高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

オール高槻で実践

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年5月29日

高齢者の命を守る! 高槻市新型コロナ防衛アクション

00178市のホームぺーに、“本市では22日、大阪府に発令されていた緊急事態宣言が解除されたものの、今後も第2波、第3波の発生の恐れがあることから、重症化のリスクが高い高齢者等を感染から守る「高槻市新型コロナ防衛アクション」を実施することとしました。”と記されています。

高齢者の命を守る! 高槻市新型コロナ防衛アクション

その目的としては、新型コロナウイルスについては、効果的なワクチンの開発や治療法が確立するまで、感染拡大の脅威が続くと予測されています。

大阪府のデータでは、陽性者のうち重症者の約9割を60代以上が占めていることから、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方への感染を最優先に防ぎ、大切な命を徹底的に守ることが重要。

「オール高槻」で高齢者の命を守るアクションを実践することで、市民全体の感染を予防し、ひいては医療崩壊の防止や社会経済活動の維持につなげるものとされています。

基本方針

「うつらない行動」「うつさない思いやり」で、高齢者の命を徹底的に守る! 

「新しい生活様式」を踏まえ、一人ひとりができる感染対策をオール高槻で実践

速やかに進める

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年5月29日

高槻市ホームページ「障がい者授産事業支援給付金について」

460C7B40-C0D0-4007-89EF-3E0FA5B2D6C7障がい者授産事業支援給付金とは、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、受注の減少など経済活動の縮小が見込まれる授産事業を支援し、障がい者の工賃等の安定化を図る取組として、市内で障がい者に生産活動の機会を設け工賃等を支給している指定障がい福祉サービス事業者に一時金を支給するものです。

この事業内容は、市議会としての要望の一つで市が提案したもの。事業を速やかに進める上で、先決処理されることが26日(水)に開催された議会運営委員会において了承されたところで、28日(木)に先決により執行されたとのことです。

この事業は、市議会議員の会派出張旅費の減額により生じる財源を活用して実施していただきます。