高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

高槻市地域外来・検査センターの設置

視察・研修会 高槻市HPへリンク / 2020年10月7日

高槻市における検査体制の充実について

FE483B62-C59C-486D-9E33-5157A59FE4255日(月)、公明党議員団として「高槻市地域外来・検査センターの設置」後の検査体制の充実について、現状確認と意見交換をさせていただきました。

新型コロナ感染拡大の“緊急事態宣言”当時、公明党議員団としても“適切な検査体制の確保”を濱田剛史市長に緊急要望書として提出してきました。

同センターは、新型コロナウィルスの検査体制を拡充するとともに、他疾患の患者が必要な診療を速やかに受けられるようにするため、受診相談センター(保健所)を通さず、かかりつけ医(診療所等の地域の医療機関)から直接新型コロナウィルスの検査を紹介できる仕組みを高槻市医師会の協力により構築し、8月24日から市内医療機関に「高槻市地域外来・検査センター」として設置されました。

今までも府内圏域ごとに“検体採取等体制”が設置、また今後の設置予定もある中で、三島圏域では本市に複数個所設置され、今後他市にも設置される予定とのこと。設置から1か月以上が経過し、当時の相談件数も半減してきているとのことでした。

〈フローチャート〉

市民 →かかりつけ医(診療所等)〈受診〉

→かかりつけ医が紹介

→【新】高槻市地域外来・検査センター(新型コロナウィルス抗原検査等を実施 30分~2時間)

→検査結果判明

・・→〈陽性〉高槻市保健所

・・→〈陰性〉患者を逆紹介(紹介元の診療所へ、速やかに他疾患の治療開始)