高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

喜びの連絡をいただき

□堤町 安全実績ナウ / 2022年1月21日

水路敷のコンクリート化が完了

20220121_044309499_iOS昨年の12月中旬頃にお聴きした市民相談。本日、「水路敷のコンクリート化」が完了したと喜びの連絡をいただき、現地を確認してきました。(№684)

地域からのお声は、水路敷について降雨時の雨水の流れが悪く水溜まりができて不衛生で困っているとのお悩みでした。

昨年、住宅開発に伴って水路敷の一部がコンクリート化されたことから、残りの部分のご要望をいただいてきたところです。

喜びのご連絡をいただくと、やっぱり嬉しくなりますね。

関係者の皆さまに、地域住民の声を受け入れていただき心から感謝の思いです。

年末ギリギリまで

□ホームページ □堤町 安全実績ナウ / 2021年12月30日

地域住民の要望かない感謝

20211229_040237124_iOSあきひログ「地域の要望かなう」(12月2日)、“地域からご要望のあった「大阪広域水道企業団高槻ポンプ場」施設内の除草作業が進んでいます。(№677)”より

除草作業は完了しましたが、課題は“アルミ格子フェンス”の間から枯葉・雑草等が、住宅側に飛散して清掃等に困っているとの地域住民の小さな声。

あと4日で2021年も終わる頃、相談者からお電話が。「ありがとうございました。“細かな目の網”を設置していただきました。」再度、現地で相談者とお会いし、ともに喜び合うことができました。

フェンスの下部に設置された網には、枯葉等が止まっていて、少々の風が吹いても大丈夫な感じです。今後の様子を見ていただかないといけないとは思いますが、本当に良かったと思います。

相談者からは、年内に対応していただけたことへの感謝の声。関係者の皆さま本当にありがとうございました。(№682)

今年もあと2日、2021年の“安全・安心”の取り組みは、2月18日のあきひログでご紹介させていただきました「ライフラインとして」(№644)から12月30日の「年末ギリギリまで」(№682)の38箇所となりました。

親身になって対応していただけました関係者の皆さまには、感謝の意を表するとともに、これからも安全・安心を守るため、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

そして、地域の皆さまのお声が“原点”です。

2022年も、“安全・安心”を望む声を“吉田あきひろ”までお寄せいただければと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。今年一年、皆さまには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

適切な“スケートボードパーク”も要望

□堤町 安全実績ナウ / 2021年12月25日

「スケートボード類禁止」の啓発看板を設置

20211223_043554793_iOS芥川を渡る十三高槻線の高架橋下。市道である堤防道路が舗装され、通行が最適になったと思います。

ところが最近、スケートボードを楽しむ方もいてるようです。

堤防周辺には住宅もあり、ある日、スケートボードによる“騒音”の市民相談をいただきました。

相談者からは写真も送っていただき早速、現地を確認。

そして担当課に相談することからはじまりました。スケートボードを禁止する啓発看板はあるのか? 管理者はどこなのか?

市の方も丁寧に寄り添っていただき、回答は市道認定されている道路ということがわかり、適切な啓発看板を掲示していただきました。(№679)

“「スケートボード類禁止」、道路でスケートボード類をしないでください。歩行者や自転車利用者など周辺の迷惑になります。高槻市役所 高槻警察署”

相談者に完成報告をさせていただくと、大変喜んでいただきました。

ただ私たちは、規制や禁止ばかりではなく、2021年11月10日に濱田市長に提出させていただいた「令和4年度 高槻市政の施策と予算編成に関する要望書」の中に、“オリンピックの正式種目になったスケートボードは、国の方針やオリンピックの競技として注目され、今後、関心が高まると予想される。”

“高槻市では滑走できる施設がないことから、公園や道路、公共エリア等で滑走しており、市民の安全・安心な生活環境を守るためにも、スケートボードパークのような施設の設置を検討するとともに、今後、スポーツ推進計画やスポーツ関連施策を展開するにあたり、スポーツを通じた青少年の育成、若者の居場所づくりの視点も踏まえ取組むこと。”と若者の夢を膨らませることにも全力を注いでいます。

地域の要望かなう

□ホームページ □堤町 安全実績ナウ / 2021年12月2日

大阪広域水道企業団高槻ポンプ場施設内の除草作業進行中

大阪府水道企業団 除草地域からご要望のあった「大阪広域水道企業団高槻ポンプ場」施設内の除草作業が進んでいます。(№677)

アルミ格子フェンスの間から雑草等が住宅側に飛散して困っているとの地域からのお声。

要望活動から迅速にご対応いただいている関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。

ご質問にお答えし除草作業も完了

□ホームページ □堤町 安全実績ナウ / 2021年11月2日

道路の端に雑草が取り除かれずに残っているのは何故 ?

20211101_065337363_iOS先日、「道路の端に雑草が取り除かれずに残っているのは何故ですか ?」と、ご質問をいただきました。

堤防の道路などでは管理者が異なりよく見かける光景です。傾斜している「のり面(国・府)」をキレイに除草しているのに、堤防上の道路端(市)が除草されずに残っている光景です。その逆も。

作業等のタイミングの違い。過去には「除草作業を忘れている」とのご指摘もいただいたことがあります。

市の担当課には、「なるべく作業機会を一緒にするよう調整してはどうでしょうか」と提案したこともあります。

そんなことを提案しながら担当課に、ご当地の除草を要望。この度、堤防からの坂道の道路端の除草を実施していただきました。(№669)

関係者の皆さまの迅速な対応に感謝申し上げます。

 関連するあきひログ  ◎ 諦めないで・・・  ◎ 芥川堤防の除草について

芥川堤防の除草について

□堤町 安全実績ナウ / 2021年8月13日

自治会のご要望が叶う

88C0EA44-DCA7-4CBD-991C-BA4FD6EC4251先月、周辺自治会の関係者の方から、芥川堤防の“除草”のご要望をいただき市の担当課に相談・要望を行ってきました。

堤防の歩道は、多くの方が健康志向などからウォーキングやジョギングなどでよく利用されているとお聞きします。

人が通行することから、歩道の雑草が繁茂するとキケン箇所にもなり得ます。

一級河川の芥川は、本市のほぼ中心を縦断し淀川に流れ込みます。城西橋より南側は国土交通省の管理となっており、一般的に堤防のり面は、破堤などを未然に防ぐ必要があることから亀裂がないか点検するため除草作業が行われると聞いています。

ただ、市民の皆さんが歩道を利用されることから両端1mは市が管理することになっています。

このたび「除草作業をおこなっています」の看板を見つけ、現場を確認することができました。(№660)

関係者の皆さまに“安全・安心”に向けた適切な管理に感謝をするとともに、台風などの自然災害を考えると、これからも適切な“治水”管理に期待をしていきたいとも思います。

地域のコミセン

□堤町 安全実績ナウ 視察・研修会 / 2021年5月30日

コミュニティセンターの安全・安心利用についてのご要望

76670746-5F94-45E8-8EB1-B8F38E1A887E28日(金)、地元コミュニティセンターの関係者からご要望を。コミセンの出入り口付近の一部では視界がよくなく、自転車同士の“ヒヤリハット”があるようです。

電話でいただいた要望内容は、「自転車止まれ」のステッカーが時間経過とともに劣化して薄くなったり、破損したりするので、貼替用のものを必要とされるお声。

早速、担当課から受け取り、その日のうちに手渡しを(№649)

当時は31日までの緊急事態宣言中、コミセンの利用が自粛されている期間での準備。再開後、地域の皆さんに気持ちよくご利用いただくため、今のうちに補修をしておこうとのコミセン関係者のご配慮のよう

ただこの日、緊急事態宣言が6月20日まで延長されましたので休館も続くようです。

前日にも、関係者からコミセン施設についてのご相談があり、担当者と現地確認。前身の幼稚園として建設され約50年、当時、小学校の統廃合からコミセンに再利用されて約30年。

0F1E8E62-6E2E-4F3F-90D8-8668C51CCC88今までも躯体・内装関係の補修など市と管理運営委員会で、棲み分けして実施されてきましたが、老朽化に伴い壁や床などの全体的な修理が必要ではないかとのご意見をいただきました。

地域の皆さんのためのコミュニティセンターが、大いに利用され、気持ちよく使用していただくためにも大事なご意見だと感じます。

今までも躯体関係の補修やエレベーターの設置など、市の関係課も積極的に取り組んでいただきましたが、永続的に利用されることを考えると、内装関係の全体の見直しも重要な時期にきているのかも。

日々、新型コロナワクチンの接種が続いているところですが、一日も早く新型コロナウィルス感染症が収束し、地域のコミュニティセンターが再開され、多くの賑わいがもどってくることを祈る思いです。

安心と喜びを

□ホームページ □堤町 安全実績ナウ / 2020年11月3日

施設内の樹木の伐採について

20201011_092535340_iOS堤町にある「大阪広域水道企業団高槻ポンプ場」、2年前の大阪府北部地震や台風の被害により、既存ブロック塀の撤去や、新たにアルミ格子フェンス等を設置する工事が決定し、今年の3月頃から仮囲いを設置して工事が進められてきました。

工事は順調に進展しているようで完成に近づいてきた様子、今月11月末が工事完了の予定となっています。

今回は、本工事の一環と捉え、多くあった樹木の伐採作業が完了したご報告です。

この季節になると、落ち葉で道路が敷き詰められ、滑りやすくなってしまうことや、地域の方々が清掃に苦慮してきたことなど生活環境のお悩みなどがありました。

また、落ち葉が側溝に詰まり、その機能・役割が果たせず雨水処理対応が困難になっていたことなども。

最近では、歩行者に対してカラス襲来の問題等が聴かれ、地域コミュニティや地元自治会の長年の課題として多くの声、要望をいただいてきました。

さらに危機管理面では、隣接地域にある水路敷の高木が倒木、過去の台風被害の実例があったことからも、ご当地の樹木も相当な高さがあり、通路を挟んで住宅があることからも万一の二次災害を危惧した上での要望でもありました。

検討の結果、“樹木伐採”のご判断をいただき、関係機関の皆さまには感謝の思いです。

反面、緑化の重要性も鑑み、施設内の緑化率について“問題なし”との内容も確認できました。課題はまだ続きますが、多くの皆さまの“安心と喜び”を、少しでも守ることができればと感じ、これからも皆さまの声に耳を傾けていきたいと思います。(№636)

高槻ポンプ場 <あきひログ

門扉等の工事完成

□ホームページ □堤町 安全実績ナウ / 2020年9月18日

大阪広域水道企業団の高槻ポンプ場から

CB2536B8-9360-491A-B9C2-43E485B4751D堤町にある「大阪広域水道企業団高槻ポンプ場」、2年前の大阪府北部地震や台風の被害により、既存ブロック塀等の撤去や、新たにアルミ格子フェンス等を設置する工事が決定し、今年の3月頃から仮囲いを設置して工事を進められてきました。

現在は、東・西・南側の道路に面するブロック塀の撤去と、新規フェンスの改修工事が完成し、敷地内のフェンス及び門扉の工事が進められてきました。

先日、現地視察をしたところ門扉の更新工事が完成していました。今までは内側に開く観音扉方式でしたが、今回、新たにスライド式になっていて、すごく軽そうに感じたところです。

工事は順調に進んでいるようですが、残り約2・5か月、これからも安全第一で取り組んでいただきたいと思います。

高槻ポンプ場 <あきひログ

見る見るうちに

□ホームページ □堤町 安全実績ナウ / 2020年7月19日

長い長い側溝の清掃作業が完了

20200717_055210019_iOS大阪広域水道企業団の高槻ポンプ場・外周道路にある、グレーチング設置の長い長い側溝。

先日、ポンプ場周辺のブロック塀の撤去と新規フェンスの取り付けが完了し、仮囲いが取り外されたため、地域のコミュニティ関係者の方から側溝の清掃要望をいただきました。

このポンプ場内には、たくさんの落葉樹があり、秋頃には落ち葉が道路に落下。今まで落ち葉掃除など、コミュニティや地域の皆さまも、協力を惜しまず行ってこられましたが、高齢化の進展により思うようにいかなくなったとのお声も聴きます。

長年、堆積された落ち葉や不衛生なゴミ、雑草など、現場確認とともに市の担当課への相談。

非常にタイミングが良く、要望させていただいた次の日に、業者の皆さんによる清掃作業を行っていただきました。グレーチングを上げ、バキュームで落ち葉等を吸引し、高圧洗浄で清掃。

見る見るうちに長い長い側溝はキレイに変身。(№622) 関係者の皆さまに、心から感謝の思いです。

高槻ポンプ場 <あきひログ