Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki5ebara@gmail.com

Archive for 2020年 3月

2020年度宝塚市一般会計及び特別・企業会計予算案に関しての、中川市長の施政方針について2月26日、公明党議員団を代表して代表質問を行いました。

 

ここでは、主な質疑内容のみ掲載いたします。

1.将来を見据えた持続可能な財政運営

中川市政の10年間の財政総括の数値比較

答:一般会計当初予算規模は、117.4憶円増加。

市債残高69・2億円減少、基金残高34・3億円減少。

財政力指数・実質収支比率・経常収支比率はほぼ横ばい。

IMG_4981_s

 

 

 

 

 

 

2.総合窓口化の推進としてのおくやみコーナー開設

開設時期と内容は

答:2021年1月、窓口サービス課内に開設。

氏名など共通事項記入は一括作成で負担軽減。

 

3.防災行政無線の適切運用(屋外拡声器)

答:北部13か所、南部32か所に設置済み、

有資格者のもと、地域ごとの発信も可能。

 

4.産後ケア事業の内容

答:本年10月に開始予定。

助産師や看護師が自宅にて援助、利用回数は通所型と

訪問型合わせて上限8回、1回当たり8千円市が負担、

自己負担は2千円、母親の孤立を防ぐ。

 

5.学校・園の統廃合計画に関して

20年後の児童生徒数の推計値は?

答:2040年は12,981人、2020年は18,856人

比較して5,875人、30%以上減少する。

意見:子ども増加の昭和50年代の校舎園をそのまま維持

する事は無理であり、減少に見合った統廃合を考え

る教育委員会は、公共施設最適化すべき。

6.新型コロナウィルス感染症に関して

県においては警戒本部を設置したが、市は

答:市として警戒本部を設置し、県が対策本部を設置

した時には、速やかに市も対策本部を設置します。

 

その他、地域公共交通網形成計画の策定、都市計画道路

2路線の進捗、診療報酬改定に伴う市立病院経営への影響、

小中学校の授業のICT化とGIGAスクール構想の

取組、新ごみ処理施設の進捗などについても質問致しました。