高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

計画的にLED化も

□登町 安全実績ナウ / 2020年2月29日

街路灯の電球取り換えから

IMG_7435「地域を良くしていこう!!」と地域有志の方々からのご相談。「街路灯がオレンジ色に変色し薄暗くてキケン」とのお声を。現地確認後、市の担当課へ街路灯番号を連絡。

先日、「明るくなりました」と喜びのご連絡。(№602)「良かったです。ご連絡ありがとうございます」と返答。まずは、電球取り換えから対応していただいたようです。

以前は、自治会管理だった街路灯も市に移管され、今後、計画的にLED化も実施されることになっています。

地域の皆さまから、ご連絡をいただけると、市の方も対応しやすいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

そして、関係者の皆さま日々、ありがとうございます。

休業・休館・利用制限等

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年2月29日

高槻市ホームページからのお知らせ

新型コロナウイルス感染症予防の一環として、学校・施設等について、「休業・休館・利用制限等」となります。ご理解とご協力をお願いしますと市のホームページ(28日付け)

詳しくは、下記をクリックしてご確認を!!

新型コロナウイルス感染症予防に伴う学校・施設等の休業・休館等について <高槻市ホームページ

※問合せ・窓口対応業務は実施しております。

令和2年度 施政方針大綱

□議長公務 議会活動 高槻市HPへリンク / 2020年2月28日

令和2年3月 第1回定例会が開会

4F180547-CC6D-44D3-9083-6646A092A72A27日(木)、「令和2年3月 第1回定例会」が開会されました。3月定例会は、この日から3月25日(水)までの28日間の開催となります。

1日目は濱田剛史市長からの「諸般の報告」ののち、「令和2年度 施政方針大綱」の説明をいただきました。

その後、淀川右岸水防事務組合議会議員の選挙、令和元年度の契約案件や補正予算案件が審議され即結、令和2年度の条例案件や当初予算等の説明まで。

2日目の本会議は3月4日(水)に各会派からの、“施政方針大綱”についての代表質問。公明党議員団がトップで“吉田ただのり”会派代表が立ちます。

5日(木)から6日(金)には1日目提案のあった案件の質疑に入り、各常任委員会へ付託されることになります。

(令和2年3月定例会 提出案件 2月27日提出分)

政府、基本方針を決定

□公明新聞 党活動 高槻市HPへリンク / 2020年2月27日

公明新聞(26日付け)より「新型肺炎 流行抑制へ総合対策」

AC2B8772-11F9-4905-B13A-E0503A21FF54政府は25日、新型コロナウィルス感染症対策本部(本部長=安倍首相)の会議を首相官邸で開き、対策の基本方針を取りまとめた。拡大防止に向け、地域における感染者クラスター(集団)への対応に重点を置くことが柱だとか。

患者が大幅に増えた場合は、一般医療機関で患者を受け入れ、軽症の人は自宅療養とすることも決めたと記事。

《方針のポイント》

感染拡大防止策

▶積極的疫学調査や濃厚接触者の健康観察を縮小する
▶広く外出自粛の協力を求める
▶地域の状況に応じ、患者集団への対応を強化する。

医療体制

▶一般医療機関で診察時間などを分けた上で患者を受け入れる
▶風邪症状が軽度の場合は、自宅療養を原則とする
▶高齢者らには、電話による診療で処方箋を発行する

水際対策

▶医療資源確保の観点から、検疫での対応は、感染拡大防止策や医療体制に応じて運用をシフトする

 

また、公明新聞(27日付け)の記事には、26日の衆院予算委員会において、「国民生活の安全・安心の諸課題などに関する集中審議」で、公明党の“伊藤渉”衆院議員から、ウィルスを検出するPCR検査の速やかな体制整備や保険適用を訴えたとありました。

新型コロナウィルスの拡大防止や安全・安心の取り組みに向けて、行事の自粛や不要不急の外出の自粛など、様々、影響することもありますが、 全国どこで感染しても不思議ではないように感じます。どうか、皆さまお気をつけください。

新型コロナウイルス感染症対策に関する情報 <高槻市ホームページ

議長メッセージを

□議長公務 式典・イベント / 2020年2月26日

第三回 高碕達之助 記念講演に向けて

IMG_7557 1

24日(月・祝)、「第三回 高碕達之助 記念講演」が開催されるに当たり、議長としてお招きをいただきましたが、残念ながら出席が叶わなくなりましたので、記念講演会の大成功をご祈念申し上げて、「議長メッセージ」として対応させていただきました。

◇◆◇◆◇

第三回 高碕達之助 記念講演会が多数の皆様のご参加のもと盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上げます。

皆様もご承知のとおり、高碕達之助氏は本市の“名誉市民”でございます。昭和29年第1次鳩山内閣に経済審議長官として入閣し、翌年には衆議院議員に初当選。

その後、経済企画庁長官、通産大臣、科学技術庁長官等の要職を歴任され、国政各般にわたり偉大な功績を残され、郷土の先覚者として現在も多くの方々から尊敬の念を集めておられます。

また、電源開発(株)の初代総裁として、戦後日本の産業基盤を築くため、大規模水力発電の開発に力を注がれました。

御母衣(みぼろ)ダムの建設の際には、樹齢400にも及ぶ大きな桜の木を、ダムに沈むことなく「荘川桜(しょうかわざくら)」として植樹され、歴史に残る偉業として今も語り継がれています。

その荘川桜の子孫は全国各地に植樹され、高槻市にもJR高槻駅北の関西大学前公園に植えられています。今年も満開の花を咲かせ、多くの人で賑わう姿が目に浮かんでまいります。

本日は、記念講演や討論会等行われるということですが、この機会を通じてより多くの人々に、高碕達之助氏の偉大な功績や魅力を改めて知っていただきたくことが、本市への郷土愛や誇りを育み、大変意義深いことだと存じます。

市議会といたしましても、高碕達之助氏の郷土愛に思いをはせ、本市がより発展し、さらに魅力ある都市となるよう、なお一層努力してまいります。

結びとなりますが、「高碕達之助に学ぶ会」並びに「NPO高槻名誉市民を語り継ぐ会」の役員の皆様をはじめ、関係各位及び本日お集まりの皆様の、今後ますますのご健勝とご多幸を心よりご祈念申し上げまして、私のメッセージとさせていただきます。

令和2224日 高槻市議会議長 吉田章浩

解決に挑む

□公明新聞 党活動 / 2020年2月25日

「幼保無償化」公明が最終報告を発表

IMG_7463公明党は6日(公明新聞ニュース7日付け「幼保無償化 実態調査より)、「幼児教育・保育の無償化に関する実態調査」の最終報告を発表した。

利用者の約9割が幼保無償化を「評価する」とし、今後、取り組んでほしい政策では「保育の質の向上」「待機児童対策」を求める声が多かった。一方、事業者は「人材の育成・確保への支援」を課題に挙げる声が多かったと記事。

党次世代育成支援推進本部長の“山本かなえ”参院議員は、保育の質向上、受け皿整備等、「2つの課題」解決に挑むとされています。

2019年10月にスタートした「幼児教育・保育の無償化」、その評価と課題を調査すべく、全国の公明党議員2982人が東奔西走。そして調査アンケートにご協力いただけましたのは全国2万7424人の方々。私も地元地域の利用者の方々や事業者の皆さんにご協力をいただき感謝の思いです。

啓発看板を設置

□その他 地域 安全実績ナウ / 2020年2月24日

注意!! 出合い事故多発 自転車飛び出し注意

7BE32243-85C3-4666-98F2-798EED3BA767過日いただいた市民相談。城跡公園周辺の道路で、直角に2か所の曲がり角があり、自動車は北向き一方通行、自転車は双方向に通行可能となっています。広い歩道も。

朝夕、自転車の通行も多くあり、環境面でもキケンではないかとのご指摘をいただいていました。

現地確認の上、担当課とも相談。環境を変えることも大事ですが、まずは自動車や自転車の意識向上を目的に「啓発看板」を設置していただきました。

「注意!! 出合い事故多発 自転車飛び出し注意」の啓発看板を4か所設置(№601)

関係者の皆さまに感謝です。

新型コロナウイルス感染症について

□ホームページ □公明新聞 □街宣活動 お知らせ 党活動 高槻市HPへリンク / 2020年2月23日

公明党の一斉街頭を

20200223_033156750_iOS本日は、公明党大阪府本部の「一斉街頭」を実施いたしました。高槻市議会公明党議員団としましてはJR高槻駅南側で、“山本かなえ参院議員”とともに街頭演説を。ご通行の皆さまからお手をふってのご支援やお声かけをいただき感謝の思いでした。

さて、今月のテーマは現在、社会問題となっている「新型コロナウイルス感染症について」です。対策本部を設置しての公明党の取り組みをご紹介させていただきました。

皆さま、こんにちは!! こちらは「小さな声を、聴く力。」公明党です。

現在、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染症が、ここ日本でも増加している状況です。

公明党は「新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げ、2月6日、首相官邸で安倍晋三首相に対して「新型コロナウイルスによる感染症の対策に関する緊急提言」を提出いたしました。

この中では、地方における検査・治療体制整備への支援や、検査の迅速化に向けた最新技術の導入、産業へ の影響把握と支援などの対策を、自治体と連携して実行するよう強く要請を致しました。

現在、新型コロナウイルスによる感染症への対応について、様々な面において、公明党の提案が迅速に進められています。

具体的には、すでに全国に設置されている電話相談窓口の「帰国者・接触者相談センター」が全て24時間対応となるように、全国の自治体と連携し、適切な相談体制を確保できるように現在進めております。

感染拡大に対応するため、感染の疑いがある人を診察する「帰国者・接触者外来」を全国800か所程度設置、また感染症患者用の病床につきましても、全国で1800床以上の整備を進めております。

また、ウイルス検査の迅速化を目指して、国立感染症研究所に多量検体検査システムを整備し、全国地方衛生研究所に「リアルタイムPCR 装置」を導入して、適正な検査が行えるように整備をすすめています。さらに、現在の PCR 検査では 6 時間を要するところを公明党はこれを 15 分に短縮できる最新の機器の導入を要請しております。

マスクメーカーにはマスク増産を要請いたしました。現在、週1億枚、月に6億枚のラインを確保しております。

産業に対する対応としては、打撃を受けた中小企業支援のため、日本政策金融公庫に5000億円 の緊急貸付・保証枠を設けることが決定いたしました。

公明党は、新型コロナウイルスの感染症に関し、党の対策本部で得た情報を地方議員と共有すると同時に、各地からの要望や提案を、都道府県本部を通して集約する体制を整えております。

今後も、国会議員と地方議員の強力なネットワークがある公明党として、皆さまの不安解消、安心し ていただける十分な情報発信をしてまいります。公明党は、早期の終息に向けて全力で取り組んで参 ります。

何かお困りのことがございましたら、ご意見、ご相談頂きますようよろしくお願い致します。

追伸

IMG_7485高槻市では、1月28日の閣議で新型コロナウイルス感染症を“指定感染症”に指定することが決定されたことを受け、本市における今後の総合的対策の推進に向けて、高槻市健康危機管理対策本部を設置しました。

また、1月29日に新型コロナウイルス感染症に関する専用電話相談窓口を高槻市保健所内に設置し、保健師などが相談に応じ不安に感じていることがあれば相談できる体制を。(専用電話:072-661-9334)

新型コロナウイルス感染症の対応については、感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかがわからないという方々への不安を軽減し、また、患者を医療機関に確実につなぐため「帰国者・接触者相談センター」を高槻市保健所内に設置(専用電話:072-661-9335)しました。

さらに、令和2年2月19日付けで、大阪府から、新型コロナウイルス感染症予防の一環として依頼を受けたことから、市主催等のイベント等を中止または延期することになりました。

公明の提言を反映

□公明新聞 党活動 / 2020年2月22日

公明新聞ニュース

F7DC5B3D-7ADC-4896-B8CA-208B9F64603621日付け公明新聞1面、「新型肺炎 中小企業に特別貸付

新型コロナウイルスによる肺炎などの感染症拡大に伴い、経済への影響が広がる中、経営が悪化した中小企業・小規模事業者を強力に支援するため、政府は公明党の提言を踏まえ、5000億円規模の資金繰り策を取りまとめ、実行している。

このうち、日本政策金融公庫(日本公庫)は21日から、同感染症による影響で一時的に業績が悪化している旅館や飲食店などの経営を安定させるため、運転資金を特別に融資する「衛生環境激変対策特別貸付」を始める。

速やかに対応

□登町 安全実績ナウ / 2020年2月22日

水路清掃の要望

77507D67-374E-4EE5-9BF9-1919A18F2571過日、ご相談をいただいた「水路清掃の要望」、現地を確認した上で、写真と地図を持って担当課に相談。

水位によっては時間がかかる可能性もありましたが、速やかに清掃対応をしていただけました。写真の通り多くのゴミを回収(№600)

関係者の皆さまお疲れ様です。ありがとうございました。安全実績600箇所目となりました。