高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

「誠心誠意」変わらぬ決意で

□ホームページ 議会活動 / 2020年5月19日

「明日、任務終了」 多くの方々のご支援とご協力の賜物と深く感謝を

IMG_E2287[1]2019年5月21日の臨時会において「第71代高槻市議会議長」に就任させていただき、公平無私の精神で、市政の発展と市民福祉の向上のため、緊張感を持って誠心誠意、努めていく決意でスタート。

そして、いよいよ明日が最後の任務。

今日まで全力で走ってまいりましたが、多くの方々のご支援とご協力の賜物と深く感謝をしているところです。

手帳を見返すと、一年間の予定がびっしり書かれれてあり、議長としての公務件数を整理してみますと、予定されたのが360件で、出席させていただけたのが281件。

各地域の夏まつりや文化祭にお招きいただき、ごあいさつさせていただけたことや、全国・近畿・大阪・北摂の市議会議長会等への出席、本会議等の出席や議事進行など。本当に貴重な経験をさせていただける一年となりました。

出席できなかった79件は、2月下旬ころから、新型コロナウィルス感染症の拡大がはじまり、行事等の自粛のため。地域の皆さまのもとにお伺いできなかったのは、本当に残念なことでした。

明日一日、全力で。また今後、一議員としても「誠心誠意」変わらぬ決意で頑張ってまいります。

市政の発展と市民福祉の向上のため <あきひログ

新しい生活様式を実践しながら

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年5月19日

社会経済活動の回復・維持を

460C7B40-C0D0-4007-89EF-3E0FA5B2D6C7新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が39県で解除されてから最初の週末を迎えた16日、政府は「全国各地で気の緩みが見られる」として、感染防止の取り組みを怠らないよう呼び掛けられました。

◇◆◇◆◇

大阪府では、独自の基準。「大阪モデル」に基づき、緊急事態措置の一部を緩和することを決定。このことを受けて本市では、市有施設の一部利用を再開するとのこと。

利用再開にあたっては、業種別ガイドライン等を踏まえ感染予防対策を行うとともに高齢者や障がい者などへの感染を防ぐよう配慮の取り組みを行なうこととし、準備が整った施設から順次利用を再開するとお聞きしました。

◇◆◇◆◇

18日(月)の市ホームページ、「市長ビデオメッセージ」において・・・

国の非常事態宣言の対象地域が縮小され、大阪府からは、施設の使用制限の要請、いわゆる「休業要請」が一部緩和されました。

今後、本市においても、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組みつつ、社会経済活動を再開、維持していくことになりますが、市民の皆様には、国が示した「新しい生活様式」を実践するなど、感染予防の取組を、しっかりと継続していただく必要があります。

特に、ご高齢の方や基礎疾患をお持ちの方など、重症化するリスクの高い方が、この感染症にかからないよう、私たち一人一人が、「高齢者に絶対うつさない」という意識をもって、感染予防を徹底しなければ、社会経済活動を維持することは難しくなります。

本市では、市の各施設の利用を再開するにあたり、高齢者など、リスクの高い方々だけが優先的にご利用できる時間帯や曜日を設ける方針といたしました。

また、今後も、高齢者や基礎疾患をお持ちの方を徹底的に守り抜くためのプロジェクトを展開してまいります。そして、事業活動に対する支援施策もしっかりとご用意し、皆様の社会経済活動を回復させるべく、全力で取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。と

◇◆◇◆◇

また市ホームページ、「市有施設の利用状況(新型コロナウイルス関連)」では・・・

高槻市は、新型コロナウイルス感染症予防の一環として、5月31日まで市有施設等について、休館・休業・利用制限等を行うこととしていましたが、5月16日から大阪府において、施設の使用制限等の自粛要請が一部解除されることから、府の要請等に基づき一部施設について利用を再開します。

また、今回自粛要請等の解除対象とならなかった施設や、貸館施設の利用についても、緊急事態宣言期間(現状では5月31日まで)終了後、速やかに再開できるよう、準備を進めます。

利用再開にあたっては、国のホームページで示されている業種別ガイドライン等を踏まえ、利用者の体調確認や消毒などの感染防止対策を徹底します。また、高齢者や障がい者などへの感染を防ぐよう配慮の取組を行いますので、ご理解・ご協力をお願いします。

なお、施設利用状況については、国による緊急事態宣言の発令状況や大阪府からの要請等を踏まえ変更になる可能性があります。と注意事項も。

各地で緊急要望

□公明新聞 党活動 / 2020年5月19日

大阪・高槻市 今日の公明新聞

IMG_E2260大阪府の高槻市議会公明党(宮田俊治幹事長)は13日、市役所内で浜田剛史市長に会い、新型コロナウィルス感染症に関する緊急要望書を手渡した【写真】

公明側は①特別定額給付金の一日も早い支給に向けた庁内体制の強化②中小企業支給給付事業の対象要件緩和③緊急小口資金や総合支援金などの利用者へ一律5万円支給④障がい者いる世帯への現金給付―など30項目を要望した。

これに対し、浜田市長は「スピード感を持って取り組む」と応じた。

2度目の緊急要望 <あきひログ