高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

明日の 希望は ひとりの人を 思う心から

斉藤国交相 大阪へ

未分類 / 2023年9月5日

公明新聞より 政策要望懇談会と政経懇話会が開催

IMG_1557■交通・防災対策、街造り着々と

■佐藤(茂)、国重、伊佐、山本(香)が決意

斉藤鉄夫国土交通相(公明党) は4日、大阪市で開かれた党大阪府本部(府代表=石川博崇参院議員) の団体政策要望懇談会、政経懇話会に佐藤茂樹、国重徹、伊佐進一の各衆院議員、山本香苗参院議員らと共に出席し、大阪の交通網の整備、防災対策の強化に全力を挙げる決意を訴えた。

両会合には来賓として自民党の石破茂・元幹事長らが出席しあいさつした。

斉藤国交相は大阪の街づくりについて、今後のリニア新幹線や北陸新幹線の新大阪駅乗り入れに触れ、「大阪が日本の国際競争力の源泉となる」と強調。

国と大阪との連携により、同駅周辺整備の促進に取り組む意向を示した。

また、大阪市中心部の渋滞解消策として「大阪環状道路」の整備を挙げ、その一部となる淀川左岸線の工事を着実に進める考えを表明。

淀川左岸線を会場へのアクセス道路として活用するなど、「2025年大阪・関西万博の成功に向けて頑張る」と述べた。

一方、防災対策に関しては、大阪湾の高潮から大阪を守る水門の更新、淀川の防災船着き場や高規格堤防(スーパー堤防) のさらなる整備に意欲を示し、「淀川、大和川、海に囲まれた大阪の低地の安全安心を確保する」と訴えた。

石破元幹事長は「公明党の議員は各分野のエキスパートでありプロだ」と述べ、幅広い分野で豊かな実績を築いてきた公明議員を評価。

「日本のため、次の時代のためという思いで今後の選挙に臨んでいく」と述べ、少子高齢化や人口減少、今後想定される自然災害への対応など、国政が直面する諸課題の解決に向け、自公政権で引き続き取り組む決意を訴えた。

佐藤氏は「国とのパイプ役となり政治を前へ進める」、国重氏は「現場目線から国政を動かす」と強調。伊佐氏は「命守る政治は自公政権でしかできない」、山本氏は「4期22年の参院議員の経験を生かし多くの声を実現したい」と訴えた。

団体政策要望懇談会では吉田純一・オートバイ政治連盟会長ら、政経懇話会では谷川とむ自民党府連会長(衆院議員) らがあいさつ。これに先立ち開かれた首長政策要望懇談会では、大阪府市長会会長の辻宏康和泉市長があいさつした。

朝から暑い火曜日

□ホームページ □街宣活動 党活動 / 2023年9月5日

公明党の旗を掲げ 阪急高槻市駅前から

C411065E-1FC2-4926-8FA3-2AB5C563B486朝から暑い火曜日

#公明党 の旗を掲げ、#阪急高槻市駅 前から #たかしま佐浪枝 議員とご挨拶。

皆さまお気をつけて行ってらっしゃいませ。お声かけありがとうございました。 

今日も全力で よし、やるぞ❗️あきひろ‼️ #吉田あきひろ #はにたん #将棋のまち高槻