高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

防災冊子を全戸配布

□公明新聞 □防災・減災 党活動 高槻市HPへリンク / 2017年6月29日

今日の公明新聞7面 ハザードマップ収録 水害や土砂災害に備え 大阪・高槻市

本日の公明新聞7面で、高槻市が取り組む「水害・土砂災害ハザードマップ」のことが紹介されました。新聞記事全文を下記の通りご紹介させていただきます。

大阪府高槻市は現在、市民の防災意識の向上につなげようと、水害や土砂災害に対するハザードマップを載せた防災冊子を全戸配布している。

この冊子はA4判で、98ページ建て。前半に防災知識や災害への備えなどをイラスト入りでまとめ、後半には市内31の地域と淀川流域のハザードマップが掲載されている。
同マップは、観測史上最大となった2012年の豪雨や、府が昨年行った土砂災害警戒区域の指定などを踏まえ、従来の「洪水・土砂ハザードマップ」を改訂したもの。

下水道の排水能力を超えて発生する内水氾濫と浸水範囲や水深、土石流など土砂災害が起こる可能性の高い場所を色分けして表示。加えて、一目で市内全域を確認できる折り畳み式のA1判のハザードマップや、マップに貼って避難経路を確認できるシールも収録している。

市議会公明党(吉田章浩幹事長)は2015年9月の定例会で、ハザードマップの改訂に当たり、マップを冊子化して活用しやすい工夫を凝らすよう訴えていた。

高槻市水害・土砂災害ハザードマップ <高槻市ホームページ

20170628_220644340_iOS