Twitter
カレンダー
2021年5月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト管理者
台東区 寺田晃
terada0614akan@aol.com

Archive for the ‘委員会・議会’ Category

IMG_1962IMG_1980 6月10日(水)第2回定例会一般質問が行われ台東区議会公明党を代表して質問をさせていただきました。

 質問要旨は、1、自転車安全利用の推進について①安全利用の意識高揚について②自転車通行帯の整備について③一時プール場所の設置について 2、健康遊具の推進について①健康遊具の増設について②ウォーキングコースの個性化について 3、生活保護ついて①新たな就労支援・自立支援の構築について②保護費の適正化について 4、旧東京北部小包集中局跡地の利用についての大きく四点につき質問させていただきました。

 特に4点目につきましては、昨年度に検討材料として実現可能性の高い提案募集を、民間事業者を対象として行い開発提案の提示をいただいた中で、明治通りに面しているため自動車による交通の便が良いことなどから、ロードサイド型の施設との複合など様々な用途に活用することが可能であることが分かりました。質問の中で参考に一つの自治体の成功例をご紹介(岐阜県郡上市の道の駅「やまと」を中心とした「稼げる第三セクター」と題した市の産業振興事業)し、仮称「たいとうあったかステーション」と題した、一か所で人情味あふれる台東区が感じられる道の駅の提案をしつつ、各専門分野のスペシャリストによる少数精鋭の「旧東京北部小包集中局跡地 検討 特命プロジェクトチーム」を設置するべきと質問させていただきました。

 区長のご答弁は以下の内容です。1、①「台東区自転車安全利用促進条例」の施行時期に普及啓発イベントの実施と、リーフレット等の作成や交通安全運動等にて周知を図り、安全利用の意識が高まるよう努めて参ります。②区独自の「自転車走行空間」整備の検討をして参ります。③小規模な駐車スペースのための用地の確保や管理など今後研究して参ります。2、①山谷堀広場に新たな設置を予定しております。今後は地域の要望を尊重し特色ある公園づくりに努めて参ります。②本年度作成のウォーキングマップに健康遊具の情報を組み込んで参ります。3、①就労支援や精神保健分野への対応を強化し、きめ細やかな支援を進めて参ります。②今後も受給者の方には、様々に指導し生活保護の適正な実施に努めて参ります。4、よりコンパクトな検討チームを設置し多角的観点からの検討を進め、賑わいを生み出す活用について区の考え方を取りまとめていきたいと考えます。

 今後とも皆様に喜んでいただける区政を進めてまいります。

 *質問の模様はケーブルテレビCATVにて放送されますのでご都合のよろしい方はどうぞご覧ください。

放送予定:6月25日(木)、27日(土)午後1時より5時(発言順番が3番目になりますので、およそ1時50分過ぎより始まります

 

 5月25日(月)5月例月常任委員会が開催されました。私も区民文教委員として審議に参加し、そのほか各種委員会に傍聴いたしましたので審議の内容をご報告させていただきます。

 <決議内容>                                          

企画総務委員会:・台東区総合教育会議の設置について(このたびの法改正のもと、5月19日に第1回会議が開催され、教育大綱の策定など協議)・臨時福祉給付金等給付事業について(臨時福祉給付金9月1日受付開始・子育て世帯臨時特例給付金6月1日受付開始、共に10月下旬振込み開始)など                              

区民文教委員会:・平成27年度国際理解重点教育中学生海外短期留学派遣生徒選考結果等について(デンマークのグラズサックセ市派遣交流メンバー17名が決定、期間8月19日より25日、報告会9月26日)・台東区立学校の携帯電話・スマートフォンのルールについて(利用上の問題解決のため小学5・6年生、中学生にルールチラシの配布)など

保健福祉委員会:・廃棄物排出実態調査の実施結果について(「台東区一般廃棄物処理基本計画」の平成27年度末改定作業に当たり基礎資料のための調査)・社会福祉法人台東区社会福祉事業団の経営状況報告について

産業建設委員会:・平成27年度台東区中小企業融資「夏季特別資金」について(融資限度500万円以内、貸付期間1年以内、詳細6月5日広報たいとう)・黒門児童遊園整備工事について (平成27年6月よりトイレ改築工事開始、平成28年3月全面供用開始)など

 

2015051917260000 

 5月18日、平成27年第2回臨時会を開催され、議長・副議長の選挙と監査委員の選任同意が行われ、議長に太田雅久議員、副議長に堀越秀生議員、そして議会選出監査委員に私、寺田晃が就任致しました。

 本日、服部台東区長より任命書を頂きました。皆様の代表として誠心誠意しっかりと務めてまいります。

 *こちらもご覧ください。

 http://www.city.taito.lg.jp/index/release/201505/press0518-2.html

 

 

 

 

201502051053000020150205102900002015020510290001 2月5日(木)故吉住弘台東区長の台東区葬が執り行われました。

 初登庁より、新人議員の私にも気さくにお声をかけていただき、様々にわたり大変にお世話になりました区長でありました。

 在りし日のお姿を映像にて見させていただきましたが、ふと どこかでまたお会いするのではと感じるくらい今でも信じられずにおります。

 

11月2日(日)浅草北部ことぶき商店会のイベントとして妙亀塚まつり・お化け地蔵ご縁日が開催されました。

歴史も深いことぶき商店会でありますが、多くの名所や旧跡もあり、価値ある遺産を活用しながらのイベントでありました。

さんま焼きをはじめ出店も大賑わいの一日でした。商店会の益々のご発展を切にお祈りいたします。

11月1日(土)上野の山文化ゾーンフェスティバル講演会シリーズ10に参加させていただきました。

講演内容は、塩谷東京文化財研究所企画情報部 近・現代視覚芸術研究室長の講師による「仙台・昭忠碑、被災から復興へ向けて」の講演と

河田千葉工業大学教授の講師による「戦争の『氷像と本物』」の講演でありました。

戦争による絵画の真実を教えていただきました。

報道や表現の持つ意味は、見る側や読む側の知識の深さにより、大きく左右されることを学ばせていただきました。

*フェスティバルの詳細です。http://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/torikumi/uenonoyama/festival.html

 *上野の山文化ゾーンフェスティバル2014ピックアップ情報です。http://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/torikumi/uenonoyama/pickup2014.html

10月31日(金)第47回台東区文化祭懇親会が行われました。

能楽連盟さん、カラオケ協会さん、詩吟詩舞道連盟さん、ボーイスカウト・ガールスカウト協議会さん、民謡連合会さん、舞踊協会さんの代表の方が代表して発表をしていただきました。

本区の文化を支えていただいております、各団体の皆様の益々のご健勝を切にお祈りさせていただきます。

産業建設委員会の視察に伺いました。

・宇和島市では、明治時代に創業した旅館を再生しながら地域の観光や産業の発信拠点を作り、活性化を図る事業

・大洲市では、「景観法」を策定し「良好な景観」をまもり育てながら、健全な地域の憩いの場や来街者のとの触れ合いの場を創造し、次の世代へと引き継ぐ事業

・今治市では、バブル崩壊やリーマンショックなどによりタオル産業の生産が下降しておりましたが、ブランドマークやロゴ政策などによる「今治タオルプロジェクト」による取り組みが成功し地場産業の復興のモデル事業となっております。

以上の3点につき視察させていただきました。それぞれ先進的な事例を観させていただきましたが、本区に併せて参考にさせていただき今後の施策に反映しながら産業の発展に努めてまいります。

10月20日(月)平成25年度決算特別委員会総括質問が行われ、区議会公明党を代表して、清水幹事長、小菅副幹事長、私と台東区の発展を思い描きつつ、総括質問をさせていただきました。

私は、1、情報システム経費の圧縮について 2、文化観光施策の推進について 3、隅田公園駐輪場対策について の3点につき質問させていただきました。

引き続き、台東区の発展のため皆様の声をしっかりとお伺いさせていただきながら精進してまいります。

このたびの質問の内容は、ケーブルテレビにて、11月8日(土)午後12時より7時まで(およそ午後1時30分ごろより開始・・・)放送される予定です。お時間の許される方はどうぞご覧ください。

9月27日(土)上野の山文化ゾーンフェスティバルの江戸伝統芸能、吉例第15回上野不忍華舞台が開催されました。

藝大ご出身の長唄女子東音会の皆様たちによる「三味線音楽の華」は魅力ある豪華な演奏の中行われました。浅草芸妓連中の皆様による舞踊「江戸の賑わい」は浅草の伝読的な座敷芸を観させていただきました。続きまして、松井誠氏、春日宏美氏による舞踊、鈴々舎馬風氏による落語、水谷八重子氏による舞踊と、どれも圧巻とさせていただきながら見事な舞台を拝見させていただきました。

会場も声援がやむことなしに大盛り上がりの舞台でありました。