高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

安全・安心のまちをつくる新年度を

□街宣活動 あきひろ日記 党活動 / 2020年2月11日

あきひろ日記 建国記念の日に思う

20200211_061025728_iOS今日は「建国記念の日」、晴天の祝日。午後から地域内6箇所で街宣活動。お声かけいただいたり、ごあいさつくださった皆さま、本当にありがとうございました。

国ができ、まちができて、さらなる“安全・安心のまちづくり”を目指し、公明党の議員として誠心誠意、全力で頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

さて、“建国記念の日”、わが国では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話(日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められています。

2月11日は、日本神話の登場人物で初代天皇とされる「神武天皇(じんむてんのう)」の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日(旧暦)とあり、その即位月日を明治にグレゴリオ暦に換算した日付だそうです。

日本神話、伝説上の人物、“神武天皇”は奈良盆地とその周辺を征服して、はじめて天皇位につきました。

しかし、大和で反対勢力に苦しめられていたことから、道臣命(みちのおみのみこと)と可美真手命(うましまぢのみこと)を東征軍に任命。反対勢力の征伐に成功したことから、三島の土地を与え、その軍隊の旗印が「月」をかたどっていたので、ご褒美にもらった土地を「高月」と呼ぶようになったとか。

国のはじまりから、“たかつき”との縁を感じます。

また、「高月」が「高槻」に。「槻」(欅:けやきの古称)の大木があり、戦国時代に「槻」の近くに本陣が立てられたことから、月を槻に変えたとされています。

今では35万人の中核市。高槻はどんな歴史を刻んできたのでしょう。

高槻に人が住みはじめたのは、約2万年前の“旧石器時代”といわれ、その後、“弥生時代”になり、安満遺跡では三島地方で最初の米作が開始されました。

古墳時代。現在、日本でも有数の古墳群地帯で、真の“継体天皇陵”とされる“今城塚古墳”など、古墳時代初期から末期までの各時代の古墳が残っています。

また、日本最古(5~6世紀)の最大級の埴輪工場。今も“新池遺跡ハニワ公園”として保存・公開されています。 7世紀末に神峯山寺が開創、「たかつき」の地名が初めて史料に出てきたとか。

鎌倉時代にあたる14世紀ごろ、奈良の春日神社の荘園であった「安満庄」の耕地目録の中に、「麦下地 高月二町十歩」「野畠 高月七反半」と記されているそうです。

室町時代には、富田が一向宗(浄土真宗)の北摂布教の拠点として栄え(この頃の史料には「高槻」の地名が)、戦国時代には、“三好長慶”や“高山右近”が拠点としていました。

安土桃山時代には、高槻領主高山右近が“キリシタン大名”だった影響でキリスト教が広がり、江戸時代には山陽道の流れをくむ西国街道が参勤交代などに利用され、芥川宿は六宿駅の一つとして栄えたそうです。

富田は8,000石余りを醸造する酒蔵として栄え、日本を欧州に初めて紹介した“オランダ商館付医師エンゲルベルト・ケンペル”は、1691年、長崎から江戸に行く途中、大阪から守口、枚方、橋本、淀、京都の順に旅をし、昼食をとった枚方から高槻を望み、風景を記録したとか。

IMG_7011近年、明治時代には隠れキリシタンの里として発展。大正そして昭和になり、1970年代以降、大阪市と京都市のベッドタウンとして宅地開発が進み人口が急増。

1975年には30万人の大台に到達。その後も順調に増加を続け、1995年には362,270人を記録。

しかしその後、少子高齢化等の進展により、人口は減少に転じ、2005年には351,802人となりました。ただ大阪府の調査・推計では2004年初頭を境として高槻市の人口動態は社会減から社会増に転じており、依然続く自然増と併せて人口動態そのものは年々改善していると資料に記されています。

これは、JR高槻駅周辺の再開発によって市中心部の商業機能が向上し、市内の生活がより便利になったため周辺地区からの流入が増えたことが理由と見られています。

“建国記念の日”、紀元前660年から2020(令和2)年。国ができ、まちができ、安全・安心のまちをつくる新年度を迎えます。

“たかつき”でも、いよいよ3月定例会。濱田剛史市長の施政方針大綱の発表から、各派の代表質問。ともに、市民福祉向上につながる市政を目指すべく、全力で取り組んでいきたいと思います。

公明党の旗を掲げ

□街宣活動 党活動 / 2020年2月2日

地域内4か所で街宣活動

20200201_064839361_iOS1日(土)午後からは、「公明党の旗」を高く掲げ、地域内の4箇所で街宣活動を。

お手をふってや、お声かけくださった皆さまありがとうございました。勇気をいっぱいいただき感謝の思いです。これからも全力で頑張ってまいります。

後半は少し風が出てきましたが、“ワーク○ン”の新しいコートで寒さに打ち勝って(笑)

新成人の皆さまを祝して

□街宣活動 党活動 / 2020年1月14日

「成人の日」記念街頭を

IMG_57542020(令和2)年が開幕し、このたび「成人の日」を迎えられる新成人の皆さま、誠におめでとうございます。

青空の13日(月・祝)、JR高槻駅南側デッキにおきまして、林けいじ府議と公明党議員団で「成人の日・記念街頭」を行い、新成人の皆さまにお祝いのメッセージをお贈りさせていただくとともに、公明党の政策の一端をご紹介させていただきました。

1999(平成11)年4月2日から2000(平成12)年に生まれた方々が、成人の日を迎えられました。全国で125万人、高槻市におきましては3,540人の皆さまが晴れて新成人となられました。

ご家族の皆さまに温かく見守られてきた20年間、今後はご自身の“権利と責任”のもと、大人としての振る舞いが求められてきます。

これからは、ともどもに希望あふれる未来を構築していけるようよろしくお願いしたいと思います。

さて成人の日とともに、新しい年を迎え、多くの皆さまが決意を新たにされたことと思います。昨年を振り返りますと、ラグビーワールドカップ日本大会での日本チームの活躍や吉野彰さんのノーベル化学賞受賞など、世界で活躍する日本人の姿に感動をする機会の多い年だったと思います。

今年は、正月に行われた箱根駅伝などの感動からはじまり、この夏には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。日本選手団等の挑戦に大きな期待をしていきたいと思います。

今年が平和で穏やかな一年になりますよう、そして、皆さまにとりましても、より多くの感動が生まれますようご祈念申し上げます。

IMG_5771社会は全国的に少子高齢化、人口減少社会の環境下にあります。そして社会保障の充実が求められ、昨年は消費税の増税によるの取り組みが行われました。そのような環境の中で、公明党として、私たちの生活を守るべく、飲食料品等の“軽減税率”の導入を勝ち取り、混乱なく進んでいるものと感じています。

また今年は、山口那津男代表から「教育無償化・元年」と紹介されている通り、教育費の負担の大きかったことから、長年、実現に向けて取り組んできた、“3つの無償化”が本格的にはじまります。

「幼児教育・保育の無償化」、「私立高校授業料の実質無償化」、「大学や専門学校など高等教育の無償化」です。

希望あふれる新成人をはじめ、若者や高齢者、子育て世代に対する全世代型の社会保障の充実を公明党は主張してまいりました。そして一歩一歩、前進をしているところです。

これからも私たち地方議員が、地域の皆さまのお声を聴かせていただき、公明党のネットワーク力をもとに、市政・府政・国政へとつなげていき、誠心誠意、全力の取り組みを行ってまいります。どうぞ今後とも、ご支援、ご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

改めまして、新成人の皆さまおめでとうございました。

本日、“7箇所でごあいさつ”

□街宣活動 党活動 / 2020年1月11日

「本年もどうぞよろしくお願いいたします!!」

20200111_045427469_iOS天気が良く暖かな11日(土)、この日は、地域内7箇所で街頭活動を行いました。散髪屋さんの前からスーパーマーケット、団地内、ウォータープラザ前、自転車屋さん、眼鏡屋さんの前等々で。

健康のため卓球やウォーキングに行かれる高齢者の方々、気軽にお声かけくださる皆さま、お買物に行かれるお母さん、小さな子どもとスイミングに行くお父さん。

「頑張って‼️」「今年もよろしく‼️」など、激励のお声かけをいただいたり、お手をふってのご支援に心から感謝の思いでした。

途中、市民相談をいただいた道路の改修工事の完成も確認して。妻と自転車で移動しながら、「公明党」の旗を高く掲げて

新春街頭

□街宣活動 党活動 / 2020年1月1日

新年明けまして

IMG_37412020(令和2)年元旦、新しい年の開幕です。本日は公明党の新春街頭を・・・

昨年は、公明党に力強いご支援を賜り感謝の思いでいっぱいです。本年も“小さな声を聴くチカラ”を大切に、皆さまのお声を市政に、府政、国政に届けていく決意です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

そして、皆さまにとって幸多き一年となりますことを心よりご祈念申し上げます。

地域内6箇所でごあいさつを

□街宣活動 党活動 / 2019年12月28日

公明党に力強いご支援を賜り、感謝の思いを込めて

20191228_060544194_iOS皆さま、こんにちは。2019年もあと3日ですね。

今年は、春の統一地方選挙から夏の参院選挙、統一外地方選挙と、多くの方々から公明党に力強いご支援を賜り、大勝利をさせていただいた一年でした。誠にありがとうございました。

これからも「小さな声を聴くチカラ」を大切に取り組んでまいります。

今日は感謝の思いを込めて、地域内6箇所でごあいさつをさせていただきました。お声かけくださった皆さま、お手をふって励ましてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

そして今年一年、本当にお世話になりました。
皆さまにとって良き新年を迎えられますようご祈念申し上げます。

全部で5箇所

□街宣活動 党活動 / 2019年11月24日

秋晴れの午後、地域でごあいさつを

3AD36F4C-15C5-485A-9758-ADAA757C28AE23日(土・祝)、“勤労感謝の日”、皆さま日々、本当にお疲れ様です。

スーツの背中が暑く感じる秋晴れの一日。この日は午後から、夫婦で地域内を回り、ごあいさつをさせていただきました。

公明党の旗を高く掲げ全部で5箇所。道行く方々から、お手を振っての励ましや、ご苦労様の温かなお声もかけていただき、感謝の思いでいっぱいになりました。

皆さま、本当にありがとうございました。

あと一週間

□街宣活動 党活動 / 2019年7月15日

参院選には公明党を!!

IMG_1223日曜日の午前中、JR高槻南口には大勢の聴衆。参院選2期目に挑戦する「杉ひさたけ」候補の街頭演説会。応援弁士には“山口なつお公明党代表”(東京選挙区候補者)が。

国会議員唯一、日米の公認会計士の資格を持つ、“改革のプロ” 杉ひさたけ候補の「大阪の未来を守る!!」との力強い決意と必死の姿、そして、山口なつお代表からは、公明党は「大衆とともに」との立党精神を胸に「小さな声を聴く力」として、皆さまのお声を届け、カタチにする実行力と杉候補の誠実さをご紹介。さらに「生活の安定には、政治の安定が必要」との決意も。

また祝日の月曜日、今日の午後は、神戸元町にも大勢の聴衆。新人の「高橋みつお」候補の街頭演説会。

“世界に誇れる日本、兵庫へ!” 必死、必死の姿。外交官時代に30か国を奔走し、人道支援に携わった経験と地元兵庫を愛する熱い思い。阪神・淡路大震災を乗り越え、被災した経験から、命を守る政治に全力を注ぐ決意等。

2019-07-15 (2)自由民主党からご推薦をいただき、日曜日には安倍総裁。今日は菅官房長官が応援弁士で、力強く“高橋みつお”候補のご支援を!!

間近で見る3人の候補者の必死の訴えと真剣な姿勢。参院選もあと一週間、何卒、公明党を!! そして、そして全国比例区には“山本かなえ”候補を!!

大阪府下一斉にスタートダッシュ街頭を

□街宣活動 党活動 / 2019年7月3日

参院選あす公示

IMG_0825今朝は、公明党の“スタートダッシュ街頭”を大阪府下一斉に行い、私たちはJR高槻駅からスタートさせていただきました。

人口減少と少子高齢化の同時進行という難局を乗り越え、令和の時代に安心社会を築くため、幼児教育や高等教育の無償化、年金受給資格期間の短縮、軽減税率導入等の取り組みなど、公明党の今までの実績を紹介させていただき、明日、公示日を迎える参院選の“マニフェスト2019”の重点施策、①身を切る改革の先頭に、②経済を再生し、安心の福祉を、③希望ある“幸齢社会”へ、④一人の生命を守り抜くをご紹介、そして今後の決意を語らせていただきました。

大阪は、杉ひさたけ参院議員を先頭に、山本かなえ参院議員等、チーム3000の連携で「小さな声を聴く力」のキャッチフレーズのもと全力で頑張ってまいります。

【主張】公明党マニフェスト 随所に光る「小さな声を、聴く力」(6月28日付け)

スタートダッシュ街頭

□ホームページ □街宣活動 党活動 / 2019年6月30日

いざ出陣!

IMG_0808今日の日曜日は一日、雨風が強くなるようですが、大阪各地では、公明党の「一斉街頭」を行っています。各議員等が最寄りの駅やスーパーマーケットなど、多くの皆さまに公明党の実績や取り組みを知っていただこうと「いざ出陣! スタートダッシュ街頭」として、力強く活動を展開させていただいております。

私の方は、朝、いつもごあいさつさせていただく、地元のバス停交差点で「杉ひさたけ」「山本かなえ」「山口なつお」の旗を掲げ、カッパを着用して、マイクと傘を持ってのアピール。

はじめに、地元地域の皆さまには、春の統一地方選挙で力強いご支援をいただいたことへの感謝の思いを。そして、亥年の選挙で12年に一度、参院選が同年に行われること、7月4日公示、21日に投開票日が決定したことをご報告。

国においては、通常国会が26日、150日間の会期を終えて閉幕し、防災・減災対策等の予算化や幼児教育の無償化、7月の参院選から定数が増えることを踏まえ、参院議員の歳費を国庫に自主返納できる法案を、公明党主導で、合意形成を図り、成立に導いたことなどもご紹介させていただきました。

さらに、7月の参院選に向けて、公明党のマニフェスト2019の一部をご紹介。10月からはじまる全世代型の社会保障費に充てられる消費税率10%に向けて「身を切る改革」を断行することなど。

その先頭に立って、大阪では「杉ひさたけ」参議や全国比例区では「山本かなえ」参議が、大阪、関西を奔走しており、私たちも「小さな声を聴く力」のスローガンのもと日々、活動を展開していることなどを訴えさせていただきました。

他にも、杉ひさたけ参議の実績、スマホなど携帯電話料金の値下げや、3年間で1000億円の無駄を削減したこと、軽減税率の導入に尽力してきたことをご紹介させていただきました。

横殴りの強い雨風も、ちょうど緩やかになった瞬間でしたが、地域の皆さまには大きなマイクで失礼いたしました。これからも皆さまの「声」をお届けする取り組みを、「大衆とともに」との立党精神で全力でがんばってまいります。

梅雨前線の活動が活発になり、所々で激しい雨を観測しています。今夜は、西日本を中心に局地的に非常に激しい雨の降る恐れがあるため、土砂災害や川の増水、氾濫には十分な警戒・注意が必要とニュースは告げています。どうか外出時にはご注意いただきたいと思います。

次回、7月3日は駅前で・・・