カテゴリー(未分類)

昨日は雨でしたが、今日の東京は快晴で大変暑いです。レインボーブリッジ近くからの景観もすっきりとして綺麗です。

東京の本日の新型コロナの新規感染者は107名となりました。感染者は「夜の街」関連が多く、エリアとしては新宿や池袋が多くなっています。また、若い人の割合が依然として多く、20代・30代で約70%に及んでいます。

夕刻、都知事が専門家とともに記者会見を行い、夜の繁華街への外出自粛、事業者ガイドラインの再徹底などを呼びかけました。

専門家の総括コメントとして、感染状況については4段階のうち2番目に厳しい「感染が拡大しつつある」段階、医療提供体制については4段階の3番目に厳しい「体制準備が必要」な段階とのことです。

また、専門家からは、7月1日時点の「接触歴不明の新規感染者数」の増加が4週間継続すると、その数は約6倍に。さらに4週間継続すると、現在の約40倍になるとの指摘もありました。

いずれにしても十分な警戒と感染防止の取り組みが重要です。

tr0702

☆   交付金でさらに手厚く    ☆
☆  自然災害に備え避難所対策も  ☆
東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は25日、都庁内で小池百合子知事に対し、国の2020年度第2次補正予算に盛り込まれた地方創生臨時交付金の都への配分額が決まったことを踏まえ、新型コロナウイルス対策で緊急要望した。
席上、東村幹事長は、東京の経済社会活動と感染の第2波に備える対策を前へ進めるため、補正予算の編成を急ぐよう主張。特に、経営が悪化する中小企業の家賃負担を軽減するため、国の「家賃支援給付金」に、国からの地方創生交付金を活用して補助を上乗せするよう要請した。
また、医療機関での院内感染を防ぐための設備支援や、分娩前の妊婦へのPCR検査実施を求めた。さらに自然災害の発生に備え、避難所として活用が見込まれる都立の施設や学校の感染防止対策を要望した。
小池都知事は「しっかりと受け止め、施策に反映していく」と応じた。(公明新聞6月26日付)

tr0625

新型コロナウイルスに感染した場合、軽症者でも急に重症化する可能性が指摘されています。これはパルスオキシメーターといって、血液の酸素飽和濃度を測る機器です。指をはさんで何秒かで数値が出ますが、それによって重症化の兆候を察知することが可能です。
都議会公明党は、東京都が軽症者療養のために確保した宿泊施設に、この機器を置くよう提案し、実現を図ってきました。
都議会公明党控室にも一つ置いてありますが、私の指で測ってみたら「98」でした。この数値は大丈夫です。

tr0609

新型コロナ感染拡大により経済的に困窮する学生の学業断念防止のため、公明党は約50万人を対象に1人10万円の給付を提言し、文科相が早急に対応したいと応じました

(5/9 公明新聞)

tr0509

GWを含めた「STAY HOME週間」に自主休業のご協力をいただいた理美容業の方々に対する都の給付金の申請が今日から始まります。都議会公明党が都に対応を求めてきた給付金です。詳しくは、「東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金」下記のURLをご覧ください。

https://www.tokyo-kyugyo.com/ribiyo/index.html?fbclid=IwAR3G6w-SuP87UDUp8zieGa4SCEWu_bLbtOFxFXEDGXXgdWcdx-oIGdugLKI

 

都議会公明党は本日(5月5日)午後1時30分、緊急事態宣言延長に伴う都の措置として、感染拡大防止協力金第2弾の実施を小池都知事に緊急要望しました。
小池都知事は「5月末までが重要なので、しっかり受け止めさせていただく」と応じました。都議会公明党の緊急要望を受けて都は、第2弾の実施を打ち出す方針です。

tr0505

東京都は都議会公明党の提案を受けて、理美容の事業者が4月30日〜5月6日に自主休業した場合、15万円(2店舗以上所有は30万円)の給付金を支給することにしました。問い合わせは03-5388-0567。
この記事は4月21日に行われた都議会特別委員会での東村幹事長の質疑を報じた公明新聞です。都議会公明党は知事への緊急要望でも、理美容への支援を求めていました。

tr0430-2

都議会公明党は4月28日、小池都知事に対し、島しょ地域などのホテル・宿泊施設等について支援策を検討するよう緊急要望しました。

tr0430

新型コロナ感染拡大により休校が続いている子どもたちの学習を支援するため、児童・生徒に「図書カード」配布を!。東京都書店商業組合の矢幡秀治理事長・小野傳事務局長が23日、都知事と都教育長宛に要望書を提出しました。私も同席させていただきました。
理事長のお話では、子どもたちが自宅での生活を余儀なくされるなかで、書店では児童書や学習参考書の販売が増えているとのことで、「図書カード」の配布は学習面での効果的な支援になると思います。
tr0424
本日(4月22日)午前、多羅尾・東京都副知事に会い、小池都知事宛ての新型コロナ対策緊急要望を手渡しました。
この中では特に、事業活動に制約を受けているNPO法人に対する経済支援を求めました。
このほか、テレワーク支援の充実、最前線の医療機関や歯科医への防護服など医療資機材の支援、学校へのマスク提供などを要請しました。
tr0422-1

 

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com