提携する日本の中外製薬で治験が進んでいます。承認申請が出されたら、なるべく早い時期に承認が得られるよう期待しています。

【国内産治療薬・ワクチン】

公明党としては、外国で開発されたものを輸入して使うだけでなく、国内メーカーが治療薬とワクチンの両分野で開発力をつけて、日本で製造・供給する取り組みを国家戦略として推進していきたいと思います。

元気そうで

未分類 / 2015年8月12日

実家へ

11855790_668681833234065_5086863388186501940_n

 

父母の顔を見に行ってきました。85歳と83歳です。元気そうで何よりでした。いつも妻が気にかけてくれるお陰だと感謝しています。

父が一言、「お前が今の仕事をしている限り、私も一生懸命頑張る」と・・・私も父の一言に対して、市政に携わる一人として、改めて責任の重さを実感し、これからも初心を忘れず誠心誠意、頑張ろうと決意させて頂きました。

中秋の名月

未分類 / 2014年9月9日

月々に・・・

「月月に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月」、昨日、帰途に着いた時、「ふっ」と夜空を見上げたところ、満月。

「あっ、今日は中秋の名月か」と、この歌を思い出しました。 毎月、沢山の月を見ていますが、本当にキレイなのは「この月の月」ですかね。

「未来を見つめて頑張るゾ!!

日曜の朝

未分類 / 2014年7月20日

妻のベランダ農園

妻がつくるベランダ農園。朝見るとキュウリが大きく育っていました。まるで芸術!!・・・と言いたいところですが「おいしく頂けそう」と・・・

芸術といえば、昨日、妻と一緒に明日香まで、陶芸の先生の作品を観賞に行ってきました。今回はステキなガラス細工。芸術は奥が深いですね~!!

ヽ(´▽`)/

自宅のベランダ農園

画廊「飛鳥」さん

.

さぁ、今日も一日頑張りま~す!!

母の日への思い

未分類 / 2014年5月13日

いつもありがとうございます。

5月11日(日)「母の日」に向けて、前日メッセージハガキを書きました。いつもありがとうございます。心配ばかりかけてすみません。どうかお身体を大切にいつまでもお元気で・・

多分、12日(月)に届くだろうなと考えながら、思いだけは伝えたいと・・

息子たちは11日に真心を届けに来てました。

母の日に思う。

未分類 / 2010年5月9日

おふくろさんへ、いつまでもお元気で。

多忙な日々を送りながら、今日はおふくろさんを思い出しました。いつまでもお元気で、いつもありがとうございます。