IMG_20210403_1459594月1日で鈴鹿市手話言語条例が施行され2周年となりました。これを記念して4月3日(土)イスのサンケイホール鈴鹿(鈴鹿市民会館)で早瀬憲太郎氏の記念講演と映画が上映されました。IMG_20210403_130238上映前に末松市長も手話で挨拶されました。映画は、看護士資格を持ち、面接を受けるも就職が決まらず、父親の故郷へ戻って役場で働く。そこで、看護士としてのノウハウや障害をびくともせず前向きさで、村の人々に勇気を与え信頼を勝ち取る。30年ぶりの新生児も誕生する。コロナ禍で医療従事者不足が危惧される。耳の聞こえない壁を越えて、採用できるような体制整備が必要だ。dav

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 池上茂樹
sigetti50@gmail.com