高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

福島県沖を震源地とする地震

□防災・減災 党活動 / 2021年2月15日

震度6強、負傷者、土砂崩れ、停電も

13日午後11時7分頃、東北方面で震度6強の地震があったとニュースで知りました。負傷された方もいらっしゃるようで、心からお見舞いを申し上げる思いです。

このあとも余震が心配されていますので、どうかお気を付けいただきたいと思います。

ニュースでは宮城県と福島県で震度6強の地震が起きたことを受けて、政府の地震調査委員会は東日本大震災の余震が「あと10年は続く」との見解を示したとのことです。

公明党は14日、 令和3年 「福島県沖を震源地とする地震」災害対策本部が設置しました。
(公明党のTwitterより)

ニュースでは、土砂崩れの様子や停電も広がっていることを伝えています。早急な現状の把握と、一日も早い復旧を祈ります。

吉田あきひろ Twitter

皆さまのお声を届ける

□公明新聞 党活動 / 2021年2月15日

公明 各地でコロナ対策要望 大阪・島本町

1613247397232-214日(日)公明新聞、「各地でコロナ対策要望」の記事。“町議会公明党の川しま玲子(町議選予定候補)、岡田初恵の両議員、野口ひとみ党島本支部副支部長(同)は2月8日、山田紘平町長に対し、コロナ対策を含む要望書を提出=写真①。

新型コロナのワクチン接種に向けた対策チームと住民相談窓口の設置、生活者・事業者への経済支援のさらなる強化などを求めた。”

隣接する島本町において、コロナ対策の緊急要望書等が提出され、その様子が公明新聞に掲載されました。公明党は北摂圏域はもとより、国府市町の党ネットワークをいかし、皆さまのお声を行政に届けています。

この日は、林けいじ大阪府議も同席。