令和3年6月定例議会で行った、一般質問の概要を掲載いたします。

 

一般質問0611-1

 

 

「社会的孤立防止について」

 

 

<質問

新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長引く中、DV・虐待、うつ・ひきこもり、孤独死などの問題も増加傾向にある。

また、既存の制度の狭間で新しい生活困難層が増え、地域には帰属先を失った人々の孤立が広がっており、「社会的孤立」の問題が深刻化している。

 社会的孤立防止のための相談支援、就労や居場所などを提供することで社会とのつながりを回復する「参加支援」への取組みについて、尋ねる。

 

 

<答弁>

本年度から、本市の生活相談窓口に社会福祉協議会の職員を配置し、連携強化を図りながら、相談者の状況に応じ、関係機関とともに支援を求める家庭に訪問し、生活課題の解消を支援するため、アウトリーチ支援の充実を図っていく。

居場所づくりや参加支援のための取組として、農作業に携わることを通して、社会的関係を築いていけるような仕組みを考えている。

 

 

<質問>

災害対策基本法の一部改正により、高齢者や障がい者など自ら避難することが困難な「避難行動要支援者」ごとに作成する「個別避難計画」の作成が、市町村の努力義務とされた。

 危険度や支援の必要性など、優先度が高い方から計画を作成する必要があるが、「個別避難計画」作成への取組について、尋ねる。

 

<答弁>

本市では、地域防災計画に災害時要援護者対策計画を位置付け、災害時要援護者台帳を作成しており、令和3年3月末時点での登録者数は、9566人である。

この度の法改正を受け、本市として関係部局が連携し、介護専門職の方々などの協力も頂き、優先度に応じた個別避難計画作成について検討する取組を進めていきたい。

一般質問0611-0

 

 

6/11(金)、「社会的孤立防止について」、一般質問させて頂きました。

 

1. 社会的孤立防止について 

(1) 現状と課題について

(2) 対象者の把握と支援について(人的・財政的・居場所・就労等)

(3) 地域等との連携について

(4)  ゴミのふれあい回収等の見守り支援について

(5)  重層的支援について

(6)  個別避難計画について

 

 

公明新聞0613

 

~学校トイレの洋式化進む~

6月13日付の公明新聞(中部版)に、鈴鹿市の学校トイレ洋式化についての記事が掲載されました。

 

 

 

 

5/28(金)、新型コロナウイルスワクチンの接種に関して、市民から寄せられた声を基に、鈴鹿市議会で意見をまとめて、議長、副議長、各派の代表から市長に意見書を提出しました。

 

20210528

 

「新型コロナウイルスワクチンの接種について」

 

1 高齢者等インターネットに不慣れな市民のために,予約のサポート及びワクチン接種に関する様々な相談ができる窓口を地区市民センター等に設置し,ワクチン接種の予約受付体制を強化すること。

また,ワクチン接種の予約受付とは別に,接種に関する質疑応答ができる専用電話の新設を検討すること。

 

2 ワクチン接種に対する不安を払拭するために,副反応や接種状況等ワクチン接種にかかる情報については,市ホームページを始め,広報すずかや回覧板などを活用し,高齢者等にも分かりやすく丁寧に周知すること。

 

3 老人施設入所者や在宅療養の方などワクチン接種会場への移動が困難と思われる方のために,訪問接種など必要な支援策を検討すること。

 

4 貴重なワクチンを有効に活用するために,体調不良等により,当日の予約キャンセルが出た場合のワクチンの取扱方針を定めること。

 

5 今後,ワクチン接種の対象者を65歳未満に拡大する際には,就業者やかかりつけ医を持たない方が多いことも予想されることから,電話や特にインターネットでの予約受付体制の更なる充実を図るとともに,企業内接種や休日・夜間に接種できる集団接種会場の拡充を検討すること。

 

6 今後,65歳未満の方に接種券を送付する際には,年齢別,地域別等,段階的に接種券を送付するなど,予約にあたり混乱が生じないような仕組みを検討すること。

 

7 今後,65歳未満の方の接種にあたっては,エッセンシャルワーカー(介護福祉士,保育士,教諭等)への優先接種を検討すること。

 

伊勢新聞20210528_n

  4/22()、公明党鈴鹿市議団として「コロナ禍における女性の負担軽減に関する要望」を、女性市民3名とともに、末松則子市長と中道公子教育長に手渡しました。

 

市長要望20210422-1

 

  コロナ禍における女性の負担軽減に関する要望

1. 生理の貧困対策として、必要な人へ生理用品を無償で配布すること。

2.防災備蓄品の生理用品をはじめ、オムツ、粉ミルク、食料等の入れ替えを活用し、必要な人に無償提供すること。

3.小中学校で無料提供する方策として、トイレに生理用品を備えることなどを検討すること。 また、市内の大学、高等専門学校など、必要な学生に配布すること。

4.生理用品を、関係窓口、公共施設トイレにて必要な人に配布するとともに、継続的な支援に繋がるよう相談体制を整備すること。

5.生理用品を配布する際には窓口に意思表示をするカードを置いて、提示すれば受け取れるように配慮すること。

6.必要な人が申し込みと受け取りを、ネット申請と郵送で出来るようにすること。

7.男性にも理解してもらえるよう、啓発に努めること。

 

 

<4月23日付 伊勢新聞>

 

伊勢新聞0423

 

 

市長要望20210422-2

 

3/24(水)、本会議を再開し、2月定例議会に上程された議案について、採決を行い休会致しました。

 

 

2月定例議会0324-1

 

主な議案は、以下の通りです。

 

「令和3年度鈴鹿市一般会計予算」など、新年度当初予算を可決。

 

一般会計予算は、646億9500万円で、前年度当初予算に比べて、1億9500万円、0.3%の増額。

 

国民健康保険事業、介護保険事業などの特別会計予算、水道事業会計など公営企業会計を含めた、令和3年度全会計予算は、1066億3654万5000円で、前年度当初予算に比べて、17億3932万8000円、1.6%の減額。

 

 

「令和2年度鈴鹿市一般会計補正予算(9号、10)」を可決。

 

・小中学校トイレの洋式化を前倒しで行う予算を計上。

 

小学校・・・清和、鈴西、郡山、井田川、稲生の5校。

中学校・・・創徳、鈴峰、鼓ヶ浦の3校。

 

トイレ洋式化2

 

「令和3年度鈴鹿市一般会計補正予算」を可決。

 

・鈴鹿市全市民に対する「新型コロナウイルスワクチン」接種を行うための予算を計上。

 

・三重県の「緊急警戒宣言」による営業時間短縮協力要請に全面的協力した市内の飲食店に対し、1店舗あたり、1日2万円の21日間で42万円上乗せ支給するための予算を計上。

 

 

「鈴鹿市犯罪被害者等支援条例の制定について」、「押印を求める手続の見直し等のための関係条例の整備に関する条例の制定について」などの条例案を可決。

 

副市長などの人事案件を承認しました。

 

令和3年2月定例議会で行った、一般質問の概要を掲載いたします。

 

一般質問-1

 

(質問) コロナ禍で生活に窮する人、孤立を深める人、制度の間で苦しむ人などの課題を解決するため、重層的支援体制整備を進める必要がある。

さまざまな生活上の相談に、ワンストップで対応する窓口を設置すべきではないか。

 

 

(答弁) 生活の困りごとや不安を抱えている方への自立相談支援の窓口を、本館2階の健康福祉政策課へ移し、鈴鹿市社会福祉協議会と一体となった支援に取り組む。

また、ワンストップで総合的に対応できる窓口の設置を目指し、改正社会福祉法に基づく、重層的支援体制整備事業実施に向けて取り組む。

 

一般質問-2

 

3/2(火)、鈴鹿市議会「2月定例議会」の代表質問で、「施政方針について」質問致しました。

代表質問0302

 

 

代表質問通告

 

3/3(水)、一般質問で、「重層的支援について」、質問しました。

 

一般質問0303-1

 

 

 

一般質問通告

 

2/9 (火)、公明党鈴鹿市議団として、「新型コロナウイルス対策に関する要望」を、末松則子市長に手渡しました。

 

 

市長要望0209

 

 

「新型コロナウイルス対策に関する要望」

 

1 自宅療養者等の症状悪化を早期に把握できるよう、県と連携して貸出用パルスオキシメーターの配備を進めること。

2. ワクチン接種事業の円滑な推進に向けて、医師会等と連携して医師・看護師等必要な人材と注射器等必要な機材の確保を図ること。

3. ワクチン接種への不安や疑問を取り除くため、有効性やアレルギーによる副反応等について、市民への積極的な情報提供に努めること。

4. ワクチン接種会場の選定にあたっては、高齢者や障がい者等が受けやすい環境に配慮するとともに、会場へ行くことが困難な高齢者や障がい者等に対して施設等への巡回接種やドライブスルー型接種等の方法も検討すること。

5. ワクチン接種を混乱なくスムーズに行うため、シミュレーションや事前訓練により課題把握に努めるとともに、予診票の確認や事前説明・相談、接種後の副反応を確認する待機場所などに工夫を凝らすこと。

6. ワクチンの副反応や、感染による後遺症に関する相談体制を整備すること。

7. 若者世代による感染拡大を抑えるため、映像やSNS等を活用して、行動変容に繋がるよう、積極的に呼びかけを行うこと。

8. クラスターが発生した医療機関や高齢者施設等の職員や家族等に対し、偏見や差別がないよう、防止策を講じるとともに、心身両面にわたる相談支援体制の強化を図ること。

9. PCR検査センターの有効活用を図るため、検査対象の拡充を検討すること。

消防団

 

「鈴鹿市消防団」PR動画が、YouTubeにupされました。

ロングバージョン10分動画は、こちらからご覧ください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=dztBaCEO14s

 

あけましておめでとうございます。

令和3年(2021年)の新春を迎えました。

昨年中いろいろとお世話になりました皆様に、心より感謝申し上げます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2021新年

 

 

 

昨年は、新型コロナという、かつて経験したことのない事態の中、皆様には、ご心配とご苦労の一年であったかと思います。

今年こそ、安心と希望の年となりますように。

公明党は、新型コロナワクチン予防接種の推進、経済と雇用の回復に向け、力を尽くしてまいります。

 

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp