高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

水路上の歩道

□大塚町 安全実績ナウ / 2020年5月9日

老朽化や破損部を補修

NQPO2902[1]BRXT7733[1]3月中旬頃にいただいた市民相談。

過去、水路を暗渠にされて、その上を歩道として利用されている地域です。

道路幅の関係からか、この歩道は地域の方々にとっては安全・安心のために、なくてはならない公共施設となっていて、長年、利用されている歩道です。

そんなことから老朽化での石板のガタツキや破損している箇所もあり、高齢者の方々が歩行中につまづいて、こけそうになったりして、歩きにくいとの現状をお聴きしました。

まずは現場確認と、写真を持って市の担当課に相談。早速、市でも現場確認の上、補修工事を実施していただいたところです。(№615)

完成後、地域の方々から喜びのお電話をいただき、本当に良かったとともにに喜び合いました。関係者の皆さまには、安全・安心のために、早々に対応いただき感謝の思いです。

IMG_2179[1]ただ、そんな思いの中で、一昨日、お電話をいただきました。「早々に補修をいただき皆さん喜んでいるところなのですが、補修された箇所の一部が破損していて、石板もガタツキがあります。現地を見ていただけませんか」とのこと。

再度、現地確認し写真を撮って担当課に相談。市の方でも確認していただくことになりましたので、もう少しお待ちくださいね。