Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki5ebara@gmail.com

宝塚市議会は定例会最終日の18日、宝塚歌劇団が今年100周年を迎えたのに合わせ、歌劇団の地元らしい街づくり推進を目的とする「歌劇のまち宝塚条例」を全会一致で可決した。同日付で公布・施行される。

宝塚市議会は今年3月、政策研究会を設置し、6月に条例案を策定した。しかしその後、既存の条例との調整に手間取り再検討。歌劇側の意見も参考にし、何とか100周年の年内成立にこぎ着けた

条例は議員提案で「宝塚歌劇により親しみを感じられるような環境を育んでいくことが大切」と明記。市が必要な施策を取ることや、市民が市の文化と歴史に誇りを持ち、魅力ある街づくりに取り組むことを努力義務として定めている。

歌劇団は、女性だけで構成され、大正3(1914)年4月に同市で初公演を行った

コメントは受付けていません。