高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

明日の 希望は ひとりの人を 思う心から

国民の信頼 必ず応える

□公明新聞 党活動 / 2023年11月14日

大阪で山口代表、茂木・自民党幹事長が支援訴え

IMG_2951

(公明新聞 14日より)

■山口代表、茂木・自民幹事長が支援訴え

公明党の山口那津男代表は13日、大阪市で2回にわたり開かれた党大阪府本部(代表=石川博崇参院議員) の政経フォーラムに茂木敏充自民党幹事長、佐藤茂樹、国重徹、伊佐進一の各衆院議員、山本香苗参院議員らと共に出席し、「日本経済を安定軌道、成長軌道に乗せ、襟を正して国民の信頼に応えることが自公政権の決意だ」と訴えた。

山口代表は政府の総合経済対策について、所得税など1人当たり4万円の減税や低所得世帯への7万円給付、電気・ガス代の負担軽減策の延長など、公明の主張が盛り込まれたことを紹介。対策の裏付けとなる補正予算を早期に成立させ、「早く皆さんのお手元に届ける」と述べた。

また、30年ぶりの高水準となった今年春の賃金上昇率や過去最高となった4―6月期のGDPなどを挙げ、「日本経済に最大のチャンスが巡ってきた」と強調。その上で「中小企業が賃上げできる環境を整えることが一番大事だ」と述べ、価格転嫁や生産性向上、資金繰りへの支援などを進める考えを示した。

■政治の安定が“政策実現の力”

茂木幹事長は、30年に及ぶ日本経済のデフレ脱却に向け、デジタル化やGX(グリーントランスフォーメーション) などの成長分野への投資を進め「成長志向型の経済へと転換し、経済の好循環を生み出していく」と強調。また物価高対策に触れ、ガソリン補助金を来年4月末まで延長することなどを報告した。

IMG_2949さらに次期衆院選について「内外の厳しい諸課題の解決には政治の安定が必要だ」とした上で、「政策実現力がある自公政権がいいのか、それともスローガンだけの野党がいいのか、これが問われる選挙だ」と訴えた。

佐藤氏は、補正予算の早期成立と執行に全力を挙げ、「足元の物価高から国民の暮らしを守る」と訴え、国重氏は、新大阪駅を新幹線ネットワークの一大ハブへと整備を進め、「大阪・関西の発展に力を尽くす」と主張。

伊佐氏は、寝屋川流域の治水対策に尽力してきたとし、「今後も全力で課題を解決していく」と決意を述べ、山本氏は「日本の将来を見据え、社会保障・福祉制度の再構築、少子化、住まい政策などに全力を尽くす」と訴えた。

これらの会合では来賓を代表し、谷川とむ自民党府連会長、日本歯科医師連盟の太田謙司会長、日本商工連盟大阪地区の西村貞一代表世話人があいさつした。