高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

一致団結

式典・イベント / 2017年9月30日

秋晴れの運動会

20170930_044342977_iOS今日は朝から、地元十中校区、市立桜台小学校の運動会。近況によりどうしても応援に行けませんでしたが、代理として妻にお願いを。

私が駆けつけた時は、ちょうど午前の部が終わり昼食の時間。一旦、家に帰る方々やお弁当を楽しく食べてるご家族も。

午後からも応援に行けず、せっかくご招待を受けたのに申し訳ない限りです。

学校のグランドからは青空がまぶしくて、営繕工事中の校舎には「一致団結」の横断幕も、341対399、白か赤か、終わるまではわかりません。

グランドに砂ぼこりが舞う、元気な児童の姿は見れませんでしたが、「頑張って!!」との思いで会場をあとにいたしました。

PTA役員や保護者の皆さん、ボランティア、そして教職員の皆さん、お疲れ様です。大成功の運動会を祈っています。

また、同校区の市立竹の内小学校も運動会。こちらもご招待いただきながらご挨拶に伺えなくて申し訳ありません。大成功をお祈りしています。

いっぱいの “たいいくあそび”

式典・イベント / 2017年9月30日

下田部保育園児のみなさんがんばって

20170929_000722054_iOS昨日は、秋晴れで青空いっぱいのスタート。地元保育園の運動会が開催。堤コミュニティセンター多目的広場では、子どもたちの元気で大きな声がいっぱい。保護者の皆さんもビデオやカメラで成長記録いっぱい。おじいちゃん、おばあちゃんも笑顔がいっぱい。

私もハンカチで汗を拭いながらいっぱい応援。子どもたちも、いっぱい汗を流したのかな。

来賓として、ご紹介いただき恐縮です。

関西・全国どこでも

□街宣活動 党活動 / 2017年9月29日

比例区○公明党

20170929_023645979_iOS今日は早朝から林啓二大阪府議会議員とともに公明党議員団も街頭演説に。関西の小選挙区6名と比例区4名の完勝を誓い合いました。

ご声援をくださった皆様、本当にありがとうございました。

衆院選挙、10月10日(火)公示、22日(日)投開票です。

夫婦で街頭へ

□公明新聞 □街宣活動 党活動 / 2017年9月28日

本日、午後の本会議で衆議院解散

20170928_084208000_iOS解散総選挙は10月10日公示、22日投開票の日程となります。

(公明新聞より)安倍首相が衆院解散を決断したのは、2019年10月の消費税率10%への引き上げによる増収分の使い道を変えることに対し、国民の信を問うためです。

消費税の増収分の使い道については、民主、自民、公明の3党合意に基づく2012年の社会保障と税の一体改革で、年金・介護・医療・子育ての社会保障と、大半を財政健全化に充てるとしています。

安倍首相はこれを見直し、財政健全化に充てる予定の増収分の一部を、公明党が主張してきた教育費の負担軽減などを柱とする2兆円規模の政策の財源として活用する方針を示しました。

少子高齢化・人口減少社会の課題に対する、今後の「人づくり革命」に向けた「全世代型」社会保障への転換に使う方針です。国民生活に密接に関わる重要な判断であり、衆院を解散して国民に信を問う意義は十分にあります。

《人づくり革命と消費税増税の見直し》
税率8%から10%へ、増収分5・8兆円のうち1・45兆円が社会保障の充実で、4兆円が社会保障の借金穴埋めでしたが、この4兆円のうち、約2兆円を「人づくり革命」、幼稚園・保育所の無償化、大学の奨学金や授業料の減免拡充、保育の受け皿前倒しに、これが使途の見直し。その他0・35兆円も。

また、衆院選は、これからの国内外の問題等、日本のかじ取りを任せる政権選択の選挙です。安定した自公連立政権の下、国民の生命を守り、経済再生や社会保障の充実を進めることが重要と考えます。

今日の夕方、夫婦で地元のスーパー前より、解散総選挙の意義と、公明党の実績・政策をご紹介させていただきました。①消費税の「軽減税率」実現、②教育費負担の軽減、③高齢者支援の充実の三つです。

多くの方々にご声援をいただき、心より感謝申し上げます。

.

今日の公明新聞ニュース 9月28日付け<公明新聞

市民の声

いいね!!たかつき 高槻市HPへリンク / 2017年9月27日

市民の声〈市民生活相談課に寄せられた声〉平成28年度のまとめ

20170922_073822835_iOS〈広聴業務として〉

  • 要望・意見等の受付・処理
  • 職員出前講座
  • 市長と語るタウンミーティング
  • コールセンター
  • 市民意識調査

〈相談業務として〉

  • 一般市民相談
  • 各種専門相談
  • 行政相談

 

「市民の声」 <高槻市ホームページ

平成28年度中に寄せられた「市民の声」総数は4,159件、3月が600件で一番多い状況。

5年間の推移では、平成24年度4,396件、平成25年度4,765件、平成26年度4,683件、平成27年度4,353件、平成28年度4,159件

「市民の声」の中で要望は983件(23・6%)、相談・問い合わせは3,057件(73・5%)そのうち法律相談1,315件、公営住宅1,194件の問合せが、合わせて82・1%を占めている。

相手先別では、高槻市1,294件、市の外郭団体15件、国・府及び関係官公庁等1,241件、その他1,609件

 

「市民の声」の処理・対応は

3,310件/4,159件=79・6%(実現・指導・助言・斡旋)、調査・検討は132件(3・2%)、施策の参考にしたものが573件(13・8%)、また、市が関われない等で困難とされたものは144件(3・5%)

中でも高槻市に関係する「市民の声」と部局別でみると、高槻市に対する「市民の声」1,294件

都市創造部390件、このうち開発指導に関するものが30・5%、産業環境部258件、騒音、大気汚染に関するものが39・5%、市民生活部184件、市民生活相談が36・4%、健康福祉部164件、保健衛生や保健予防を所管する保健所に関するものが22・6%、総務部64件、防災対策に関する要望が29・7%、教育委員会64件、教育指導に関する要望・意見が37・5%、子ども未来部45件、交通部41件、総合戦略部39件、農業委員会25件、消防本部12件、議会事務局3件、選挙管理委員会2件、コンプライアンス室1件、会計課1件、水道部1件と続いています。

高槻コールセンター 072-674-7050 <高槻市ホームページ

 

ちなみに、私が受けた「市民の声」は平成28年度361件(高槻市の8・7%)で、平成19年から平成29年9月22日現在で5,537件の声をお寄せいただきました。(完了率78・5%)「皆さんのお声が原点です」皆様の貴重なお声、ありがとうございます。

9月閉会

議会活動 高槻市HPへリンク / 2017年9月26日

平成29年9月定例会

20170926_002417888_iOS議会は25日、26日と続き、本日、21日間の市議会定例会が閉会しました。25日は各常任委員会委員長報告、採決、追加議案、一般質問(8名の議員)。26日の最終日も一般質問(8名の議員)

公明党からは3名の議員が立ち、中でも笹内和志議員から「成年後見制度について」の一般質問。

今後、高齢化等のさらなる進展により、認知症高齢者等の権利擁護が重要な取り組みになってくると感じました。

「成年後見」の利用促進へ <あきひログ

 

濱田市長より 平成29年9月定例会閉会に当たってのあいさつ <高槻市ホームページ

安全に利用していただくことが大切

□西大樋町 安全実績ナウ / 2017年9月25日

地元連合会長の思い

20170918_040639151_iOS大阪府(水未来センター)の管理する北部流域下水道施設(下水処理施設)内にある公園内の「三角公園」、以前は地域で丁寧な維持管理をしていただいておりましたが、現在は適切に府の管理となり、公園全体の維持補修も適切に行われています。

三角公園を安全に利用していただくことが大切なことから、除草頻度の課題もあり、過日、地元の連合会長と三角公園の除草のお願いに伺わせていただきました。

 

その後、管理者として検討をしていただき、このほどキレイに除草をしていただくことができました。

先日、除草後の現場確認に行ってきました。三角公園では、少年野球に励む子どもたちが、大きな声で元気に頑張っている姿が遠目に見られ、本当に良かったなと感じた次第です。(№488)

関係者の皆様、ありがとうございました。

二日目のコミセンまつり

式典・イベント / 2017年9月24日

秋晴れの一日

20170924_015928192_iOS二日目のコミセンまつり、今日はオープニングのご挨拶を。

第28回の堤コミュニティまつりの開催、おめでとうございます。二日目ですが、参加者の皆さんはもちろんですが、ともどもに楽しみたいと思います。

この二日間、コミセン役員、ボランティアの皆さん、そして、暑い中、外で模擬店をしていただいている皆さん、本当にお疲れ様です。ありがとうございます。

昨日も大盛況で、国政等の高尚なお話しを聞かせていただきました。また、JR高槻駅や新名神高速道路、地域防災会のお話しも聞けましたね。

今日、私の方からは、八丁畷の京大農場跡地にできる安満遺跡公園のご紹介を。

広さ20ヘクタールで甲子園球場5個分の公園、遺跡公園や防災公園の他、子ども未来館などの施設が、平成31年、一次開園を目標に計画が進んでいます。(平成33年 全面開園) また、防災エリアの地下には、集中豪雨など一時的に雨水を貯留する2万リューベの雨水貯留施設が平成29年に完成しました。

賑わいのまち高槻を。安全・安心のまち高槻をしっかりと進めているところです。

結びに、本日の開催を祝して、一曲歌います。

(与作の替え歌)

20170924_235022147_iOS♫コミセンまつりだよ〜  ヘイヘイホー・ヘイヘイホー♫

♫皆さん楽しんで〜  ヘイヘイホー・ ヘイヘイホー♫

♫皆さんお疲れさ~ん  ヘイヘイホー ・ヘイヘイホー♫

.

はにたんダンス、健康推進リーダーさんたちの手話ふるさと、カラオケ、展示品の鑑賞、楽しく賑やかに。

あとは、後片付けもいっしょに…

地域がつながる

式典・イベント / 2017年9月23日

第28回 堤コミュニティまつりの開催おめでとうございます。

20170923_003503759_iOS秋を彩り、文化の華を咲かすまち。今日と明日は地域のコミセンまつりです。講座・サークルの発表や学童・幼児、一般の方々の文化作品展、また、そば打ち同好会や外部会場では模擬店も。

今日は朝から会場いっぱいで、大賑わいのコミュニティセンター。セレモニーでは開会のことばから(妻)、市民憲章唱和、主催者、ご来賓のあいさつと。

私も、そば打ち同好会の皆さんの“ざるそば”をいただき、本当に美味しかったです。“そば”は小麦粉などのつなぎを使わなくても、“そば”だけで十分に強い「つながる力」を持っているそうですね。

コミセンまつりを通して“人と人とがつながる”、そして、“地域がつながる” すごく大切なことだと感じます。

コミセン役員、ボランティアの皆様、いつも本当にありがとうございます。

関係者両以外通り抜けご遠慮下さい

□登町 安全実績ナウ / 2017年9月22日

熱心な自治会長の思いが

20170918_051828000_iOS過日、地域の自治会長から「交通規制」のご相談をいただきました。通学や通勤の時間帯に、地域外から自動車等が団地内を通り抜けするので、通学する児童・生徒たちにキケンではないかとのご相談でした。

自治会長の熱心な取り組みの結果、「啓発看板」が団地の出入り口に数箇所、設置していただき、一定の啓発ができたものと感じています。(№487)

生活道路につき「関係者両以外通り抜けご遠慮下さい」地元自治会・高槻市・高槻警察署

自治会長からも喜びの声をいただきました。関係者の皆様、大変、お世話になりました。