高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

市議会定例会が閉会

□議長公務 議会活動 / 2019年12月18日

議長から一言ごあいさつを申し上げます。

AMA_001117日(火)、令和元年第5回高槻市議会定例会が閉会しました。閉会にあたり議長として、ごあいさつ申し上げました。

“本定例会は、去る11月28日に開会以来、本日まで20日間の会期で開会されたところですが、議員各位には、閉会中の継続審査となっておりました平成30年度各会計決算の認定をはじめ、提出された、人事案件、契約案件、条例案件、補正予算案件など、重要な議案に対し、本会議、委員会を通じて終始極めて真剣なご審議をいただき、それぞれ適切な結論を得ることができました。ここに厚くお礼を申し上げます。

本年は、市民の憩いの場であり、防災機能も備えた安満遺跡公園の一次開園や、高槻子ども未来館の開館など、子育てのしやすいまちを目指す本市の取り組みが大きく前進した年となりました。今後も、安満遺跡公園の全面開園や、市民文化施設の整備など、本市のみらい創生のまちづくりに期待するところです。

一方で、全国各地で自然災害が頻発している状況です。本市も、昨年大きな災害に見舞われましたが、その被災経験を教訓としながら、市議会として、引き続き行政と議論を重ねながら、より安全で災害に強いまちづくりに向けて取り組んで参ります。

最後になりますが、本年4月に行われました統一地方選挙により、私たちは高槻市議会議員として、その重責を担うことになりました。その責任の重さを痛感するとともに、なお一層の研さんを積み重ね、市民の信託に応えなければならないと考えております。

今年も、残すところわずかとなりましたが、議員各位をはじめ、執行部の皆さまにおかれましては、時節柄、十分ご自愛の上、よい年をお迎えいただきますようご祈念申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。

長期間、本当にありがとうございました。これで、令和元年第5回高槻市議会定例会を閉会します(写真は2日目)