高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

互いに尊重し合いながら

□ホームページ いいね!!たかつき お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年5月7日

手話言語条例を制定しました(令和2年4月1日施行)

IMG_2043[1]市のホームページに「手話言語条例を制定しました(令和2年4月1日施行)」と紹介されています。また、高槻市議会公明党議員団としても手話言語条例の制定を強く要望してきたところです。

手話言語条例 <あきひログ

 市ホームページでは、その目的において、手話及びろう者に対する理解及び手話の普及の促進についての基本理念を定め、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにするとともに、基本理念に基づく施策の基本的事項を定めることにより、その施策を総合的かつ計画的に推進し、もって市民が互いに尊重し合いながら共生する地域社会の実現を目的として制定したと記されています。

高槻市手話言語条例(全文) <市ホームページ

「互いに尊重し合いながら共生する地域社会の実現」、大切なことだと感じます。

◇◆◇◆◇

今回の“新型コロナウィルス感染症拡大防止”の取り組みの一環として、市ホームページでは、濱田剛史市長の「市長ビデオメッセージ」から、市民の皆さまに呼びかけをされていて、4月24日分から“手話通訳”の取り組みもはじまっています。

市長手話メッセージ <市長Letter