高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

公明新聞一面に

□公明新聞 党活動 安心実績ナウ / 2017年1月28日

JR高槻駅ホームドアが紹介

1月25日付け公明新聞に「開発進む 新型ホームドア」と紹介記事。

昨年8月、東京メトロ銀座線青山一丁目駅等での転落事故を受けて、国土交通省は、ハードとソフトの両面から総合的な安全策を検討する「駅ホームにおける安全性向上のための検討会」を設置した。視覚障がい者団体などのヒアリングなど会議を重ね、昨年12月に中間発表をしたと記事。

2020年度までに1日の乗降客数10万人以上の整備可能な駅にホームドアを原則設置をはじめ、点字ブロックの整備促進、視覚障がい者への声掛けの啓発、駅員による誘導案内の強化など安全対策が主な内容。

しかし課題も。ホームドアの有効性は認識されながらも、数億から十数億円の高コスト、設置できない構造の駅、車両のタイプによりドアの位置が異なるなど施工や技術面での課題。

こうした課題の解決に向けて、国交省は開発と普及を加速させるため、鉄道事業者らで構成する「新型ホームドアに関する技術ワーキンググループ」の初会合開催(13日)、課題についての意見交換やJR西日本で実用化されているロープ式の事例などが紹介された。

記事の写真などは、支柱伸縮型の昇降ロープ式ホーム柵の上下降時、JR高槻駅。本駅は、1日12万5千人が利用。ホームドアの供用開始と特急はるかの停車は2016年3月26日から。今年3月からは特急サンダーバードも。

全国の駅での、日々の無事故を祈る思いです。

20170126_002951939_iOS

足跡2017

□ホームページ あきひろ日記 党活動 / 2017年12月31日

 あきひろ日記 2017(平成29)年を振り返って

20171204_232040871_iOS今日で2017年が幕を閉じます。今年を振り返ると様々なことがありました。多くの方々のご支援・ご協力をいただき、本年の最終日を迎えることができたと感謝の思いです。つらいことも、良かったことも色々ありますが、この一年を振り返り、明日からまた、誠心誠意、真剣に頑張っていきたいと決意をしています。

今日は、あきひログ(ブログ)等から、この一年のトピックスをご紹介させていただきたいと思います。

◇◆◇◆◇

1月1日/元旦は地域のごあいさつから

1月4日/新年のスタート

1月7日/高山右近伝“乱世なればこそ永遠の勝利を” 福者認定記念公演「高山右近伝」 OSK日本歌劇団・香月蓮さん主演 鑑賞感動

1月8日/平成29年高槻市消防出初式へ

1月9日/平成29年 高槻市新成人のつどい 新成人の皆様おめでとうございます。

1月14日/高槻では初雪

1月15日/雪の中の出陣式「あきひろ日記」

1月16日/2017年 公明党新春年賀会

1月19日/国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞(1月13日)

1月27日/公明新聞のご購読に感謝 有権者比1%を達成 高槻桜支部

1月28日/公明新聞一面に「開発進む 新型ホームドア」と紹介記事

◇◆◇◆◇

2月4日/第8回高槻市小学校駅伝大会でスターター

2月11日/高槻市コミュニティ市民会議 結成40周年記念大会

◇◆◇◆◇

3月1日/平成29年3月 第1回市議会

3月4日/6時45分発「祝」特急サンダーバード第1号高槻駅停車記念出発式

3月8日/3月定例会の議事進行を 市議会副議長

3月10日/MAKE A BOSAI 2017保存版

3月20日/総合スポーツセンターテニスコート夜間照明点灯式へ

3月31日/Welcome to Takatsuki 大歓迎!! トゥーンバ市来訪団の表敬訪問

◇◆◇◆◇

4月8日/バスロケーションシステム開始

4月10日/新たなスタートを祝福 新入生の皆さんおめでとうございます。

4月11日/4月11日告示、16日投票 大阪府島本町議会議員選挙

4月14日/高槻市耐震化アクションプラン2017 策定

4月19日/第82回近畿市議会議長会定期総会に出席

4月24日/図書館の広域利用スタート 北摂地区7市3町 約650万冊の本が借りられるように

◇◆◇◆◇

5月9日/「自転車活用推進法」がスタート 安全強化へ基本法施行(5月1日)

5月17日/副議長退任にあたり感謝と決意のごあいさつ(5月臨時会)

5月20日/平成29年度 高槻市議会新体制 監査委員就任、公明党議員団会派代表にも(5月臨時会)

5月10日/たかつき市議会だより“審査員特別賞”受賞” 3度目

◇◆◇◆◇

6月3日/命守る41回目の献血活動 高槻公友会・献血友の会

6月22日/高槻市廃棄物処理施設の設置に係る手続の特例に関する条例 全会一致で可決(6月定例会)

6月22日/35人学級編制に係る教員の配置充実を求める意見書 署名 全会一致で可決(6月定例会)

6月22日/「2025日本万国博覧会」の大阪誘致に対する決議 署名(6月定例会)

6月24日/東京決戦断固勝つ 東京都議会議員選挙(6月23日告示 7月2日投開票)

6月26日/大阪府内で初となる第2期計画の認定 第2期「中心市街地活性化基本計画」認定(6月23日)

6月29日/公明新聞に掲載 ハザードマップ収録 水害や土砂災害に備え 大阪・高槻市

◇◆◇◆◇

7月1日/「高槻市 水害マップ充実」 水害・土砂災害ハザードマップが「よみうり新聞」に掲載

7月16日/安満遺跡公園の“ロゴデザイン”決定

7月24日/EXPO 2025 OSAKA 2025年大阪万博誘致のロゴマークについて

7月26日/JR高槻駅を視察 平成28年度に供用開始された新ホーム等の現地視察

7月28日/自転車施策が前進 今日の公明新聞

◇◆◇◆◇

8月5日/今日と明日は高槻まつり

8月13日/公明新聞 日曜版 “かんさい” クローズアップ最前線に 注目の昇降式ホーム柵

8月14日/市役所本館の耐震改修工事

8月20日/KOMEI summer meeting of 2017(8月19日)

8月26日/大塚切れから100年

8月30日雨水貯留施設 完成後の視察(8月29日)

◇◆◇◆◇

9月8日/平成30年度 高槻市政の施策と予算編成に関する要望書を提出

9月12日/福祉企業委員会 福祉医療費助成制度の再構築について 質問(9月定例会)

9月28日/衆院解散 夫婦で街頭へ

◇◆◇◆◇

10月12日/第48回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査(10月10日公示・22日投開票)

10月22日/台風21号 大雨・暴風警報

10月25日/友好姉妹都市オーストラリア・トゥーンバ市へ表敬訪問(25日出発~29日帰国)

10月31日/公園予定地に貯留施設 大阪・高槻市 公明新聞掲載(10月27日)

◇◆◇◆◇

11月2日/史跡整備特別委員会 安満遺跡公園等の整備についての質問(11月1日)

11月12日/公明新聞 KANSAIに【大阪・高槻市】掲載 来年度の予算要望

11月15日/二度目の台風被害 台風21号から22号の影響

11月17日/平成29年度(第64回)東海・近畿・北陸三地区共催都市監査事務研修会

11月27日/日曜日に市政報告会を開催(11月26日)

◇◆◇◆◇

12月10日/新名神高速道路・高槻JCTとIC~川西IC間26・2kmが開通 12,400人の皆さんがハイウェイウォーキングも

12月17日/「吉田あきひろのホームページ」から「吉田あきひろのごきんじょニュース」に名称変更

12月20日/一般質問「今後の水道事業等のあり方について」 濱田市長の答弁も(12月19日・12月定例会)

12月21日/「安全・安心」500箇所目 達成

12月24日/高槻市観光情報コーナー 高槻市観光協会がオープン

12月30日/「吉田あきひろのごきんじょニュースHP」総アクセス件数851,007件、総アクセス人数720,671人

12月31日/あきひログ(ブログ)発信「足跡2017」 平成19年から2,600回目

新年まで、あと4時間。皆様、本当にお世話になりました。

JR高槻駅を視察

いいね!!たかつき 安心実績ナウ 視察・研修会 / 2017年7月26日

平成28年度に供用開始された新ホーム等の現地視察

20170726_013311598_iOS本日は、公明党議員団としてJR高槻駅の新ホーム等の視察をさせていただきました。JR西日本と高槻市の関係者の皆様には、ご多忙の中、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

平成28年3月に供用開始されたJR高槻駅の新ホーム、昇降式ホーム柵、西口改札など供用がはじまり一年以上が経過していますが、改めて、これらの安全性や快適性の観点から見学をさせていただきました。

資料によりますと、高槻駅での乗降者数は一日12万7千人で、JR西日本管内で第10位(平成27年度実績)といわれています。

これまでの課題としては、乗降者数の多さから、狭小なホームでは、階段に乗降客が集中して集まってしまうことなど、ホーム上での安全性確保とスムーズな流動に大きな課題を抱えておられました。

そこで、課題解決に向けて多くの要望が集まり、“都市・地域交通戦略推進事業(JR高槻駅ホーム拡充事業)”が決定、その対応方針として、乗降人数に見合ったホーム空間の確保をすることで混雑緩和を図り、安全性と快適性を向上させることを目的に取り組まれてきました。

結果、整備効果としては、混雑の解消や安全性・回遊性が向上したとのことで、改めて重要な事業であったということと、現状の安全で安心な事業運営に感動をした次第です。

また、これまでの取り組みでは、事業計画より平成25年度の詳細設計から平成28年3月の共用開始まで、JR西日本や高槻市等の多くの関係者のご尽力で完成できたことに敬意を表する思いにも。(事業費は国・市・JR=各1/3)

構内の最大の特徴としては、“バリアフリー化設備等整備事業”での“昇降式ホーム柵”、ホームからの転落防止や扉枚数、扉位置の異なる車両に対応するなど、JR西日本管内では本格導入第1号とのことで、安全性が確保できているところに大きな喜びを感じました。他にも新ホームへのエスカレーター等や新西口改札内のスロープ設置なども見学をさせていただきました。

以上の安全対策はもちろん重要なことですが、新西口改札口側の構外に設置された“電車の時刻表や構内図”(写真)など、駅を利用する上での快適性や利便性も大いに活かされていることや、時刻表等が構外に設置されている取り組みは事例が少ないとお聞きして、高槻駅ならではの取り組みにも感動をしたところです。

また、平成28年3月の“特急はるか”の停車や今年3月の“サンダーバード”の停車など利便性が大きく進み、さらに、今後の取り組みとして、既存ホームへのホームドア設置にも期待を寄せるところです。

高槻市とJR西日本が、バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞!(平成29年1月13日) <高槻市ホームページ

公明新聞一面に 開発進む 新型ホームドア <あきひログ