高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

コロナに負けるな‼︎

□ホームページ □公明新聞 党活動 / 2020年10月18日

公明新聞(2020/10/15  4面)  正しい手の洗い方 感染症予防に一定の効果

F6C55306-CEAA-4134-91A1-C9B5A537FB6F公明新聞(15日付)に、「正しい手の洗い方」が掲載されていました。

記事には、“きょう(10月15日)は「世界手洗いの日」です。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、手洗いの重要性がいつも以上に高まっています。

手洗いは、病気にかかる可能性を減らすことにもつながります。国連児童基金(ユニセフ)の資料を基に、正しい手洗いの方法などを紹介します。

もし、せっけんを使って、正しく手を洗うことができたら、年間約100万人もの子どもの命が守られます――。

「世界手洗いの日」は、国際衛生年であった2008年に、正しい手洗いを広めるため、ユニセフなど水と衛生の問題に取り組む国際機関や大学、企業など13の組織から成る「せっけんを使った手洗いのための官民のパートナーシップ」により定められました。

同年10月15日に、その第1回目の取り組みが行われました。また10月は、世界的に長期的な休日がないため、学校で正しい手洗いを広めるのによい時期であったのも「世界手洗いの日」制定の背景の一つだとしています。

ユニセフによると、世界で、5歳の誕生日を迎えられずに亡くなってしまう子どもたちの数は年間約520万人。

その死因の多くは予防可能な病気によるものだといいます。また、私たちの日常生活で当然のようにある水やトイレ、食事などが不足しているために、不衛生で十分な栄養を得られない環境や生活習慣の下で生活することを余儀なくされ、下痢や肺炎にかかって命を落とす子どもたちは年間約100万人以上います。

ユニセフと世界保健機関(WHO)の共同報告書『飲み水と衛生の進歩と格差(19年)』では、「世界人口の40%、およそ30億人が、せっけんと水で手を洗う設備が自宅にありません」と報告。

日本のような環境は、恵まれているといえます。

自分の体を病気から守る、最も簡単な方法の一つが、せっけんを使った手洗いです。世界の手洗いや衛生に関するデータでは「正しい手洗いによって、下痢性疾患を30~48%、急性呼吸器感染症を最大23%減らすことができる」ことや、「日常的に正しい手洗いを励行することで、新型コロナウイルス感染の可能性を36%減らすことができるとする」との調査報告もあり、手洗いが病気予防の手段として効果があるとされています。

■親指の周り、爪や指の間、手首など入念に

ユニセフで紹介されている正しい手洗い方法を確認してみましょう。

①手をぬらし、せっけんをよく泡立てる

②手のひらをこすり合わせる

③手のひらで爪をこする

④片方の手で親指を握って、手のひらを回しながら洗う

⑤左右の手の甲を洗う

⑥指と指の間を丁寧に洗う

⑦手首を握り、握られた手でバイバイをするようにぐるぐる回して洗う

⑧水を流して手首までよくすすぎ、タオルなどで手を拭く

手洗いで大切なことは、ばい菌や汚れをしっかり落とすことです。特に洗うべき所は、①手のひら②爪③親指の周り④手の甲⑤指の間⑥手首。全ての部位を正しくしっかり洗うには、約20秒かかるといわれています。”

◇◆◇◆◇

E092C8CC-3AF7-4447-AF78-6236BB0478CA“日本ユニセフ協会の「世界手洗いの日」プロジェクト特設サイトでは、正しい手洗いを、楽しくあっという間に身に付けられる「世界手洗いダンス」動画や「手洗いハンドブック」などの素材や手洗いに関する情報がいくつか掲載されていますので、アクセスしてみてください(QRコードからアクセス可能です)”