高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

衆院解散街頭

□街宣活動 党活動 / 2021年10月15日

解散の日から17日後の総選挙

3FF4E94D-E8EC-4F44-BB9A-D8E9CF4747A414日(木)、衆議院が解散となりました。19日公示、31日の投開票となる衆院選です。

夕刻、阪急高槻市駅前にて公明党の旗を掲げ、高島佐浪枝議員とともに街頭演説をさせていただきました。

”あなたに寄り添う。暮らしを守る。“思いからネットワーク政党としての実績や今後の重点政策を語り、チカラいっぱい決意を述べさせていただきました。 

道行く方々から「頑張って‼︎ 応援してるよ‼︎」とお声をかけていただき感動と感謝の思いでした。

頑張ります‼︎

 

#公明党

あなたに寄り添う。暮らしを守る。

□街宣活動 党活動 / 2021年9月16日

公明党街頭演説会においてお訴えを

7FC96394-60F6-45C6-B452-DEE6BCA14C5815日(水)午後、JR高槻駅南口ロータリーにおきまして“公明党街頭演説会”を行いました。

デッキの上下から、多くの聴衆の皆さまより、「公明党、頑張れ!!」とお手を振ってのご声援やたくさんの拍手をいただき感謝の思いでいっぱいに。皆さま、ありがとうございました。

この日は、浮島智子衆議院議員、林啓二大阪府議会議員が弁士として訴えを。

来るべき衆議院選挙については、公明党は一丸となって大勝利に向け頑張ってまいります!!

「あなたに寄り添う。暮らしを守る。公明党です!!」

教育充実へ 実績築く <あきひログ

熱い土曜日

□街宣活動 党活動 / 2021年7月31日

公明党の街頭演説会を

20210731_045119988_iOS熱い、暑い土曜日です。本日、午後から地域の商業施設前で公明党街頭演説会を行いました。

若い方々が、クルマから大きく手を振ってエールを送ってくださいました。

いつも公明党への力強いご支援に。真心からのご支援に心から感謝申し上げます‼️

〔ごあいさつ〕
◎ 平素からの公明党への力強いご支援への感謝の思い
◎ 新型コロナ感染症拡大対策としての8月2日から31日までの緊急事態下でのまん延防止対策のご協力のお願い
◎ コロナワクチンの供給について、昨年来の国会での公明党議員の取り組み、予備費の活用、無償化、副反応などの支援体制など。
◎ 国と相まって高槻市議会公明党議員団の6回に渡る緊急要望からの対策実現
◎ 命を守る大切さとともに経済支援、生活支援の重要性を

◎ 「地元のお店応援券」(プレミアム率150%)、市立小中学校の給食費補助(市独自)
◎ 高槻市事業者応援緊急給付金(市独自)、好評等をご紹介。

山口那津男代表を迎えて

□街宣活動 党活動 / 2021年7月26日

公明党街頭演説会が開催

FF58E59B-6D5E-4E8E-9FD5-745541D40BB925日(日)、新大阪駅西口側に山口那津男代表を迎えて「公明党街頭演説会」が開催されました。

暑い中、多くの聴衆の皆さまからの拍手、真心からの拍手をいただき心から感謝の思いです。

次期衆院選に挑む・大阪5区選出の予定候補“国重とおる衆院議員”からの力強いあいさつ、山口代表からの力強いあいさつがありました。

また、この日は大阪府内4カ所で公明党の街頭演説会が開催され、山口代表はそれぞれの会場で公明党の取り組みや実績、支援を呼びかけられました。(今日の公明新聞より)

今日の公明新聞一面の記事、「コロナ禍乗り越え未来へ 山口代表大阪府内4カ所で街頭演説」

日本経済の再生へ総力/雇用、子育てで安心感生む役割担う

公明党の山口那津男代表は25日、大阪府内で行われた次期衆院選小選挙区予定候補の“佐藤しげき(大阪3区)、国重とおる(同5区)、いさ進一(同6区)、北がわ一雄(同16区)”の各衆院議員の街頭演説会に相次いで参加し、一日も早い新型コロナの収束に向け、ワクチンの確保から接種の無料化、加速化まで公明党が一貫してリードしてきた事実に言及。コロナ禍を克服し安心の社会構築を担う公明党への支援を呼び掛けた。

山口代表は、ワクチン接種に関して、「遅くとも11月までに希望する全ての人が2回接種できる」との見通しを改めて述べた。

今後の政治課題については「コロナ禍を乗り越え、どう傷んだ日本の社会や経済、国際社会を立て直すかだ」と指摘。次期衆院選は「どの政権にこれからの日本の未来を託すかが問われる。難局を乗り越えていくためには、幾多の困難を乗り越えてきた自公連立政権しかない」と訴えた。

また、コロナ禍で深刻な打撃を受けている飲食や観光などのサービス業に従事する人々を支えるため、最低賃金の引き上げと中小企業の経営支援に取り組む考えを強調。さらにポストコロナを見据えグリーン化、デジタル化という二つの分野で「日本の経済成長の力を伸ばしていかねばならない。その過程で新しい技術を生み、働く人を増やし、所得が増える時代をつくっていく」と述べた。

一方、子育て・教育施策を巡り、公明党がこれまで実現した幼児教育・保育の無償化や給付型奨学金の創設などの実績を紹介。「連立政権の中に公明党がいるからこそ、皆さんが安心できる。そうした役割を担っていきたい」と力説した。

■佐藤、国重、いさ、北がわ氏が訴え

北がわ氏は堺市堺区で、自身が国土交通相時代に堺臨海部で整備を進めた西日本最大の基幹的広域防災拠点について、大規模災害時の救援基地として稼働している実績を報告。「災害に強い街を築く」と訴えた。

佐藤氏は大阪市住吉区で、あおり運転の厳罰化やコロナ療養者の郵便投票を可能にする特例法の成立を実現してきたと力説。「一人の声を形にし、国民の命と暮らしを守るため全力で働いていく」と訴えた。

大阪市淀川区で国重氏は、携帯電話料金の引き下げや不妊治療費の助成額倍増、高齢者向けスマートフォン講習会などの実績を訴え、「コロナの危機を乗り越え、安全安心の社会をつくる」と決意を表明した。

いさ氏は門真市で、生活現場の声を受け止めながら昨年、1人一律10万円給付の制度設計に携わった実績を紹介。コロナ禍克服後の未来を見据え、「皆さんが元気になる政策を実現していく」と訴えた。

明日の希望は 一人のひとを 思う心から

□街宣活動 党活動 / 2021年7月20日

市民相談 安全・安心に関することを思いながら朝のバス停交差点

118B8D7F-8A7A-4746-9EF6-24216A0BE53E19日(月)、いつものバス停交差点から、皆さん、おはようございます。

雲ひとつない青空の月曜日。暑い一日がはじまりました。皆さん、熱中症などにお気をつけて。

子どもたちの安全・安心の通学風景、ドライバー等の皆さん交通安全第一で。セーフティボランティアの皆さん、毎日お疲れ様です。

子どもたちは、明後日から夏休みですね。

この日の朝は、市民相談でいただいた“安全・安心”に関することを思いながら、ごあいさつさせていただきました。

「明日の希望は 一人のひとを 思う心から」

一昨日、小学生の保護者の方から、通学路の安全・安心に対する要望をいただきました。ともに現地確認を行い、子どもたちの安全・安心を祈る気持ちが伝わってきました。

また先日は、地域の方から近くの芥川堤防をよく利用されることから、安全・安心に関する除草の要望等をいただきました。

C746E2FC-56BF-4BFE-919F-A27617C7BCEA早速、各担当課に写真と地図を持って相談。現状確認や関係機関との調整が必要だと思いますが、何卒、よろしくお願いしたいと思います。

自分のことだけではなく、多くの人のことを思って声を出していただけることは、非常に貴重で大切なことだと感じます。

そんな皆さまのお声を代弁し、行政にお届けすること。要望達成に向けて角度を上げていくことが、私にとっての調査であり研鑽です。

これからも、皆さまのご要望に応えていけるように、しっかり取り組んでいきたいと決意をしています。

公明党街頭演説会を開催

□街宣活動 党活動 / 2021年7月19日

弁士は鰐淵洋子衆院議員ら

C36462B1-4CF4-4153-A8E3-5DD766867F8D18日(日)、午後からJR高槻駅南側ロータリーにおいて、「公明党街頭演説会」を開催。林啓二府会議員と文部科学大臣政務官の鰐淵(わにぶち)洋子衆院議員が弁士としてごあいさつ。

はじめに、公明党への力強いご支援に心からの感謝。進むコロナワクチンなど党の取り組み、実績などを力説。また、衆院選への決意も。

特に、鰐淵議員からは、国・府・市の公明党議員が、強みであるネットワークを生かし、高槻市では小中学校の耐震化や普通教室へのエアコン設置などが、すでに100%完成している実績などをご紹介いただき、これまでも、これからも全力で取り組んでいくと。

また、文部科学大臣政務官として教育行政に全力で取り組んでいくとのごあいさつも。

この日、私の方は司会を務めさせていただきました。(緊張)

高槻の皆さま、高槻市外からお越しの皆さま、こんにちは。平素より、公明党への力強いご支援に心より感謝を申し上げます。

小さな声を聴くチカラ・公明党、日本再生へ新たな挑戦・公明党。公明党は市民生活、国民生活を守るため、これからも全力で闘ってまいります。今後とも公明党への力強いご支援を心よりお願い申し上げます。

暑い中、コロナ禍の中、お手をふってのご声援や、足を止めてのご清聴に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

昨日のSNS

□ホームページ □地域活動 □街宣活動 党活動 / 2021年7月18日

青空広がる暑い土曜日

F9F2C93C-F13C-41C5-9D22-DE24BE4BFA2B“吉田あきひろのごきんじょニュース”をSNSへも展開中

午前中は、空いっぱいの萩谷野球場での「さわやか大会」、“高槻ボーイズ”の応援に。皆さん頑張って!!

皆さま、こんにちは‼︎
青空広がる暑い土曜日、今日は午後から“関西スーパー前”で公明党の街頭演説を行いました。
この日は、二男が街宣のお手伝いをしてくれ、演説終了後、汗をふきながら旗を片付けていると、道路の向こうから拍手が・・・
振り返ると、大変お世話になった方が聴いてくださっていて大感動でした。
 
街宣の内容は、コロナと公明党の闘い
◎昨年夏、国会質疑で海外製ワクチンを確保するため予算措置を強く要求。政府は予備費の活用を含めて対応すると表明
◎接種後に健康被害が出た際、国の責任で補償を行う救済制度、無料接種を実現
0215C392-3F07-433F-90CC-ED0541159C99◎世界的な感染拡大を収束させるため、途上国へのワクチン供給、COVAXファシリティへのいち早い参加
◎高槻市のコロナ対策、ワクチン対策が、公明党議員団の6回に渡る緊急要望で大きく前進
そして、「日本再生へ新たな挑戦」
◎子育て・教育を国家戦略に
◎つながり支えあう社会
◎災害に強い防災大国めざす
 
等々を語らせていただきました。公明党は闘います!! 皆さまご清聴ありがとうございました。

#吉田あきひろ

続いて市民相談や訪問活動も・・・

日本再生へ新たな挑戦

□公明新聞 □街宣活動 党活動 / 2021年7月12日

決意も新たに

B80981E9-EECE-4403-BAF0-5E50A763FE57皆さまおはようございます。蝉の鳴き声が響く朝、いつものバス停交差点から新しい月曜日、暑い(熱い)一日がはじまりました。

“決意も新たに”、私たちも地域から新たな挑戦を進めていきたいと思います。

交差点では、子どもたちを見守るセーフティボランティアの皆さま、いつも本当にありがとうございます。

今日から大阪府の“まん延防止措置”が来月22日まで延長されます。お互い気を付けたいですね。

近所の病院から出て来られた高齢のご夫婦との会話、「ワクチン接種ですか」「2回目、終わりました。ほっとします。頑張ってくださいね」、ありがたい一言です。

10日(土)の公明新聞より、「日本再生へ新たな挑戦」、「コロナと公明党の闘い/竹内政調会長に聞く」と今までの取り組み、これからの挑戦が示されています。

“公明党は、今秋までに実施される次期衆院選に向け、公明党のこれまでの実績を踏まえ、政策の方向性を示す「政策パンフレット」を発表しました。パンフレットの意義とポイントについて、竹内譲政務調査会長に聞きました。

――政策パンフの意義は。

竹内政調会長 「日本再生へ新たな挑戦」をテーマに、一日も早いコロナ禍からの再生と、誰もが希望を持ち安心して暮らせる日本の未来のために、公明党の挑戦を明記しています。政策パンフを通じて、公明党の姿勢や政策の方向性、熱意を広く知ってもらいたいです。

――内容は。

竹内 まず、最優先課題であるコロナ対策での公明党の闘いをまとめました。国民に安心を届けるため、感染収束への切り札となるワクチン確保に他のどの党よりも真剣に取り組んできたのが公明党です。このほか、健康被害の救済制度の創設、希望する全員への無料接種、円滑な接種をリードし、そして途上国支援への先導的役割を担うなど、公明党が先手を打って実現してきたことを紹介しています。来年分として2億回分の契約へ協議も進んでいます。

また、一律10万円の特別定額給付金をはじめ、雇用調整助成金の特例措置など、暮らしを守る公明党の実績も強調したいです。

20210710_024128000_iOS■政策の柱、三つ掲げる

――新たな挑戦については。

竹内 ①ポストコロナへ経済と生活の再生を②つながり支え合う社会へ③子育て・教育を国家戦略に――の三つの柱を掲げました。

一つ目の経済と生活の再生では、「医療安全保障」の観点から、国産ワクチン・治療薬の開発・実用化を国家戦略と位置付け、早期実現を図ります。

コロナ禍で打撃を受けた中小・小規模事業者の事業再興を補助金給付や税制支援で後押しするほか、感染収束を前提として観光・飲食産業などを応援する支援策の実施や、賃上げなど所得拡大に取り組み、経済のV字回復へ景気刺激策を実行します。

また、「環境の党」公明党がいち早く訴えたからこそ、グリーン化への流れができたことも重要です。官民のデジタル化とともに、こうした社会変革の取り組みを経済成長、雇用拡大につなげます。

――つながり支え合う社会への取り組みは。

竹内 社会的に孤立している人は1000万人を超えるともいわれています。公明党はそうした人に光を当て、生活困窮者への居住支援やひきこもりの人への社会参加を支えていきます。また、女性の悩みに向き合い、人権を守り、高齢者の移動支援を行います。

さらに、LGBTなど性的少数者への理解を進める法整備にも取り組みます。

――子育て・教育支援については。

竹内 公明党は2006年に「少子社会トータルプラン」を発表し、不妊治療の支援拡充や給付型奨学金の創設など多くの施策を着実に具体化してきました。子育て・教育を国家戦略に掲げ、結婚、妊娠・出産、幼児から高等教育までの支援を充実させるため「子育て応援トータルプラン」を策定し、出産育児一時金の増額や「子ども家庭庁」の創設など、子どもの幸せを最優先に考える社会を実現していきます。

■清潔な政治実現へ全力

――そのほかは。

竹内 公明党が防災・減災を政治、社会の主流にすべきと訴えてきたことが予算に反映されてきました。流域治水や老朽化インフラ対策など、さらに加速していき、災害に世界一強い「防災大国」をめざします。

「政治とカネ」を巡る問題では、当選無効になった国会議員に対して、歳費返納を義務付ける法改正に取り組み、清潔な政治の実現へ全力を注ぎます。さらに、コロナ禍で苦しむ国民に寄り添っていく意味でも、公明党が主導で進めてきた議員歳費の2割削減を継続していきます。”

7月の街宣活動スタート

□ホームページ □街宣活動 党活動 高槻市HPへリンク / 2021年7月10日

ミニ宣運行から駅前において

20210709_130135000_iOS9日(金)、小雨降る中、灰垣議員とともに“ミニ宣車”で地元地域を回り、その後、“阪急高槻市駅前”で街頭演説を行いました。

地域を回りながら、お手を振ってのご声援や、駅前でもお声かけをいただき勇気百倍の思いでした。

さぁ、7月の街宣活動のスタートです。皆さま、本当にありがとうございました。

街頭演説で私の方から・・・

はじめに、熱海市での土石流等の被害よる被災者の皆さまに、心からのご冥福とお見舞いを。

本市も、この6月で“大阪府北部地震”より丸3年。被災経験を教訓とし風化させることなく、これからの防災・減災活動に生かしていきたいと。

また、西日本でも線状降水帯より大きなリスクを心配するところ、「備えあれば憂いなし」で、適切な避難をはじめ、これからさらに、自助・共助・公助の意識高揚が重要かと。

特に私の方で行った、6月議会での“これからの危機管理について”の一般質問をご紹介。今年度、市長直轄の危機管理室の発足に、市民の生命と財産を守る取り組みに対して期待を込めての質問・要望を。

そして、注目されるコロナワクチンの取り組みについて、本市も高齢者からの接種において、特に基礎疾患をお持ちの方が多いことを前提に、医師会等のご協力をいただき“個別接種”の取り組みを医院等180箇所の設置からのスタート。また、“集団接種”も補完的に3箇所の会場設置を進めてきたこと。

当初は電話がつながりにくい、予約が取れないとのお声を頂戴し、公明党議員団としても“緊急要望”の活動を行いながら、多くの対策が進んできたことをご紹介させていただきました。

今後も、接種できる機会の強化をはじめ、希望する高齢者の皆さまへ着実に2回の接種を行い、接種券については計画前倒しによる段階的な送付を行い、現在、国からのワクチン供給量が調整されていることから、59歳以下の皆さまへはご心配をおかけしますが、接種スケジュールが決まり次第、公表し接種体制を拡充しながら進めていくことをアピールさせていただきました。

〔高槻市ホームページ〕

国からのワクチン供給量の減少に伴い、59歳以下の方の予約・接種のスケジュールが未定となっています。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、まん延防止等重点措置に伴う要請がなされています。

青空いっぱいの月曜日

□街宣活動 党活動 / 2021年6月28日

公明党の吉田あきひろです。

CEBD72BA-E3AC-45B1-9EAA-0073C5E964CE公明党の吉田あきひろです。

青空いっぱいの月曜日「皆さん、おはようございます」、いつもの“登町”交差点からごあいさつ。

セーフティボランティアさん達に見守られて、子ども達は学校へ、お父さんやお母さんと一緒に保育所へ。職場へ向かう方、朝から用事などでお出かけの皆さん、今日も一日お元気で。「お気をつけて行ってらっしゃ〜い‼︎

私も今日一日、全力で頑張ります‼︎

東京では、未来を決める都議選も今週一週間。多くの皆さまのご支援を心よりお願い申し上げます。