高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

思いはひとつ

□要望書 党活動 / 2021年1月24日

今日の公明新聞 高槻市議会公明党議員団の緊急要望《第4弾》

1611449786727“市議会公明党(宮田俊治幹事長)は14日、浜田剛史市長に、速やかにワクチン接種が開始できる体制の構築、消費喚起へ商品券事業再実施、特別定額給付金の対象外の新生児へ祝い金、緊急小口資金や総合支援資金の特例貸付を受けた市民対象に支援金などを求めた=写真。”

新型コロナウイルス感染症に関する緊急要望書

新型コロナウイルスの感染が急拡大し、すでに1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)で緊急事態宣言が発令されてきましたが、1月13日、関西3府県(大阪府・兵庫県・京都府)に加え、愛知県・岐阜県・福岡県・栃木県でも緊急事態宣言を発令しました。

本市においては、陽性者数の累計は842人(1月13日現在)で、1週間単位での感染者数において、直近で1月3日から9日までの感染者数が過去最多となる117名となっています。さらに医療機関や福祉施設でのクラスターが発生している状況から憂慮すべき事態となっています。

国においては、医療体制の強化、特措法の改正、ワクチン接種の対応が急務となる中、本市おいても国、府とのさらなる連携強化を図り、感染拡大の防止、市民の生命、生活を守るための施策を的確に実施することを強く要望します。

AE42D832-3534-4547-9D87-5E258CB4111C1.新型コロナウイルスワクチンの接種については、速やかに接種を開始できる体制を構築すること。また、コールセンターの設置など、市民からの問合せに対応できる体制を充実すること。

2.消費喚起による商業の活性化と市民の生活支援のため、再度、商品券事業を実施すること。

3.特別定額給付金の支給対象とならなかった令和2年4月28日以降生まれの新生児に対し祝金を支給すること。

4.緊急小口資金(特例貸付)及び総合支援資金(特例貸付)など、新型コロナウイルス感染症に伴い貸付を受けた市民に対し、支援金を支給すること。

23日現在、本市の陽性者数の累計は1,066人。要望書提出の日、三井市議と五十嵐市議、私の3名は所用で出席できませんでしたが、市民の皆さまのお声を、新型コロナ支援策の緊急要望として届けせていただく議員団8名の“思いはひとつ”です。

衆望を担い

□要望書 議会活動 / 2020年11月10日

令和3年度 高槻市政発展の施策と予算編成に関する要望書を提出

BB4EBCAC-8669-47BC-BB40-AF1B97FC64DE9日(月)、高槻市公明党議員団として「令和3年度 高槻市政発展の施策と予算編成に関する要望書」を濱田剛史市長に提出させていただきました。

令和3年度に向けての“5つ”の重点項目
1.行財政改革を着実に進め市民の暮らしも向上
2.地域と一体となった新たなまちづくり
3.災害対策およびコロナ禍の克服による地域の活性化
4.幸齢社会・共生社会の実現
5.高槻市の未来を担う人づくり

と併せて“208項目”の要望事項も。

この要望書が、議会と行政の間での活発な議論の糧となり、また、実現に向けた検討が真摯に行われることを願って。

多くの皆さまのお声を受けた公明党議員団8名の思いより冒頭、宮田俊治幹事長等からのあいさつと要望書の概要説明、また、五十嵐秀城副幹事長からも重点5項目の説明を。

そして、濱田剛史市長からもごあいさつをいただきました。

7358D2AD-5DFD-4E64-B1B5-7802F3CC91A7最後に団長として、「公明党は庶民の願いや期待が込められた『衆望』を担っての取り組みを行ってまいりました」

特に、少子高齢化や人口減少社会が進展する中で、今後も「人を守る取り組み」や「まちづくり」など、新型コロナ対策をはじめ、防災・減災の取り組み等々、お願いをさせていただきました。

結びとして、今後も高槻市政の発展に向けて、ベクトルを合わせての取り組みを目指して行きたいとの決意も。

ネットワーク力の強みを生かし

□ホームページ □要望書 党活動 / 2020年9月16日

恒例の高槻市政策要望懇談会

P107007415日(火)午前、石川ひろたか参院議員、林けいじ府議と、濱田剛史市長をはじめとする、関係職員等の皆さまとともに、恒例の「政策要望懇談会」が行われました。

ここには、市議会公明党議員団も同席しました。

“城跡地区暮らし・にぎわい再生事業”をはじめ、“芥川緑地プール跡地の公園整備”、“国道171号交差点改良の整備促進”、“森林災害への対応”についてなどの10項目に渡る各事業の進捗状況を確認しての意見交換の場となったようです。

私は“監査”のため途中退席。

これからも公明党のネットワーク力の強みを生かし、市政発展に向けて全力で取り組んでまいります。

政策要望懇談会 <あきひログ

台風などの出水期を目前に緊急要望

□ホームページ □要望書 □防災・減災 / 2020年6月12日

避難所等の新型コロナ対策

8DF77FAC-D73E-4E35-B4D4-8A7B3089F6F011日(木)、6月定例会初日。この日は本会議の開会前に、“高槻市公明党議員団”として「災害時の分散避難などのコロナ対策の緊急要望書」(14項目)を濱田剛史市長はじめ理事者の皆さんに提出させていただきました。

近年、全国的な自然災害の頻発化、激甚化に伴い、浸水、土砂災害の発生が各地で警戒されています。

このような中で政府は、大きな爪痕を残した台風被害を教訓に「水防法」の改定を行い、国や自治体が講ずべき災害対策の基本的な方針を示した「防災基本計画」を修正し、100年に1度の「想定最大規模降雨」から1000年に1度の想定へ考え方を見直し、河川・気象情報の提供充実や長期停電への対応強化などを示しました。

本市においては、大正6年の大塚切れの浸水被害より100年が経過し、平成24年の集中豪雨等、浸水被害により市民生活に大きな影響を及ぼしました。

「台風などの出水期を目前に」、ハザードマップの速やかな更新と市民への周知、啓発が急務となっている状況及び、コロナ禍の状況の中で「分散避難」のあり方と、避難所における感染拡大防止対策としてクラスター発生を防止する密閉、密集、密接の「3密」の回避や衛生的な環境の維持などを考慮した避難所整備と運営が不可欠であることから、たくさんのお声を聴かせていただきながら、新型コロナ対策(第3弾)として「緊急要望書」の提出を行ったところです。

関係機関とも意見交換を行い、今後、避難所の視察と備蓄品等の確認も予定しています。公明党議員団として、これからも「防災・減災」の対策に全力で取組んでまいります。

2度目の緊急要望

□要望書 党活動 / 2020年5月14日

新型コロナウイルス感染症に関する緊急要望書を提出

image0 (002)3月18日に続き、昨日13日(水)に2度目の「新型コロナウイルス感染症に関する緊急要望書」を濱田剛史市長をはじめ、理事者の皆さまに提出させていただきました。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」については、5月4日に、その期間が5月31日まで延長されました。本市にあっても独自の支援事業を示されたところではありますが、中小企業や市民に身近な基礎自治体としての役割を十分に発揮するため、国や府などの支援施策と連動し、セーフティネット機能の更なる強化を図るため、よりきめ細やかな施策の執行と、更に、迅速かつ確実に届けていくことが求められています。

今回、高槻市公明党議員団として2度目の緊急要望となりますが、市民の生命、生活、生存を守るため、更なる支援策として、下記にまとめた対策の迅速な実施を要望致します。

【緊急対応事項】

⑴ 特別定額給付金
① 給付金申請書郵送のスピードアップと、一日も早く支給できるよう庁内体制の強化
② 確実に届ける体制(支所、図書館等の活用、高齢者などへのアウトリーチ、障がい者や外国人などへの申請支援)

⑵ 地方創生臨時交付金
①「地方創生臨時交付金」については、先行受付(5月20日)を目指した実施計画の提出に努めること。

 緊急対応事項以外にも・・・全30項目、柱としては1. 感染拡大防止対策について、2. 経済支援策について、3. 生活支援について、4. 教育についてとなっています。

一日も早い終息を目指して

□要望書 党活動 / 2020年3月19日

新型コロナウィルス感染症に関する緊急要望書を提出

00615国の「新型コロナウィルス感染症に関する緊急対応策(第2弾)」が決定されました。18日(水)には、高槻市議会公明党議員団8名と林けいじ大阪府議会議員で「新型コロナウィルス感染症に関する緊急要望書」を濱田剛史市長に提出させていただいたところです。

昨年12月に中国湖南省武漢市で確認された新型コロナウィルス感染症は、全世界で感染者は10万人を超え、世界100カ国以上に広がっています。

世界保健機構(WHO)311日に、同ウィルスについて、「パンデミック」との認識を示しました。

本市においては、128日の政府の指定感染症の閣議決定を受け、同日、“健康危機管理対策本部”を立ち上げ、電話相談窓口、帰国者・接触者相談センターを設置し、対応に努めてこられました。

このような中、感染者の報告が相次ぎ、拡大していると言わざるを得ない状況にあります。

市民生活や市内経済への影響を最小限に抑え、市民の健康や命を守るため、これ以上の感染拡大を防止し、一日も早い終息を目指すべく、高槻市公明党議員団としても感染症対策を強く要望させていただきました。

要望項目については、市民の皆さまの声を聴かせていただきながら、①職員が一丸となり市民の不安解消に努めること、②医療体制の充実に努めること、③経済対策の周知・徹底に取り組むこと、④教育現場の対応に丁寧に取り組むこと、⑤市役所来庁以外の方法でできる手続きと、また期日変更、期限延長が可能な手続きの案内、周知を積極的に行うことなど、大きく5項目について。また、意見交換もさせていただいたところです。

新型コロナウィルス感染症対策情報

18歳までに拡大

□要望書 いいね!!たかつき 党活動 安心実績ナウ 高槻市HPへリンク / 2019年12月12日

「子ども医療費助成」 たかつきDAYSに掲載

IMG_1942高槻市では、2020年4月診療分から“子ども医療費助成”の対象を「18歳」までに拡大します。

市ではこれまで、子ども医療費助成の対象は0歳から15歳までとしていました。4月以降は18歳になってから最初の3月31日までの人も対象となります。

助成内容は、これまでと同様、子どもが病院にかかった場合の窓口での負担が1医療機関1日500円以内(月2回まで)となるものです。また、入院・通院とも助成対象に世帯の所得制限などはありません(食事療養費を除く)

子どもたちが健やかに育つまちづくりのために、市は今後も子育て支援策の充実に力を入れていくとのことです。

 

たかつきDAYS 12月号”の15ページに掲載されていますのでご覧いただければと思います。

皆さまのお声をいただいて、公明党議員団として、政策づくり、要望活動等に取り組んできました。これからも誠心誠意頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

臨時国会の最終日に

□要望書 党活動 / 2019年12月10日

国土交通省への要望活動

28819687-03A4-49D6-A64C-4FE803E479C89日(月)、国土交通省への要望活動。

この日、濱田剛史市長は、高槻市のまちづくりに関する“8項目”の要望書を、赤羽一嘉国土交通大臣へお渡しするため上京されました。

公明党議員団の幹事長・宮田俊治議員と私も、公明党の大臣との面談ということで合わせて上京。国交省で市長らと合流。

臨時国会の最終日ということもあり、ご多忙の様子でしたが、一瞬でも面談が叶い、赤羽大臣にごあいさつできました。

濱田市長から要望書をお渡しされ、快く受け取っていただけた様子でした。

先立って私たちは、参議院会館の“石川ひろたか参議”、“杉ひさたけ参議”の事務所に訪問させていただきました。勿論、両参議は議会中。国会議事堂の本会議は見学できませんでしたが、参議院を見学させていただきました。

帰路、インターネットニュースでは、67日間の臨時国会が閉幕したことを伝えていました。

小さな声をいただいて

□要望書 党活動 / 2019年9月25日

令和2年度 高槻市政の施策と予算編成に関する要望書を提出

DSC_32359月定例会の最終日、公明党議員団として、宮田幹事長を中心に来年度の“市政の施策と予算編成に関する要望書”を濱田剛史市長に提出させていただきました。

重点項目として、①定住人口の促進について、②人への投資について、③富田のまちづくりについて、④児童虐待について、⑤三島救命救急センターについて、⑤広域連携について、⑥観光振興についての6項目

また、それぞれの項目として
【1】市政運営及び行財政について、①財政運営について4項目、②公共施設等の管理・運営について5項目、③組織構造・人材活用について3項目、④人事政策の強化について4項目、⑤電子行政の推進について3項目、⑥行財政改革について3項目、計22項目

【2】安全・安心のまちづくりについて、①災害に強い安全・安心の「まち」「ひと」づくり10項目、②防災減災対策の強化9項目、③総合雨水対策の推進3項目、④防犯対策について2項目、⑤自転車の安全利用対策3項目、⑥鉄道ホーム柵の安全対策1項目、計28項目

【3】快適都市「たかつき」のまちづくりについて、①まちづくり3項目、②公園整備5項目、③コミュニティの充実について4項目、④都市づくり・住環境の取り組みについて、〈都市計画マスタープランの策定〉2項目、〈交通網対策について〉6項目、〈空家対策について〉4項目、〈都市インフラの整備について〉2項目、〈環境整備について〉4項目、〈市民サービスについて〉6項目、計36項目

【4】産業振興で活力あるまちづくりについて、4項目と観光振興について細かく7項目、産業振興についても細かく2項目、計13項目

【5】良好な環境形成づくりについて、9項目

【6】健康福祉都市「たかつき」の充実について、7項目

【7】子育てナンバーワンのまちづくりについて、6項目

【8】魅力ある教育の推進について、①確かな学力の育成2項目、②豊かな人間性の育成3項目、③学校力の向上・地域との協力強化について5項目、④読書活動のさらなる推進3項目、⑤学校施設等の環境整備について2項目、計15項目

【9】高槻市営バスの取り組みについて、5項目

【10】水道部の取り組みについて、7項目

【11】消防本部の取り組みについて、8項目

【12】選挙管理委員会の取り組みについて、4項目

以上、重点項目6項目、大項目12項目、小項目160項目の要望をさせていただきました。今年度からの継続もありますが、濱田剛史市長からも同じベクトルの前向きなご答弁をいただきました。

今までも、これからも「小さな声」をいただきながら市政発展に全力を注いでまいります。

石川ひろたか参院議員を迎えて

□要望書 いいね!!たかつき 党活動 視察・研修会 高槻市HPへリンク / 2019年9月15日

安満遺跡公園内を視察

20190914_231248419_iOS昨日、石川ひろたか参院議員を迎えて、林けいじ府議、公明党議員団8名で、市の新施設「安満遺跡公園」と「高槻こども未来館」を視察させていただきました。

濱田剛史市長や理事者等の皆さまにも、丁寧な説明をいただき感謝の思いでした。

JR高槻駅、阪急高槻市駅の北東部に位置する“安満遺跡公園”は、最終的には約22ヘクタールで甲子園球場5個分の広さ。全面開園は令和3年に開園予定ですが、この日は、平成31年3月に一次開園した約4ヘクタールで、公園施設等の視察をさせていただきました。

はじめに視察させていただいたのは、市街地で公園に隣接する、同年4月にオープンした“高槻子ども未来館”で、認定こども園や子ども保健センターと、子育て施策に特化した施設。特長的な、“休日・一時預かり保育室”や“病児保育室”も見学させていただきました。

このあと、公園内へ“パークセンター”(ボーネルンド)の見学。この日は、土曜日ということもあってか、サンスター広場では、高校生(?)がダンスの練習をしていたり、芝生の上には学生や若いカップル、家族連れで、大変、賑わっていました。お聞ききすると、“観月会”も開催されるようでした。

今年は9月13日が中秋の名月で、この日、9月14日(土)が満月だとか。皆さん、キレイな満月が見れましたでしょうか?

さらに、この日は“政策要望懇談会”も。