高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

2月下旬、医療従事者から

□公明新聞 党活動 / 2021年1月22日

高齢者向け3月下旬以降/政府想定

EFFC8748-880D-4F3C-B08D-0F251F59302921日(木)、本市の陽性者数(1月21日大阪府公表分)は、新規陽性者数31人(前日24時まで)で陽性者数の累計は1,035人となっています。心からお見舞い申し上げます。

さて、注目されるワクチンですが公明新聞(21日)から・・・

公明党新型コロナウイルス感染症対策本部の「まん延防止・医療提供体制チーム」などは20日朝、衆院第1議員会館で会合を開き、政府が2月下旬までの開始をめざすワクチン接種について、厚生労働省から説明を受けた。

政府が同日、約7200万人分のワクチン供給を年内に受ける契約を結んだ米製薬大手ファイザー社は昨年12月、厚労省に薬事承認を申請している。会合で厚労省は、これが承認された場合に想定される接種体制などを報告した。

厚労省によると、接種は①医療従事者向け先行接種(約1万人程度)、②医療従事者向け優先接種(400万人程度)、③高齢者向け優先接種(3000万~4000万人程度)、④その他の人(持病のある人などを優先)――の順番で始める。

①は2月下旬までに接種開始の予定。②は都道府県が接種体制構築の調整を担い、3月中旬の開始をめざす。③と④では、市町村が調整主体となり、接種券の発行などを行う。接種券が届いた人から受けることができ、高齢者らは3月下旬以降、その他の人は4月以降になる見込み。

ファイザー社のワクチンは、基本的に超低温での保管が必要となるため、国が零下75度で保管できる超低温冷凍庫約1万台を購入し、順次、自治体に配備する。厚労省は、各自治体が超低温冷凍庫を設置した医療機関などを「基本型接種施設」と位置付け、そこを起点に他の施設にワクチンを配送する体制を整備する。”