高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

喜びの供用開始

□ホームページ □下田部町2丁目 安全実績ナウ / 2020年3月2日

念願の“押しボタン式信号機”が設置され

5EF142F3-9BD3-482E-9ECC-B24D48CC51F2地域の交差点に「押しボタン式信号機」が設置され供用開始となりました。2日(月)午前10時、青・黄・赤の信号機の“点灯”です。これに伴い、横断歩道の一部修正、停止線の変更なども行われました。

道行く方々から「念願の信号機が設置されたんですね。本当に良かった。」と多くのお声かけをいただき、改めて関係者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

地域の元コミュニティ連絡協議会会長から、はじめてご要望をいただいたのは平成19年。私が市議会議員に当選させていただいた頃、右も左もわからない状況でしたが、先輩議員から案件を引き継ぎ、“林けいじ大阪府議会議員”に相談させていただきながら、関係機関に要望活動を行ってきました。また、19年以前からも多くの要望があったと伺っていました。

この13年間、会長とともに“林けいじ府議”と連携しながら“高槻警察署”や“高槻市”の関係課に、地域の声としての要望書を提出してきました。また、この間も、多くの方々から同様の要望をいただいてきたところです。

周辺地域は準工業地帯で、近年、住宅開発が進み商業施設等が増えてきて自動車の交通量も増加傾向、人や自転車の往来も多くなってきている状況です。

過去から横断歩道や啓発看板の設置、歩道の改良なども実施されてきましたが、最近は交通量等の関係から、特に道路横断には危険を感じることが多くなってきている状況でした。

この度、実現できましたのは地域の皆さまの“安全・安心”を願う熱い思い、通行する方々の多くのお声が届いた結果だと感じています。そしてこの間、林府議や警察関係者の取り組み、市の方でも埋設物の確認などで、様々な調査・検討をしていただきお世話になりました。

先月、2月27日(木)に工事中のカバーがかかる信号機の設置を確認した時には、もう間もなく点灯なんだと感動しました。この日の「供用開始」「点灯」の日程を、要望くださった方々にお伝えしたところ、喜びのお声とともに、“公明党のネットワーク”に感謝の声をいただきました。

そして、「点灯」の日を迎え、朝から会長はじめ、林府議、先輩議員、関係者等で、「共用開始」を喜び合いました。安全・安心を願う多くの関係者の皆さまに心から感謝する思いです。(№603)