高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

明日の 希望は ひとりの人を 思う心から

晴天で暖かな日曜日

□ホームページ □地域活動 □街宣活動 党活動 式典・イベント / 2023年12月10日

芝生住宅自治会の餅つき大会から桜台みんな食堂、公明党府本部一斉街頭まで

IMG_3272晴天の日曜日、午前中は4年ぶりに開催された #高槻芝生住宅自治会 さまの餅つき大会。

子どもから大人まで地域の皆さまがいっぱい。お招きいただき感謝。

皆さまと一緒に“餅つき”をさせていただき、つきたてのやわらかーい“きな粉餅”を美味しくいただきました。

「よいしょ、よいしょ!! 美味しくなーれ」 と力いっぱいお餅をつきました。自治会の皆さまが力を合わせ、もち米を蒸して、ついて、まるめて・・・多くの皆さまの手が入り、心が入り開放された集会所では、お餅をいただきながら談笑も。

会長はじめ役員の皆さまお疲れ様です。地域の皆さまありがとうございました。益々の自治会の発展を祈ってます。

IMG_3281午後からは、#桜台みんな食堂#こども家庭庁 からの物品配布の応援に。

#しらかわいもとクリニック さんにて開催。

日用品や学用品、食材なども配布されて。

子ども達の元気な声。ボランティアの皆さまの熱い思い。そして新しい出会いも。関係者の皆さまお疲れ様でした。

毎月第2日曜日の12時半から15時まで。テイクアウトも対応しますとご案内。

看板には、「喫茶ぼちぼち(第1日曜日14時から16時・雨天中止)」や「うえだ文庫(毎週水曜日15時から17時=かわもとこどもクリニック2階)のご案内も

IMG_3288皆さま、こんにちは。暖かな日曜日の午後は、#公明党大阪府本部 #一斉街頭 の日、たくさんのご声援に心から感謝。

「生活者を断じて守る」政府の #総合経済対策 に向けた公明党の #3つの還元策 をご紹介。

① 所得税定額減税、② 低所得世帯への給付、③ 電気・都市ガス等の来春までの延長、さらに自治体への重点支援地方交付金の増額。

市議会公明党として物価高騰対策・来年度の予算要望も。

よし、やるぞ❗️あきひろ‼️ #吉田あきひろ

**

◎ 皆様こんにちは。こちらは公明党です。現在、日本の経済状況は、長く苦しかったコロナ禍をようやく乗り越え、再生に向けた歩みを始めようとしています。しかし、原油価格の上昇・高止まりや円安、食料品の相次ぐ値上げなど、昨年来からの物価高騰は、いまだ国民生活や事業活動に深刻な影響を与えています。

◎ 差し迫った厳しい局面を何としても切り抜け、国民の命と暮らしを守るため、公明党は徹底して現場を歩き、地方議員と国会議員が連携して、現場の声を政府に届け、数々の政策を実現してきました。

◎ 公明党は先月、総合経済対策の策定に向け、過去最高を更新した税収増を国民の皆様に還元する「3つの還元策」の実施を訴えました。具体的には、① 所得税の定額減税 ② 低所得世帯への給付金 ③ 電気・都市ガス料金、ガソリン・灯油代などの補助の来春までの延長と、自治体が物価高対策に使える「重点支援地方交付金」の増額を提言しました。

◎ 国の税収は3年連続で過去最高を更新しており、この税収増を直接、国民の皆様に還元することで、日々の暮らしを支え、経済対策の効果を実感して頂けるよう強く訴えた結果、政府が11月2日にとりまとめた「デフレ完全脱却のための総合経済対策」には、公明党の提言の内容が随所に盛り込まれています。

◎ 3つの還元策の1つ目、所得税・住民税の定額減税では、特に物価高に加えて社会保険料の増加などにより負担感が増している現役世代、中間所得層を支援するため、所得税などで扶養家族も含む1人当たり4万円の定額減税により、思い切った家計支援が行われます。

◎ 2つ目は、物価高で特に影響の大きい低所得世帯への給付金です。重点的に支援するため、賃金上昇の恩恵が及びにくい住民税非課税世帯などを対象に、7万円の給付が決定しました。迅速に支給し、生活を支えます。

◎ 3つ目の電気・都市ガス料金、ガソリン・灯油代などの補助の来春までの延長では、暖房需要が高まる冬場の備えとして、エネルギー価格が高騰する中、家庭や企業の負担を軽減する支援です。

◎ 当初、これらの補助は今年の9月末まででしたが、公明党の訴えが反映され、既に年末までの延長が決まっていました。そして今回の政府への提言により、来年の4月末まで延長されることになりました。

◎ また、公明党が強く訴え続けてきた「重点支援地方交付金」の増額も総合経済対策に明記され、これにより地方自治体の総意工夫により買い物をした分のポイント還元や給食費負担の軽減など、きめ細かな支援が実施できるようになりました。

市議会公明 関西版に掲載

□ホームページ □公明新聞 党活動 / 2023年12月10日

【大阪・高槻市】来年度予算等で要望行う

IMG_3247(10日 公明新聞「関西版」) 市議会公明党(三井泰之幹事長) はこのほど、浜田剛史市長に対し、プレミアム付商品券第6弾の実施のほか、来年完成予定である関西将棋会館の周辺整備、深刻化するいじめ・不登校の対策強化、健康寿命施策の充実、子どもを産み育てやすい環境整備など、計111項目を要望した=写真。

これは11月7日(火)、市民の皆さまの声を7名の公明党議員一人一人が受け止め、議員団としてまとめた令和6年度に向けた予算編成に関する要望書を濱田剛史市長に提出させていただいたもの。

今回の要望書は、重点施策5部門と要望事項13部門からの構成。

特に重点施策では、短・中・長期の視点に立ち「① 生活者と事業者を支える」「② 人口減少に歯止めをかける」「③ 市民の生命を守る」「④ 市内のにぎわいの創出」「⑤ 持続可能な社会の実現」を強調。

IMG_2890そして要望事項の1点目は、今年度にも関わりますが、喫緊の課題である「物価高騰対策について」として要望。

政府が決定した総合経済対策(公明党の3つの還元策) を基に、重点支援地方交付金など、今回も市独自の取り組みに期待し円滑な運営をお願いしたところです。

◎ プレミアム付商品券第6弾
◎ 水道基本料金の減免措置
◎ 非課税世帯7万円給付の年内支給 等々

また、12月定例会においては、重点施策の一つ「③ 市民の生命を守る」より、いじめ・不登校対策について「不登校児童生徒への支援の充実について」と題して一般質問を行う予定です。