高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

公園予定地に貯留施設/大阪・高槻市

□公明新聞 □防災・減災 党活動 安心実績ナウ / 2017年10月31日

公明新聞(27日・金曜日)に掲載「水害から住民を守る」

雨水貯留施設 公明新聞で紹介地域の浸水被害を軽減するため、大阪府高槻市は先ごろ、整備中の安満遺跡公園(同市八丁畷町)の地下に雨水貯留施設を設置した。

2012年8月、同市を襲った豪雨では1時間当たり110ミリの降雨量を記録し、844件に上る床上・床下浸水被害に見舞われた。これを踏まえ、市議会公明党(吉田章浩幹事長)は議会質問や予算要望などを通じて雨水貯留施設の設置を後押ししてきた。

施設は縦66メートル、横99・7メートル、高さ4メートルの直方体の形状で、最大貯留量は、25メートルプール約55杯分に当たる2万立方メートル。付近を通る下水道幹線に接続し、大雨時に幹線が満水になると水を取り込み、天候が回復し水位が下がると排水する仕組みになっている。(以上は公明新聞の記事全文)

と記事。公明党議員団で視察をさせていただいたのは8月30日。この日も暑い一日でした。

雨水貯留施設 完成後の視察 <あきひログ

他市では、山形県東根市と栃木県小山市も掲載