高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

私の一般質問記事も

□ホームページ 議会活動 高槻市HPへリンク / 2020年11月7日

たかつき市議会だより令和2年9月定例会号(令和2年11月1日発行)

CD0B3038-9D82-43F6-94B5-BCB019156DEA市議会ホームページより、“令和2年9月定例会を9月2日から18日までの17日間の会期で開きました。

今定例会では、新型コロナウイルス感染者が増加している状況を踏まえ、検査体制の拡充を図るため市内医療機関5か所に地域外来・検査センターを設置するなどの令和2年度高槻市一般会計補正予算(第7号)の専決処分報告を承認しました。

また、約12億2807万円を増額する令和2年度高槻市一般会計補正予算(第8号)や、高槻市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正などの条例案件、議員提出議案として、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書ほか2件の意見書などを審議し、議決しました。”

私の一般質問記事も掲載していただきました。市民相談をお受けしてからの一般質問です。

▶吉田章浩議員「保育事業の質の向上を」7面

(議員)待機児童対策での保育士確保について、資格を持つ方の職場復帰等、お子様の保育所申し込み時、現状は市内勤務のみが加点の対象ですが、北摂の3市では、市外も対象としていることから、本市も同様の事業を進めるよう広域連携を行うべきですが、見解は。

(答弁)広域連携は有用であり、北摂7市の事務担当者会議で加点について、今後、検討を進める予定です。

※一般質問の記事は、質問した議員自身が作成しています。ご不明な点は、議員にお尋ねください。

たかつき市議会だより令和2年9月定例会号(令和2年11月1日発行) <市議会ホームページ

◇◆◇◆◇

 保育事業について(待機児童解消対策としての保育士確保への取組等) <あきひログ