バックナンバー 2020年 11月

北九州市若松区 国道495号線竹並交差点から稲国交差点間の道路中央分離帯に、反射板を設置しました。
 従来、この交差点間の中央分離帯には反射板がなく、特に夜間や、大雨の時には対向車線のライトの影響で、中央分離帯の位置がわかりづらく、危険でした。反射板の設置で中央分離帯の位置確認が容易になり、安全性が向上し、利用者の方々からも喜びの声が届けられています。

Twitter
本田ただひろLINE
本田ただひろLINE公式アカウント
ブログバックナンバー
サイト管理者
北九州市 本田忠弘
galois1003@gmail.com