高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

消費喚起し経済活性化

□公明新聞 党活動 / 2021年9月26日

鳥取の時局で山口代表

01B266EB-64F7-40DF-BDFC-60C7B240121D公明党の山口那津男代表は25日、東京都新宿区の党本部で党鳥取県本部(代表=銀杏泰利県議)が開催したオンライン形式の時局講演会に出席し、次期衆院選に向けた党の重点政策に触れ、「これからの日本経済を引っ張っていく二つの柱がグリーン化とデジタル化だ。経済成長への政策を進め、国民に希望を届けたい」と力説した。

山口代表は、「(脱炭素化に取り組む企業を支援する)2兆円の基金を用意した。新しい技術開発に挑めるよう力を入れる」と強調。

デジタル社会の推進では、マイナンバーカード保有者に対し「数万円のポイントを給付する新しいマイナポイント事業を実行し、消費喚起したい」と述べた。

一方、自然災害への対応では、「5カ年(の計画)で15兆円の予算を確保し、インフラ老朽化や流域治水の対策を推進している。安全・安心な防災大国を築きたい」と訴えた。

講演会では、次期衆院選比例中国ブロックに挑む平林晃党組織局次長が必勝への決意を表明した。