高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

補修が完了

□大塚町 安全実績ナウ / 2021年5月11日

コンクリートされた水路敷に発生した亀裂

20210510_072725088_iOS先日、市民の方から「コンクリートされた水路敷に亀裂が入っているが影響はないのか」と、ご相談をいただきました。

早速、現地を確認し、写真と地図を持って担当課に相談。

改めて現地を確認・点検していただき、このたび補修が完了しました。迅速な対応をしていただきました関係者の皆さまに感謝申し上げます。

再々度の

□大塚町 安全実績ナウ / 2020年12月30日

暗渠水路上の歩道の補修完了

A4C38441-7FC4-4F93-89D3-4399D34FBFD06月1日(月)あきひログ「水路上の歩道 その後の対応」のその後、再々度のご相談。

暗渠水路上の歩道で、破損している箇所や老朽化により石板のガタツキもあり、高齢者の方々が歩行中につまづいて、こけそうになったり歩きにくいとの課題がある場所。

5月初旬に全体的に補修が完了(№615)していただきましたが、後日、補修された箇所の一部がまた破損していて、石板にもガタツキがありました。

「もう一度、現地を見ていただけませんか」との再度のご連絡をいただき、早速、現地でお話しを聴かせてもらい、翌日、市の担当課に相談。

その後、「すぐに対応していただきました」と感謝のご連絡をいただき、ともに喜び合ったところでした。

ところが、11月中旬に再々度のご連絡。

補修していただいた箇所がまた破損し、ガタツキも発生しているとのこと。再々度、担当者に相談。今回は、相談者と市の担当者に現地で立ち会っていただき、相談者より直接、問題提起をしていただきました。

再々度の検討により、水路内部からも確認いただいたとか。12月21日、相談者から「今日、補修工事をしていただきました」と感謝のご連絡をいただきました。

関係者の皆さまには、何度も何度も安全・安心への取り組みを迅速に実施していただき感謝の気持ちです。

安心して歩けます。

□大塚町 安全実績ナウ / 2020年12月19日

水溜まり歩道の補修完了

6EC5AF52-A090-4B3C-8DC1-351540B7AA74今年7月の下旬頃に、ご相談をいただいた国道170号沿いの歩道(大塚町交差点から大塚町南交差点の間、北行きの歩道)

「雨が降ると水溜まりが凄くなります。一度、見てもらえたらどうかなと思います」と写真付きのメールをいただきました。

早速、現地確認。写真と地図をもって市の担当課に相談。府の担当部局に補修要望をしていただきました。予定通り12月に補修完了。(№643)

完成後、「お世話になりました。歩道ですが、キレイにしていただきありがとうございます。これで安心して歩けます。」とお礼のメールが届き感動しました。

喜びのお声をいただき、関係者の皆さまに感謝の思いです。

地域環境を守るために②

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年11月14日

スラグ作業完成

980B14F8-F8CA-4641-A211-57EC1403B6EB8月26日のあきひログでご紹介させていただいた「地域環境を守るために」(№631)、開発後の市有地について、当時、除草要望をいただき現地確認の上、担当課に相談。その後、速やかに除草完了。

今後、雑草が繁茂しにくいようにするため、他の地域で実績のある「スラグ」を敷き詰めての対応に決定し、この度、その作業が完了しました。(№639)

雨水処理については、コンクリートと違い、スラグや砂利を敷き詰めることで隙間もでき、浸透しやすく、他に影響することはないと聞いていますので、ご安心いただきたいとも思います。

関係者の皆さま、ありがとうございました。

ご連絡をいただき迅速に対応

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年11月11日

ポール型車止めの補修が完了

3DBE1FAB-55B0-4F50-9C83-75295C1AFD6C今年8月、地域の方々からご連絡、ご相談をいただいた“破損したポール型車止め”の改修工事が完了し、大変、喜んでいただいたところです。

ところが数週間後、「また破損している」とのご連絡が。

せっかく改修していただいたのにとの思い。また何か衝撃が加わったのか、固定ねじが外れ浮き上がっている状況で原因は不明です。

再度、現地を確認し市の担当課に相談。

このたび、補修が完了していることが確認できましたので、早速、写真を相談者にメールしたところ、「いつもありがとうございます」と大変、喜んでいただけました。(№637)

関係者の皆さまには、ご連絡や迅速な対応いただき、“安全・安心”を守っていただけましたことに感謝の気持ちです。皆さま本当にありがとうございました。

抑止効果で事故を防ぐ(2箇所あるポール型車止めの改修工事完了) <あきひログ

有効利用されている

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年9月9日

スラグという資材を知り

5F1E27F4-D02C-49D8-812A-F26BC9858982「スラグ」とは、溶融スラグ、廃棄物溶融スラグとも呼ばれるそうで、廃棄物や下水汚泥の焼却灰等を1300℃以上の高温で溶融したものを冷却し固化させたもののこと。

近年では建設・土木資材としての積極的な活用が進められているそうです。

溶融・固化することにより、高熱でダイオキシンや揮発性の重金属が無害化されるというメリットがあり、コンクリート用や、道路用の骨材として制定されているとも。

コストの面からもU型側溝やその蓋、歩道と車道の境界を示すブロックなどに利用されていると記されています。

本市では、特別な使われ方(?)がされているみたいで、雑草が繁茂するところに、除草後、スラグを10~15cmの厚みに敷き詰めることで、スラグどうしの間に空間ができ、雑草が生えにくくなるようです。

生えても根が張りにくく、そのため抜きやすいとのことで、雑草の繁茂に苦慮していた地域では、“スラグ”の実証実験として半年間行い、その効果を確認し、有効利用されているとのことです。

先日、周辺地域で同様の市民相談をいただいき、相談・検討の結果“スラグ”を利用してみようということに決定したところです。広範囲なので敷設には少し時間がかかりそうですが。

抑止効果で事故を防ぐ

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年8月28日

2箇所あるポール型車止めの改修工事完了

20200827_043943741_iOS水路を暗渠にした歩道。今年5月頃、コンクリートの劣化により、段差等ができて歩行しにくいとのお声を高齢者の方から聴き、補修をしていただいたところです。(水路上の歩道 №615)

今回は上記、補修部より西側のところに、2箇所づつあるポール型車止め(バリカー)の片方の根本で固定してあるコンクリートが破損しており、キケンとのお声から修理のご要望をいただきました。(写真上段)

また同歩道では、以前もポール型車止め(バリカー)が破損していたこともあり、地域のお声をお届けして修理をしていただきました。(№581)

早速、現地を確認し現況の写真を。実際に車止めを触って確認してみると“グラグラ”していて倒れた時の危険性を感じました。

担当課に相談をしたところ、何かの衝撃でこのようになったものと推察され、一旦は応急処置(写真中段)した上で、改修するとの提案をいただき、鉄製から樹脂製の車止めに変更されました。(写真下段・№632)

速やかに破損部を修理していただき、改修していただけたことは本当に良かったと感じています。関係者の皆さま、迅速な対応、本当にありがとうございます。

歩道と車道が交差するところなので、車止めには抑止効果があり、自動車と歩行者や自転車などの衝突事故等を防げる可能性が高いものと感じ、さらに樹脂製であれば衝撃の吸収力も増し、少しの衝撃なら持ち応えるのではないかいと期待しています。

地域環境を守るために

□大塚町 安全実績ナウ / 2020年8月26日

市有地の改善

20200825_220519176_iOS住宅開発に関する市有地。地域の声を大切にしながらの対策後の状況とのこと。

この地域では、以前は背丈ぐらいまで雑草が伸びて、自治会の皆さんで除草・清掃作業をされてこられたそう。しかし現在は、高齢化の影響で今後は厳しい状況とのお話しを。

放置していると雑草が伸び、害虫発生の心配をされる声も。

住宅開発後、一旦は砂利などを敷いて整備されたようですが、今後の環境が心配で、除草を継続するか、コンクリートなどで雑草の繁茂を防いではどうかとのご要望を。

そんなご相談を、7月下旬に現地でいただき、早速、担当課に確認と相談。

結論として一旦、除草した上で「スラグストーン」といわれる資材を敷き詰めて、雑草が生えにくいようにする改善策が決定しました。

他の地域では、この方法で効果を出しているとのことでしたので、大いに期待しています。

先日、ご相談者から「今日、除草の対応していただきました」と喜びのお声を。“スラグストーン”での対策は、広範囲なので1~2年かけて対応していただけるそうです。(№631)

改めて関係者の皆さんに感謝の思いと、今後も「地域環境を守るために」よろしくお願いしたいと思います。

交通安全第一を目指して

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年7月10日

国・府道の横断歩道等 補修完了

20200707_071407988_iOS20200707_065452678_iOS昨年11月にお聴きした市民相談。

「国道170号・大塚南交差点の横断歩道が消えかかっていて、キケンです。」とのお声を

 

早速、関係部局に相談。

当初より、時間がかかることは聞いていましたが、ようやく補修が完了したことを確認ました。本当に良かったです。関係者の皆さまありがとうございました。

補修箇所は、国・府道が交わるT字路の横断歩道と停止線。写真左は、府道と国道を横断する西・北側横断歩道のビフォー・アフター。写真右は国道170号を横断する南側横断歩道。(№619)

皆さまとともに、今後も交通安全第一を目指して・・・

夏の交通事故防止運動について <あきひログ

水路上の歩道 その後の対応

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年6月1日

老朽化や破損部を補修 再度の対応

2D3071FB-61C0-4804-BC27-FA85B9E5092A-2今日から6月ですね。5月9日の「安全安心実績ナウ」でご紹介させていただきました「水路上の歩道

老朽化での石板のガタツキや破損している箇所もあり、高齢者の方々が歩行中につまづいて、こけそうになったりして、歩きにくいとの課題。

一旦は全体として補修は完了しました(№615)が、後日、「補修された箇所の一部が破損していて、石板もガタツキがあります。現地を見ていただけませんか」とのご連絡。

早速、現地でお話しを聴かせていただき、翌日、市の担当課に相談。

「すぐに対応していただきました」と感謝のご連絡をいただき、ともに喜びあいました。

現状把握いただいて、工法を変更するなど、適切に対応をいただきました。改めまして、関係者の皆さまには、迅速な対応をしていただき感謝の思いです。