高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

ご連絡をいただき迅速に対応

□ホームページ □大塚町 安全実績ナウ / 2020年11月11日

ポール型車止めの補修が完了

3DBE1FAB-55B0-4F50-9C83-75295C1AFD6C今年8月、地域の方々からご連絡、ご相談をいただいた“破損したポール型車止め”の改修工事が完了し、大変、喜んでいただいたところです。

ところが数週間後、「また破損している」とのご連絡が。

せっかく改修していただいたのにとの思い。また何か衝撃が加わったのか、固定ねじが外れ浮き上がっている状況で原因は不明です。

再度、現地を確認し市の担当課に相談。

このたび、補修が完了していることが確認できましたので、早速、写真を相談者にメールしたところ、「いつもありがとうございます」と大変、喜んでいただけました。(№637)

関係者の皆さまには、ご連絡や迅速な対応いただき、“安全・安心”を守っていただけましたことに感謝の気持ちです。皆さま本当にありがとうございました。

抑止効果で事故を防ぐ(2箇所あるポール型車止めの改修工事完了) <あきひログ

健やかな成長を見守って

□ホームページ いいね!!たかつき お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年11月11日

こちら部長室 子ども未来部長「11月は児童虐待防止推進月間 子どもたちを虐待から守る」

00433市ホームページの“こちら部長室”に「11月は児童虐待防止推進月間 子どもたちを虐待から守る」と題して紹介されています。

“厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、児童虐待問題に対する社会関心や理解を深めるため、家庭や学校、地域に対する広報・啓発活動などさまざまな取り組みを推進しています。

同月間にあわせ、本市でも「オレンジリボンキャンペーン」と銘打って、児童虐待防止を呼び掛ける活動を行っています。

オレンジリボン運動とは、「子どもの虐待のない社会の実現」を目指す市民運動で、オレンジ色は子どもの明るい未来を表しています。

オレンジリボンはそのシンボルマークであり、子育てを温かく見守り、子育てをお手伝いする意志のあることを示すマークです。”

子ども未来部長からは、市役所総合センターのパネル展示やオレンジリボンキャンペーンの取り組み、今年4月、児童福祉法などの改正法が施行され、法定化された趣旨の説明。

そして「育児の悩みや困り事を抱えこまず、ご相談ください」と、今年は新型コロナウイルスの影響から、人と交流する機会が減る中、育児における悩みや困り事を相談する機会が減っている方もいらっしゃるのではないでしょうかと紹介。

“本市では、地域全体で子育て家庭を応援する街を目指しています。市内には子育て総合支援センターのほか、子育て相談の窓口をたくさん設置しています。

身近な場所で、顔を合わせて話をしたり、ちょっとしたことを電話で相談する中で、何かヒントが見つかるかもしれません。ぜひ、ご活用ください。”と

「みんなで子どもたちの健やかな成長を見守っていきましょう。」とのコメントも。

◇◆◇◆◇

改正児童虐待防止法 4月から施行 <公明新聞

虐待かもと思ったら189番(いちはやく)へ <WAIWAIカフェ