高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

前線も活発化、大雨に警戒

□公明新聞 お知らせ 党活動 高槻市HPへリンク / 2020年10月10日

公明新聞(2020/10/10 1面) 台風 東海・関東沖へ進む

1602277523955公明新聞より、“強い台風14号は9日午後、四国沖を北上した。10日朝に紀伊半島沖を通過し、11日朝にかけて東海や関東の南方沖をほぼ東へ進む見込み。

台風から東側へ延びる前線も活発化するとみられ、気象庁は四国から関東の太平洋側では大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。

14号は11日午後以降は日本列島の南東へ遠ざかると予想される。

東京都・八丈島(八丈町)では9日午後6時までの72時間(3日間)雨量が482・5ミリに上り、この観測点の過去最多を更新した。

10日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海300ミリ、伊豆諸島250ミリ、近畿200ミリ、四国と関東甲信120ミリ。

その後、11日午後6時までの同雨量は、伊豆諸島200~300ミリ、関東甲信50~100ミリ。”

◇◆◇◆◇

数日前からテレビでは、台風14号に警戒を呼び掛けるニュースが報道されていました。当時は進路の予想が難しいとのコメントがあったように思いますが、天気図で日本列島まで来て直角に曲がる様子に驚きました。

貿易風、偏西風、太平洋高気圧の影響で台風のコースは決まるようで、8~9月の台風にはよくあるコースみたいです。どうか、皆さまお気を付けください。

危機管理室 <市ホームページもご参照