Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki5ebara@gmail.com

平成22年10月の被爆アオギリ二世(広島市)の記念植樹に続き、今年は長崎市の爆心地から南東約800mの所にあった2本のクスノキ(市天然記念物)が樹勢を盛り返した事実に原爆の復興に立ち上がった市民に感動を与えました。その被爆クスノキの種から育てられた被爆クスノキ二世を、長崎市から寄贈いただき田上富久長崎市長をお迎えして記念植樹式を開催することになりました。

式典前に市長室において、田上長崎市長、田畑平和発信係長と面談し、私からは10月5日に世界新三大夜景都市(香港・モナコ)に認定された事をお祝いしますとあいさつ。私の妻が長崎市出身であることに長崎市長は大変感動し、縁を感じる面談でした。

午前11時から末広防災公園において、被爆クスノキ二世記念植樹式が開会。中川市長から田上長崎市長へのお礼を込めて主催者あいさつ、その後、来賓として田上富久長崎市長から「平和のシンボル」として被爆クスノキ二世をお持ちしましたが、もっと大切なことは人と人の繋がりですとあいさつ。

 

私からは、平成元年3月に宝塚市は非核平和都市宣言をしましたが、市議会としはその前年である、昭和63年9月議会において、「非核平和都市宣言を促す決議」を可決して、行政に対して、まさしく非核平和都市宣言を促した事実を紹介しました。

その他、「非核三原則の法制化を求める決議」「あらゆる国の核実験に反対する決議」や国に対する意見書の提出などの平和施策の市議会の取組みを紹介しました。

午後2時からは、ソリオホールにおいて「平和特別講演会」が開会。第一部ではバリトン歌手野本立人さん、筧千佳子さんによる平和の歌ミニコンサート、長崎の鐘、さとうきび畑などに大変感動しました。第二部として田上富久長崎市長より「peace From Takarazuka」と題して講演をいただきました。冒頭、長崎市の原爆投下前後の写真を含めての説明に改めて平和の実現には地道な努力が必要であることを痛感しました。

 

  

コメントは受付けていません。