高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

緊張の連続

□議長公務 議会活動 高槻市HPへリンク / 2020年3月25日

令和2年3月 第1回定例会が閉会

AMA_020624日(火)本会議最終日、会議のはじまりに、議長より、新型コロナウィルス感染症の蔓延防止に向けた対策の一環として、マスク着用の推奨と、議場等の入口にアルコール消毒液を設置するなどの対応をとらせていただいている旨のお願いから。

会議は、各常任委員会委員長からの付託案件審査結果の報告、討論、各案件ごとの採決、追加案件、令和元年度一般会計補正予算第7号について(新型コロナウィルス感染防止に係る補正)の質疑、採決、一般質問など18時に終了。3月定例会は閉会しました。

今議会は、今まで経験したことのない対応もあり緊張の連続。

本会議1日目は濱田剛史市長から“令和2年度施政方針”の説明、2日目は各派代表による“代表質問”、3日目は“質疑”、そして各常任委員会への付託。本日4日目最終日を。

今まで経験したことのない対応として、本会議での“緊急対応”のための暫時休憩や、それまでの新型コロナウィルス感染症対策のための“緊急”の議会運営委員会。さらに、マスク着用やアルコール消毒液を設置しての本会議、委員会、協議会の開催。2月27日から3月25日(水)までの28日間を予定していた定例会でしたが、様々な配慮より審査日程を2日間短縮。

市議会としても、市長はじめ理事者の皆さまには、新型コロナウィルス感染症対策に専念していただくことを念頭においた日程短縮となり、それでも慎重で真剣な審査が続きました。

提案された案件はすべて重要な案件ばかりですが、特徴的だと感じたのは、“手話通訳者”の設置による対応。「議案第29号 高槻市手話言語条例制定について」を採決をする上で、要望を受けての限定的な対応となりました。採決の結果、全員賛成で条例は成立。これまで、公明党議員団としても強く要望してきたところです。

また、質疑や反対、賛成討論を経て、多数賛成で可決した「議案36号 高槻市自動車運送事業条例中一部改正について」「議案第46号 令和2年度高槻市一般会計予算について」「議案第55号 令和2年度高槻市自動車運送事業会計予算について」及び、少数賛成で不採択となった「請願第1号 市営バス高齢者無料乗車制度の継続を求める請願について」など。

◇◆◇◆◇

AMA_0064閉会に当たり、濱田剛史市長からのごあいさつ。そして、“議長としてのごあいさつ”

“本定例会は、去る2月27日に開会以来、本日まで27日間の会期で開会されたところですが、各会計当初予算をはじめとして、条例案件など、令和2年度の施政方針に基づく、数多くの重要案件が提出されました。

議員各位には、提出された重要な案件に対し、本会議、委員会を通じて終始極めて真剣なご審議をいただき、それぞれ適切な結論を得ることができました。

また、新型コロナウィルス感染症の感染が本市でも複数例確認される中、円滑な議事運営にご協力いただきありがとうございました。ここに厚くお礼申し上げます。

さて、理事者側におかれましては、本会議あるいは委員会における各議員からの指摘及び意見を尊重しつつ、成立しました諸議案の執行と、今後の市政発展に一層のご努力をされるよう、お願い申し上げます。

ここで、最後に、本年3月末をもって、無事、定年退職を迎えられる職員の皆さんに、一言、議会を代表して御礼申し上げます。本年度末をもって退職される皆さまには、これまでも市政の発展と推進に多大なるご尽力をいただきました。

また、本会議、委員会を通じて、立場の違いはありますが、市政推進の立場から真摯な議論を交わさせていただきました。改めまして、これまでのご苦労に対し、心から感謝申し上げます。

退職後も引き続き、再任用職員として、それぞれの職場でご活躍いただける方もおられるかと存じますが、今後とも健康にはご留意され、ますますご活躍をいただきたいと思います。本当に長い間、ご苦労様でした。

以上、閉会のごあいさつとさせていただきます。長期間、ありがとうございました。これで、令和2年第1回高槻市議会定例会を閉会します。”

◇◆◇◆◇

この日、無事に閉会できましたのも、議員各位並びに理事者の皆さまのご協力、傍聴者はじめ、市民の皆さまのご理解の賜物だと感じています。皆さま、本当にお世話になりました。お疲れ様でした。

どうか引き続き、新型コロナウィルス感染症対策について、手洗い、うがい等の励行等、お気をつけいただきたいと思います。