高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

祈・交通安全Ⅱ

□登町 安全実績ナウ / 2021年5月13日

あきひログ「祈・交通安全」のつづき 喜びのメール

20210512_050120456_iOS地域の自治会関係者の方から、この道路はクルマがよく通過するところで、以前、交通事故もあったようで、子ども達の安全のためにも交通安全の啓発が重要とのご意見を。

対策として、まずはクルマへの啓発。消えかけている道路標示や横断歩道の補修の要望をいただきました。

早速、現地確認。写真と地図を持って市役所の担当課に相談。

道路標示「こども注意」は市の管轄で、先月下旬に補修の完了を確認(№646)、あきひログ「祈・交通案安全」でご報告を。

今回は横断歩道の補修。先日、相談者から喜びのメール「横断歩道、ありがとうございます。綺麗になってます」と(№648)

 本当に良かったです。これからも交通安全を祈って・・・関係者の皆さまに感謝申し上げます。

祈・交通安全

□登町 安全実績ナウ / 2021年4月21日

道路標示の補修完了 まずは「こども注意」標示

20210419_072452881_iOS地域の自治会関係者の方から、この道路はクルマがよく通過するところで、以前、交通事故もあったようで、子ども達の安全のためにも、交通安全の啓発が重要とのご意見をいただきました。

対策として、まずはクルマへの啓発。消えかけている道路標示や横断歩道の補修の要望をいただきました。

早速、現地確認。写真と地図を持って市役所の担当課に相談。

道路標示「こども注意」は市の管轄で、補修の完了が確認できました(№646)、横断歩道は、市の方から関係機関へ要望していただいており、もう少し時間が必要のようです。

引き続きのご対応をよろしくお願いいたします。「祈・交通安全」

生活道路は安全・安心に

□登町 党活動 / 2021年3月6日

既設水道管の老朽化に伴う改良工事後の道路補修が完成し道路標示も

52E25E4D-6FDE-4BC9-AE51-B2C6A65B363D2月18日の“あきひログ”、「ライフラインとして(№643)」、水道の既設水道管の老朽化に伴う改良工事が完了し、このほど掘削し仮舗装された道路・歩道の舗装工事が完了。

今週、周辺道路舗装後の道路標示が完成したことが確認できました。安全・安心が進んでいます。

写真上左から、横断歩道ありの「ダイヤマーク」、一旦停止の「止まれ」、通学する児童生徒に対しての「こども注意」、横断歩道前の「停止線」と「横断歩道」、保育園前の「横断歩道」、歩道との「境界線」など。

自動車等はルールを守って歩行者に気を付けて。歩行者は自動車等に十分気を付けて、生活道路は安全・安心が第一です。十分注意を

ライフラインとして

□登町 安全実績ナウ / 2021年2月18日

既設水道管の老朽化に伴う改良工事後の道路補修が完成

20210217_062551450_iOS水道の既設水道管の老朽化に伴う改良工事が完了し、このほど掘削し仮舗装された道路の舗装工事が完了しました。

2020年5月、高槻市水道部の委託業者から登町・下田部団地の3箇所の改良工事のお知らせがあり予定通り完了。

当時、改良工事の案内を受け、工事後の道路舗装の要望もさせていただきました(№644)、約9か月間の取り組み、関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

ライフラインとしての水道管が適切に維持・継続され、今後も安全で安心な水道水が供給されますよう期待してします。

老朽化に伴う改良 等 <あきひログ

水道の蛇口を回せば、当たり前のように水が出てきます。水は命の源、私たちは、大阪北部地震の際に水道管が破裂したことなどで断水を経験し、小学校などの避難所に受水に行かれた方も多かったと思います。

大切な水を適切に供給していただくことが重要な使命と感じます。

【概要版】『高槻市水道事業基本計画(令和3年度~令和12年度)』(素案)が市ホームページに紹介されています。水道事業の現況と今後の課題が示され特に、老朽化した水道管について、法定耐用年数で更新するのでは なく過去の漏水履歴や埋設環境調査データを活用して独自の更新基準年数を設定することで、必要となる費用を低減し計画的に更新を行いますとされています。

本市水道事業の将来像として、「安全・安心な水道水の供給」「災害に強く、しなやかな水道の整備」「いつまでも信頼される水道」とも示されています。

通称番田川③

□登町 安全実績ナウ / 2021年1月15日

“水路のり面”の除草作業のさらなる要望

7124EFA5-772B-4709-88BC-5CE0F40A5975昨年12月2日のあきひログ「通称番田川②」、地元自治会役員の皆さまからご要望をいただきました「通称・番田川」水路のり面等の除草作業が完了しました。(№642)とご紹介。

今回、通称番田川③は、反対側、歩道側の水路のり面の除草要望です。

こちらは、府と市の管理地が混在することから自治会関係者、市担当課(府担当部局)との調整を図らせていただいております。

 

市も前向きに検討していただいてる印象で、今後速やかに要望事項が完了することを期待しています。

堤桜通り

□地域活動 □登町 安全実績ナウ / 2020年12月30日

桜の枝が・・・

20201229_230133161_iOS昨日、通行人の方らからご連絡。私の地元、自治会「堤桜通り」の桜の樹木が枝折れしていて、落下したらキケンとのお声。

すぐに現場確認。「確かに」 何かあったら大変だと感じ物干し竿を取りに帰って再度現場へ。下から落そうとしましたが、枝が引っ掛かって落ちません。(汗)

自治会に脚立をお借りしようと会長にご連絡すると、すぐに会長がご対応くださり、感謝・感激。

ついでに2人で、堤桜通りの樹木をすべて確認。「何とびっくり」 同様に枝が腐食?して折れているところが複数個所あり、一つひとつ取り払いました。私は脚立を支えるぐらい(汗)・・・

万が一、何かの拍子で枝が落下して事故でも起こったら大変なことになります。事前に対処出来て本当に良かったと感じます。

会長、ありがとうございました。

通称番田川②

□ホームページ □登町 安全実績ナウ / 2020年12月2日

“水路のり面”の除草作業が完了

A5948819-F000-427B-8EAC-7521149F6EA2 73976C0E-5B06-4B30-A636-A80E90AAFEDA地元自治会役員の皆さまからご要望をいただきました「通称・番田川」水路のり面等の除草作業が完了しました。(№642)

今回は、除草範囲を広げての作業です。

 

 

また、雑草が繁茂しにくい工夫も
①のり面(斜面部)にシートを再設置
②水路敷(平面部)は次年度にシート設置予定

さらに、以前、高木の倒木があった箇所の除草作業も完了。この箇所の除草は長年なかったような気がします。何より、自治会のご要望が完了したことに、関係者の皆さまに感謝の思いです。

“水路のり面”の除草作業が進んで <あきひログ

通称番田川

□ホームページ □登町 安全実績ナウ / 2020年11月27日

“水路のり面”の除草作業が進んで

20201120_071308916_iOS 20201120_071135389_iOS地元自治会役員の皆さまからご要望をいただきました「通称・番田川」水路のり面の除草作業が進んでいます。

今回は、今まで以上に延長しての除草作業。

また、雑草が繁茂しにくいように“のり面”(斜面)にシートを再設置し、平面部は次年度の予定となっています。

さらに、近日中に除草作業を再開する箇所もありますので、引き続きよろしくお願いいたします。関係者の皆さま、いつも本当にありがとうございます。

再びの改善策 <あきひログ

“キケン解消”のごきんじょニュース

□登町 安全実績ナウ / 2020年11月17日

細長く深めの側溝にフタ設置

B5F87401-E07A-4863-B7A6-849B5F1B0605「キケン」と言われ続けてきた歩道と建物の間にある細長く深めの側溝に赤色の「フタ」が設置されました。(№640)

“キケン解消”のごきんじょニュースです。

2014年12月21日のあきひログ「安全・安心進む」(№406)で紹介させていただいた登町にある側溝。

あきひログでは、“こちらは、ご相談頂きました細くて深い側溝の安全対策。よく目立つ青色の目印を等間隔に設置頂き安全啓発をしています。

皆様ご注意を(*゚▽゚*) 関係者の皆様、ありがとうございました。”とコメント

当時から、キケンなのでフタを設置してほしいとの要望がありましたが、この時は青色の光る目印を設置するまででした。

6年後、転落防止やポイ捨て防止での再度の要望を。

この度は地域のご協力があり、要望が叶って本当に良かったと感じています。関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

再びの改善策

□ホームページ □登町 安全実績ナウ / 2020年11月2日

通称「番田川」の除草と再びの改善策作業はじまる

F6651C3B-8733-4126-9BD8-C0E3A18AD74D2019年2月1日のあきひログ「さらなる改善策(№558)」で、ご紹介させていただきました番田川の“水路のり面”の除草作業と改善策。

この日から1年8カ月。除草と再びの改善策作業がはじまりました。

今回も、地域の自治会関係者の方からのご要望をいただきました。

当時、除草後にカバーをかけて、雑草が繁茂しにくい対策を施していただきましたが、雑草のチカラはすごく、1年以上経つと、カバーの間からはみ出すように生い茂ってきていました。

現地確認のあと、市の担当課に相談。「何か対策はできないか」との思いで対応いただいております。

除草範囲も、前回よりも少し延長。完成までもう少し時間が必要のようです。

関係者の皆さまに感謝。ありがとうございます。