高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

高槻市 LINE公式アカウント 開設

いいね!!たかつき お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年5月28日

高槻市ホームページより

4423A823-763A-4986-B4A3-1D8C04D7074D27日(水)、高槻市ホームページにおいて「高槻市LINE公式アカウントの開設について」の紹介。高槻市公式LINEアカウントは令和2年6月からの開設となります。

試行運用中は、トーク画面にて災害時の緊急情報や訓練情報などをお知らせするとのこと。ぜひ、高槻市公式LINEアカウントの友だち追加をお願いいたしますと。

私も早速、ホームページ上の“QRコード”をスマホのカメラで読み取り「友だち 追加」

ページに表示される「災害に備えて」や「新型コロナウィルストップページ」、「高槻市ホームページ」、「タイムライン」と、情報が手軽に入手できることを実感しました。

早速、高槻市から新型コロナウィルス感染症の拡大による支援策「『休業要請支援金(府・市町村共同支援金)』のWeb登録後の申請書類の提出期限を延長します」とメールが来ました。

この公式アカウントの取得情報は、“たかつきDAYSの6月号”にも掲載されるとのことです。ぜひ皆さまも、スマホなどでQRコードを読み取って「友だち 追加」をよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇

ちなみに、国内のLINEの利用率を調べてみますと、総務省の「平成30年版 情報通信白書のポイント」より、第1部 特集 人口減少時代のICTによる持続的成長(第2節 ICTによる「つながり」の現状)において、“まず、我が国での各ソーシャルメディアの利用状況をみる。我が国では、LINEの利用率が最も高く、少しでも利用している人を含めた利用者の割合はおよそ60%であった。”

“全体的な傾向として、「ほとんど情報発信や発言せず、他人の書き込みや発言等の閲覧しか行わない」と回答する利用者の割合が、書き込みなどを行う利用者よりも多いという結果となった。”と記されてありました。

私はLINE、Facebook、Instagram等々、情報発信等を活用していますが、発信や閲覧など、LINEを利用されている方の多さには「やっぱり」という実感。

市の人口約35万人、そのうち30万人の方がスマホ等を使用されているとして、18万人の方が何らかの形で“LINE”を利用されている計算になりますね。市の発信する情報など、今後の行政サービスのあり方として期待していきたいと感じます。

まずは、開設されることを広くアピールしていきたいと思います。

互いに尊重し合いながら

□ホームページ いいね!!たかつき お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年5月7日

手話言語条例を制定しました(令和2年4月1日施行)

IMG_2043[1]市のホームページに「手話言語条例を制定しました(令和2年4月1日施行)」と紹介されています。また、高槻市議会公明党議員団としても手話言語条例の制定を強く要望してきたところです。

手話言語条例 <あきひログ

 市ホームページでは、その目的において、手話及びろう者に対する理解及び手話の普及の促進についての基本理念を定め、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにするとともに、基本理念に基づく施策の基本的事項を定めることにより、その施策を総合的かつ計画的に推進し、もって市民が互いに尊重し合いながら共生する地域社会の実現を目的として制定したと記されています。

高槻市手話言語条例(全文) <市ホームページ

「互いに尊重し合いながら共生する地域社会の実現」、大切なことだと感じます。

◇◆◇◆◇

今回の“新型コロナウィルス感染症拡大防止”の取り組みの一環として、市ホームページでは、濱田剛史市長の「市長ビデオメッセージ」から、市民の皆さまに呼びかけをされていて、4月24日分から“手話通訳”の取り組みもはじまっています。

市長手話メッセージ <市長Letter

春の全国交通安全運動

□ホームページ □自転車の安全利用 いいね!!たかつき 高槻市HPへリンク / 2020年4月7日

自転車の安全利用などを推進

2020-04-076日(月)から15日(水)まで「しっかりと 止まってかくにん 横だん歩道」のスローガンのもと、春の全国交通安全運動がはじまりました。また、10日(金)は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

啓発ポスターには「交通ルール、みんなで守って安全・安心!」の文字も。どのような時でも、“交通安全”を意識することは大変、重要なことだと感じています。

交通安全運動の、全国重点として「子どもをはじめとする歩行者の安全の確保」「高齢運転者等の安全運転の励行」「自転車の安全利用の推進」とされ、大阪重点では「横断歩道ハンドサイン運動」の推進」▶横断歩道は歩行者優先です。▶ドライバーも歩行者もお互いに手で合図(ハンドサイン)をしましょう」としてています。

お互いに意識・注意したいところです。

ところで、ある日の夜の出来事。自転車同士の接触事故の相談をいただきました。相手は無灯火だったとか。

自転車は軽車両。自分が交通事故に遭わないようにするとともに、周りの人に迷惑を掛けたり、ケガをさせないためにも、自転車を利用する際は、交通ルールやマナーをきちんと守りましょうと、市の広報「自転車の交通ルールについて」のホームページで啓発されています。

同ページでの、“自転車安全利用五則”の中で、夜間は周囲の見通しが悪くなり危険です。相手に自分の存在を知らせるために、自転車のライトは必ずつけ、反射材を活用しましょうと。

また、信号無視は絶対にやめましょう。交差点では必ず一度止まって、車の有無や右左折車の動きをしっかり確かめてから渡りましょうとも注意喚起されています。

さらに、“大阪府道路交通規則”で禁止される行為として、携帯電話で通話やメールをしたり、携帯ゲーム機等を手で持って操作しながら自転車を運転することは、周囲や前方への注意力が散漫になり、大きな事故を起こす原因になり大変危険と。

イヤホンやヘッドホンステレオ、携帯音楽プレーヤー等を使用して音楽等を聴きながら自転車を運転すると、警音器、緊急自動車のサイレン、警察官の指示等の安全な運転に必要な音を聞くことができず、こちらも大変危険ですと。

尚、携帯電話の通話等やイヤホンをして音楽を聴く、「ながら運転」での自転車走行は違反であり5万円以下の罰金となります。

IMG_9991本市では、全国的にみて自転車の利用者が多いまちであることなどから「高槻市自転車安全利用条例」を制定し、「たかつき自転車まちづくり実行計画」を策定しています。

計画的に、ハード面での道路環境整備(写真は城西橋へ向かう道路。矢羽根標示などの自転車レーンが、最近新たに設置)や、ソフト面での交通安全教室等なども行っているところです。 どうか、交通安全運動の期間だけではなく、皆さま、日頃よりご注意くださいね。

私の方でも、自転車利用での交通事故等で被害者にも加害者にもならないようにとの思いから、市議会で一般質問を通じて推進してきました。

▶自転車安全利用の促進と安全なまちづくりについて/都市創造部管理課・道路課/2013年9月26日
 平成25年9月26日 自転車安全利用の促進と安全なまちづくり

▶自転車の安全利用について~条例施行を前にして~/都市創造部管理課・道路課/2015年9月28日
 平成27年9月28日 自転車の安全利用について~条例施行を前にして~

自転車の安全利用 <あきひログ

修理基準に「人工内耳対外器」追加

□ホームページ □一般質問 いいね!!たかつき お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年4月3日

補装具基準告示等の改正について

2020-03-30厚生労働省の資料より、障がい者が日常生活を送る上で必要な移動等の確保や、就労場面における能率の向上を図ること及び障がい児が将来、社会人として独立自活するための素地を育成助長することを目的として「補装具支給制度」があります。

補装具とは、障がい者等の身体機能を補完し、または代替し、かつ、長期間にわたり継続して使用されるもの、その他の厚生労働省令で定める基準に該当するものとして、義肢、装具、車いすその他の厚生労働大臣が定めるものとされています。

公費負担としては国1/2、都道府県1/4、市町村1/4で、利用者の負担としては原則1割で世帯の所得に応じて負担の上限が設定されています。

「補装具基準告示等の改正について」、この度、より実態を踏まえた改定とするため、障がい当事者団体、学術団体等の関係団体に対して、補装具費支給制度に関する意見聴取を実施してこられました。また、提案された意見等については、外部有識者による補装具評価検討会で改定の方向性の検討も行ってこられたとのことです。

検討を踏まえ、今般、改定された事項については、先日の4月1日に施行が予定されてきて、実施主体については市町村となっています。高槻市障がい福祉課に確認したところ受付可能とのことでしたので、一度、窓口でご相談いただければと思います。 ☎ 072-674-7164

今回の補装具告示改定内容としては、①盲人安全つえを「視覚障害者安全つえ」に改称、②眼鏡ー遮断用に「掛けめがね式」を追加、修理基準に「遮光用レンズ交換」と「人工内耳対外器」が追加されました。

また、補装具費支給事務取扱指針等の関連通知では、耐用年数の解釈について、より分かりやすくすること及び、人工内耳対外器の取扱いについて明記すること等、所要の改正を行うこととしています。

特には、人工内耳対外器についての修理部位として、“人工内耳用音声信号処理装置”の修理とされており、人工内耳用ヘッドセットとして医療保険で対応されるもの(マイクロホン、送信コイル等)は含まれないともされています。

 

◇◆◇◆◇

人工内耳への支援が一歩一歩、前進。

816c71f42d72260e6a17aa777adb8e04過日、難聴児の保護者の皆さまからご相談をいただき、2016年3月定例会(写真右)において「障がい福祉について」と題して一般質問いたしました。

それまで、保護者団体としても市に対して助成の要望を繰り返し、繰り返し行ってこられましたが、中々、進まない現状がありました。

ただ、これまで市の方でも、国への要望活動を行ってこられたと伺っています。私の一般質問後も様々な角度で検討を重ねていただいたようです。

その結果、濱田剛史市長より2018年度の施政方針の中で、新規事業「 高度難聴児に対し人工内耳装置の購入費用等を助成」として、“補聴器では聴力の改善が見込めない難聴児の言葉の発達等を支援するため、18歳未満の人工内耳装用児に対し、人工内耳装置の購入費用等を助成します。”と表明いただき、子育て施策ととして助成事業を実施していただく運びとなりました。

市での助成事業の実施まで2年という時間がかかりましたが、保護者の皆さまと喜び合ったのが昨日のことのように思い出されます(公明新聞にも掲載)

人工内耳装置等購入費助成について <市ホームページ

多くの皆さまのご支援で実現できたことに感動の思いと市の取り組みに大きなの評価をしています。しかし今後の課題としても・・・

難聴の子ども達の「自立」、大人になってもサービスを受けることができればとの思いです。

そして一般質問から4年。「人工内耳対外器」が、補聴器と同様に「補装具」として位置付けられ、修理に限ってですが「補装具費支給制度」の対象となったことを知りました。

この間、公明党のネットワークより、石川ひろたか参議や、杉ひさたけ参議にも相談をさせていただきました。

改めて、子ども達の自立を願う保護者の皆さまからのご要望には、①対外装置に付属する高出力専用電池及び充電器への18歳以降の一生涯の助成、②健康保険適用外の対外装置の修理等への18歳以降一生涯の助成と、わが子を思う親の気持が示されています。

保護者の皆さまと、上記②の“一歩前進”を喜び合いながら、私自身、今後も研鑽を重ねしっかり寄り添っていきたいと決意しています。

時を同じく、本市では「手話言語条例」が4月1日から施行されました。手話を言語として位置付け、手話によるコミュニケーションの普及を図ることで、市民が互いに尊重し合いながら、共生できる地域社会を目指し制定されました。

共生できる地域社会を願って・・・

クローズアップ「施政方針を表明」

□ホームページ □議長公務 いいね!!たかつき 議会活動 高槻市HPへリンク / 2020年3月29日

たかつきDAYS 令和2年4月号

IMG_9638たかつきDAYS 4月号」が届きました。10ページからのクローズアップで「令和2年度施政方針を表明」のタイトルのもと、濱田市長とともに市議会議長としても写真でご紹介いただいてます。(令和2年度 施政方針大綱 <あきひログ)

記事に、「一人ひとりが幸せになるまちへ」、濱田剛史市長は、令和2年度の施政運営の方針や重点施策などをまとめた施政方針大綱を発表しました。

濱田市長は、市民福祉のさらなる向上と将来にわたり誰もが幸せを実感できるまちの実現を目指し、「みらい創生」に向けたまちづくりに全力で取り組むと決意を述べました。

今号では施政方針大綱の概要をお知らせしますと。

令和2年度の予算案は一般会計で1,273億9,544万7,000円、特別会計は1,099億2,262万7,000円、合わせて2,373億1,807万4,000円とされ、一般会計では、対前年度6月補正後の予算比で1・1%増となります。

〈令和2年度の市政運営について〉

■まちづくりの3本柱
・強靭なまち 地域防災力のさらなる向上など
・富田地区  西部の都市拠点にふさわしいまちづくりなど
・歴史の継承 安満遺跡公園の全面開園、歴史遺産を次世代に継承など

プラス

「みらいのための経営革新」に向けた改革方針
歳入改革、歳出改革、公営企業・外郭団体改革
・市有資産の積極的な売却・貸し付け
・民間活力の導入・拡大
・職員の働き方改革で生産性向上
・外郭団体の統廃合

▶「輝く」未来を創生
未来を見据えた施策実現のため行財政運営に取り組む、他市にない「常識外」の構想で施策展開を追求

 

施政方針及び予算については、3月24日(火)の高槻市議会定例会最終日に成立。写真は2月27日(木)定例会初日。IMG_8003

弥生人の足形とともに

あきひろ日記 いいね!!たかつき 高槻市HPへリンク / 2020年2月19日

あきひろ日記 安満遺跡公園の全面開園に向けて

IMG_7317平成31年3月の“安満遺跡公園”の一次開園に合わせ、同年4月には、隣接する市街地に、子どものための施設“高槻子ども未来館”が供用開始され、それぞれの施設の完成以降、多くの方々にご来場いただいていると聞き、賑わいと充実を感じているところです。

現在、安満遺跡公園においては、令和3年の全面開園に向けて様々な事業の取り組みが行われており、令和2年1月31日の“史跡整備・活用等特別委員会”、「案件:安満遺跡公園等の整備について」でも報告をいただいたところです。

特別委員会が開催 <あきひログ

 

先日、用事で駅前に出たところ、歩道の拡幅工事現場を確認しました。こちらは、“JR 高槻駅~八丁西町交差点の区間”で、「令和元年度、歩道拡幅工事実施区間」です。

以前、現地で発見された「弥生人の足形」のデザインも施されていて、“弥生時代”に思いを馳せ、魅力をさらに感じました。

令和2年度も、歩道の拡幅工事は八丁畷西交差点まで工事が進む予定で、併せて自転車通行空間の整備も行われる計画と聞いています。

“甲子園球場5個分の広さ”を誇る安満遺跡公園完成後の、まちの賑わいを大いに期待していきたいところです。

表彰状・・・

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2020年2月17日

令和元年度 珠算道によく励んだ生徒表彰式典へ

62C6D5A7-7345-4212-BB09-98E8780133B8

16日(日)午後、「令和元年度 珠算道によく励んだ生徒表彰式典」の開催にあたり、市議会を代表いたしまして祝辞を述べさせていただきました。

“高槻珠算協会”さまにおかれましては、毎年、優秀な珠算技術を習得された数多くの人材を養成され、今日まで地域社会の発展に大きく貢献されておられますことに、深く敬意を表する次第でございます。

さて本日、表彰を受けられます皆さん、本当におめでとうございます。

皆さんが、日ごろから熱心にそろばんの練習に励んでこられた成果が、このような形で実を結んだものだと思います。心からお祝いを申し上げます。

そろばんを学習すると暗算力が身につきますが、この暗算は脳の発達に効果があると言われています。

パソコンなどが普及して機械に頼りがちな昨今ですが、教育手段のひとつとして再び、そろばんが評価されていると聞いております。

また、そろばんは集中力を養うこともできます。これらの力は、皆さんが成長し社会に出られてからも大いに役立つことでしょう。

どうか、皆さま方におかれましては、本日の表彰を契機に、今後も珠算技術の向上に、より一層励んでいただきますよう、ご期待申し上げます。

結びになりますが、高槻珠算協会さまの益々のご発展と、会長さまをはじめ本日、ご出席の皆さま方のご健勝とご多幸を祈念いたしまして、私のお祝いの言葉といたします。本日は誠におめでとうございます。

式典では会長のごあいさつから、来賓あいさつ、紹介、そして表彰式へ。議長としても表彰役を仰せつかり、受賞者の皆さまに心からお喜び申し上げ、表彰させていただきました。「表彰状・・・」

一つひとつの思いが結集されて

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2020年2月16日

第27回 中阿武野文化祭が開催

F519F9F5-E086-48F0-8F0D-D90E7F4746E716日(日)午前、「中阿武野文化祭」が開催され、議長としてお祝いに伺わせていただきました。

“第27回 中阿武野文化祭”が盛大に開催されますことを心よりお慶び申し上げます。皆さまにおかれましては、平素より地域文化の興隆にご尽力いただいておりますことに敬意を表する思いです。

この日、会場に来させていただき感じましたことは、“今城塚公民館”が明るいこと、“皆さまの笑顔”がステキなこと、たくさんの“素晴らしい作品”ばかりが展示されていること。そし、素晴らしい“文化祭のご案内”をいただいたことに感動を。

皆さんの“一つひとつの思いが結集されて”、素晴らしい文化祭になっていると感激いたしました。

個人的なお話しになりますが、“ご案内”の表紙に、今年の干支“子”が描かれています。実は、私当たり年でして、還暦の年を迎えます。まだまだ、若輩者ですがこれからも頑張っていきたいと思っています。

結びに、天気が気になるところですが、多くの地域の方々がご来場いただけますよう、そして中阿武野地域の益々のご発展、本日、ご参加の皆さまのご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして・・・

本日はご開催、誠におめでとうございます。

皆さま、お招きありがとうございました。また、実行委員長はじめ役員の皆さま、本当にお疲れ様です。素晴らしい作品の見学とともに、宮田俊治議員と記念撮影を・・・

自衛隊の皆さまのご支援などに

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2020年2月16日

令和2年 自衛隊高槻協力会 新春懇親会にお招きいただき

0042915日(土)夕、「自衛隊高槻協力会 新春懇親会」に市議会議長としてお招きいただき感謝の思いです。

皆さまにおかれましては、平素より自衛隊の皆さまのご支援などに、ご尽力をいただいておりますことに心より敬意を表する思いです。

また近年は、自然災害の脅威を感じるところですが、災害時における自衛隊の皆さまの住民の救出活動など、特に一昨年の“大阪府北部地震”での活動をお聞きして、本当に感謝を申し上げる次第です。

自衛隊の今後、益々のご発展と、自衛隊高槻協力会の皆さまのさらなるご活躍、そして本日ご参会の皆さまのご健勝とご多幸をお祈りいたしまして・・・

本日のご開催、誠におめでとうございます。

お聴きすると、30年くらいの歴史がある高槻協力会。1部では“防災講和”があったそうで、2部の懇親会にお招きいただき、会場ではごあいさつもさせていただきました。また様々なご意見もいただけましたので本当に勉強になりました。

なくてはならない存在の

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2020年2月15日

冠コミュニティーセンター創立30周年記念式典にお招きいただき

722504EC-24F5-49C7-959B-EEB8096CD70815日(土)午前、「冠コミュニティーセンター創立30周年記念式典」にお招きいただき、感謝の思いで、市議会を代表して、お祝いのごあいさつを申し上げさせていただきました。

“冠コミュニティーセンター創立30周年”、誠におめでとうございます。

皆さま方におかれましては、平素よりコミュニティーセンターの管理運営等に、多大なるご尽力をいただき誠にありがとうございます。

コミュニティーセンターは、地域の方々の学習や文化活動の場として、また地域の憩いの場としてなくてはならない存在となっています。

また、地震や台風等の災害時の避難場所としても、今やコミュニティーセンターは大変重要な役割を担っております。

こうした地域の重要な施設を、このセンターでは地域が一体となって大切にしながら活発に利用されていると伺っております。

どうかこれからも、地域の中心的な施設として益々このセンターが利用され、地域コミュティーがさらに発展していくことを願っております。

結びとなりますが、この創立30周年を契機として冠コミュティーセンターが、益々ご発展されますことと、管理運営委員会委員長さまをはじめ、全役員の皆さま、そして本日お集まりの皆さまのご健勝とご活躍を祈念いたしまして、私のあいさつとさせていただきます。

本日はご盛会、誠におめでとうございます。

式典では、素晴らしい三味線演奏のオープニングからはじまり、委員長の開会のごあいさつ、高槻市民憲章の唱和、来賓祝辞、来賓紹介、館長の一部閉会のごあいさつと続きました。

30年の月日は、迎えるとあっという間に感じますが、この日をお迎えになられるまでには、様々なご苦労があったことと思います。どうかこれからも、地域の皆さまの交流の場として発展されますようご期待申し上げる次第です。