高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

シトラスリボンプロジェクト

式典・イベント / 2021年7月7日

♪ただいま! おかえり! って言い合える街に(シトラスリボン啓発ソング)♬で

20210706_080113628_iOS6日(火)、大阪のシンガー・ソングライター、“イ・ヨンボさんご夫婦”が、本市の濱田剛史市長を表明訪問されました。私も高島議員とともご案内しながら同席を。

コロナ禍で、感染者への差別が懸念される昨今、「シトラスリボンプロジェクト」として、温かく迎えてもらえる社会をとのメッセージを込めた ♪ただいま! おかえり! って言い合える街に(シトラスリボン啓発ソング)♬を作られ、ご夫婦で全国の自治体を回りながら、このプロジェクトを推奨する運動をされています。

このプロジェクトは愛媛で生まれ、名産の柑橘類の英語読み、シトラス(citrus)からプロジェクトの名前が付いたそうです。

私も緑から黄色、オレンジの三色と、みかんの美味しさが変化するのをイメージしたリボンを受け取らせていただき、いつも使うノートに付けさせていただきました。

♬ただいま おかえり 変わらない声がする・・・ 変わらない笑顔がある・・・ いつもの店先に元気なあなたの声・・・ ただいま おかえり って言い合える街が好き♪

この日は、ヨンボさんご夫婦からの“シトラスリボンプロジェクト”のアピールと、ウクレレの生演奏で♬ただいま、おかえり♪と歌もご披露いただきました。

新型コロナに関わる「差別をなくしたい」、「みんなが笑顔で暮らせる社会にしたい」そんな思いで聴かせていただきました。