高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

“あ”したの “き”ぼうは “ひ”とりの人を思う ここ“ろ”から

「5つの場面」注意を!

□公明新聞 党活動 / 2022年7月27日

コロナ感染防止へ 政府が「注意が必要」と呼び掛けている


BEF4543F-0085-4DB2-BFE8-B33C2A2B5C70
(今日の公明新聞より) 新型コロナウイルスの感染急拡大が止まりません。

厳しい行動制限がない中で一人一人が感染を防ぐには、リスクが高くなる3密(密閉・密集・密接)の環境を極力避けていくことが今まで以上に大切です。

政府が「注意が必要」と呼び掛けている「5つの場面」を紹介します。

■(場面①) 飲酒を伴う懇親会など

・飲酒で注意力が低下し、聴覚の働きが鈍ると大声になりがち。大量の飛沫が出て、感染リスクが高まる

・特に、敷居などで区切られた狭い空間に、長時間、大人数で滞在すると、感染リスクが高まる

・回し飲みや箸などの共用も感染リスクを高める

■(場面②) 大人数や長時間の飲食

・大人数の飲食では、より大声になり、飛沫が遠くまで飛びやすくなるため、感染リスクが高まる

・長時間に及ぶ飲食や、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事と比べて、感染リスクが高まる

■(場面③) マスクなしでの会話

・マスクを着用せずに近距離で会話をすることで、飛沫による感染リスクが高まる

・マスクなしでの感染例としては「昼カラオケ」などでの事例が確認されている

・同居家族ら以外と車に同乗する際も注意が必要

■(場面④) 狭い空間での共同生活

・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖的な空間でお互い過ごすため、感染リスクが高まる

・寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている

・各施設で定められた感染防止ルールの順守を

■(場面⑤) 居場所の切り替わり

・仕事で休憩時間に入ったときなど、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、マスク着用を忘れるなどして、感染リスクが高まることがある

・休憩室や喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されているので注意を