11/25(木)、「令和3年12月定例議会」初日、提出議案の提案理由の説明がありました。

 

議場

 

 

12月定例議会の会期は、12/22(水)までの28日間となります。

 

本会議の日程は、以下の通りです。

 

「令和3年12月定例議会・会議日程」

 

11月25日(木) 提案説明

12月3日(金)  質疑、一般質問

12月6日(月)  一般質問

12月7日(火)  一般質問

12月8日(水)  一般質問

12月9日(木)  一般質問、追加議案等、委員会付託

12月22日(水) 委員長報告、討論、採決

 

 

12月定例議会議案

10/14(木)、来年度の予算編成に当たり、15部局に対して 167項目にわたる予算要望書を、末松則子市長に手渡しました。

 

予算要望1014-1

 

 

予算要望1014-2

 9月30日付・公明新聞に、鈴鹿市の「おくやみコーナー」の記事が掲載されました。
公明新聞0930
鈴鹿市役所 「おくやみコーナー」
(1)受付時間   平日9時~16時(12時~13時を除く)
※原則,事前予約が必要
(2)予約方法  前日までに,電話または直接,戸籍住民課おくやみコーナー(電話 059-382-9220  平日8時30分~17時15分受付)で,来庁日時を予約
おくやみコーナー

9/24(金)、本会議を再開し、上程された議案について採決を行い、休会致しました。

 

9月定例議会最終日

 

 

「令和2年度鈴鹿市一般会計決算の認定について」等、決算議案を認定。

 

「令和3年度 鈴鹿市一般会計補正予算(第7号)」を可決。

歳入歳出それぞれ8811万6000円を増額。

 

<補正予算の主な事業>

・小学校の屋根防水層の修繕と小中学校校庭の危険な樹木を伐採するための予算などを計上。

 

大木中学校校舎改築に関する「工事請負契約」を、可決。

 

その他、教育委員会委員の人事案件など、いずれの議案も可決致しました。

8/30(月) に行った、一般質問の概要を掲載いたします。

 

一般質問0830-2

 

9月定例議会一般質問通告n

 

1. 市内経済の現状と支援について

 

【質問】

  コロナ禍における、市内経済への影響について、尋ねる。

 

【答弁】

令和2年3月からの13か月間における、「信用保証付き融資制度(セーフティネット)」の認定件数は2260件で、リーマンショック時の2年間での1482件と比較して、多くの事業者に影響を及ぼしている。

飲食業では、「事業継続サポート給付金」のこれまでの申請状況によれば、ひと月の売上げが50%以上減少している事業者が全体の6割程度となっている。

 

【質問】

  変異株の猛威により、市内経済への影響がより深刻化するおそれがある。

市内企業、個人事業主を支えるため、新たな支援策を講じる必要があるがいかがか。

 

【答弁】

給付金事業の対象を拡大する、新たな「事業継続サポート給付金事業」を10月から開始する。

販売情報の発信力向上に向けたソフト支援や、昨年に続き花いっぱい応援事業を実施するほか、農業への支援と地産地消を推進する。アフターコロナを見据えた支援を行い、経済回復に努める。

 

 

2. コロナ禍における働き方改革について

 

【質問】

  感染拡大防止の観点から、また、非常時における業務継続(BCP)の観点からも、人員の分散、時間差出勤、在宅勤務、テレワークの推進など、職員の働き改革が必要であるが、本市の取組を尋ねる。

 

【答弁】

新型コロナの感染が拡大する中、働く妊婦の不安やストレスを解消するため、本年6月から妊娠中の職員を対象に在宅勤務を開始している。

庁内でクラスターが発生した場合の対策として、執務室を分散して業務を行うサテライトオフィスやWeb会議などに活用できるパソコンやWi-Fi環境など必要な環境を整えている。

時間差出勤や在宅勤務、サテライトオフィスなどを活用して、引き続き感染症対策に取り組む。

 

3. 心のケアについて

 

【質問】

 「コロナうつ」という言葉が生まれるなど、新型コロナ感染拡大に伴う生活の変化によって、心の病を抱える人が増加している。

本市におけるメンタル相談の現状と、相談窓口の周知・啓発など、心のケアへの取組みについて、尋ねる。

 

【答弁】

本市においては、心のケアに関する相談が顕著に増えている状況ではないが、閉塞感や不安を抱く方からの相談も寄せられている。

保健センターでは、保健師による相談を随時受け付け、必要に応じて適切な相談窓口の案内を行っている。

市のホームページでは、「新型コロナ感染症と心のケア」に関するページを増設し、24時間対応している相談窓口も案内している。

 

8/30(月)、鈴鹿市議会本会議が再開され、議案質疑、一般質問が行われました。

 

一般質問0830

 

 

 

私は、一般質問2番目に登壇し、以下の項目について、質問させて頂きました。

 

    1.市内経済の現状と支援について

    2.コロナ禍に於ける働き方改革について

    3.心のケアについて

 

9月定例議会一般質問通告n

8/10(火)、公明党鈴鹿市議団として、「市民が安心できる相談体 制の構築に関する要望書」を、末松則子市長に手渡しました。

 

 

要望0810-1

 

 

  市民が安心できる相談体制の構築に関する要望書

 

現在、医療・健康などの相談窓口として、急な病気やけがで対応に迷った際や救急搬送を要請するかどうかの判断に、電話でアドバイスを受けられる「救急安心センター事業」が、全国で導入され安心が広がっております。

このサービス事業では、応急処置方法や、受診できる医療機関の案内が受けられ、いつでも気軽に専門家に無料で電話相談ができる体制がつくられております。

少子化や核家族化、単独世帯が増加し、周囲に相談できず不安を抱え孤立してしまうケースが増えており、市民の不安解消、迅速で適切な医療提供という観点からも有効な事業であります。

また、潜在的な重症者の発見や救護、救急出動の適正化にも役立つほか、コロナ禍での発熱等、電話相談の受け皿にもなるなど、医療機関の負担軽減や救急医療体制の円滑化にも効果があります。

三重県内では、すでに伊勢市、津市、伊賀市などで実施されております。

本市でも、市民が安心できる救急健康相談体制の構築に取り組んで頂きたく、以下の通り要望致します。

 

 

 

 

1  市民が安心できる救急健康相談ダイヤル事業を導入すること。

 

2  市民の誰もが無料で相談できる体制を構築すること。(聴覚障害、外国人など)

 

3  夜間や休日も含め24時間対応できる体制を整備すること。

 

4  メールやLINE等、SNSの利用も可能とすること。

 

5  導入にあたっては、サービスの認知度を高めるため、動画配信や母子手帳に案内を掲載するなど、周知に努めること。

 

 

<公明新聞2021年8月18日付 6面掲載>

 

公明新聞0818

令和3年6月定例議会で行った、一般質問の概要を掲載いたします。

 

一般質問0611-1

 

 

「社会的孤立防止について」

 

 

<質問

新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長引く中、DV・虐待、うつ・ひきこもり、孤独死などの問題も増加傾向にある。

また、既存の制度の狭間で新しい生活困難層が増え、地域には帰属先を失った人々の孤立が広がっており、「社会的孤立」の問題が深刻化している。

 社会的孤立防止のための相談支援、就労や居場所などを提供することで社会とのつながりを回復する「参加支援」への取組みについて、尋ねる。

 

 

<答弁>

本年度から、本市の生活相談窓口に社会福祉協議会の職員を配置し、連携強化を図りながら、相談者の状況に応じ、関係機関とともに支援を求める家庭に訪問し、生活課題の解消を支援するため、アウトリーチ支援の充実を図っていく。

居場所づくりや参加支援のための取組として、農作業に携わることを通して、社会的関係を築いていけるような仕組みを考えている。

 

 

<質問>

災害対策基本法の一部改正により、高齢者や障がい者など自ら避難することが困難な「避難行動要支援者」ごとに作成する「個別避難計画」の作成が、市町村の努力義務とされた。

 危険度や支援の必要性など、優先度が高い方から計画を作成する必要があるが、「個別避難計画」作成への取組について、尋ねる。

 

<答弁>

本市では、地域防災計画に災害時要援護者対策計画を位置付け、災害時要援護者台帳を作成しており、令和3年3月末時点での登録者数は、9566人である。

この度の法改正を受け、本市として関係部局が連携し、介護専門職の方々などの協力も頂き、優先度に応じた個別避難計画作成について検討する取組を進めていきたい。

一般質問0611-0

 

 

6/11(金)、「社会的孤立防止について」、一般質問させて頂きました。

 

1. 社会的孤立防止について 

(1) 現状と課題について

(2) 対象者の把握と支援について(人的・財政的・居場所・就労等)

(3) 地域等との連携について

(4)  ゴミのふれあい回収等の見守り支援について

(5)  重層的支援について

(6)  個別避難計画について

 

 

公明新聞0613

 

~学校トイレの洋式化進む~

6月13日付の公明新聞(中部版)に、鈴鹿市の学校トイレ洋式化についての記事が掲載されました。

 

 

 

 

5/28(金)、新型コロナウイルスワクチンの接種に関して、市民から寄せられた声を基に、鈴鹿市議会で意見をまとめて、議長、副議長、各派の代表から市長に意見書を提出しました。

 

20210528

 

「新型コロナウイルスワクチンの接種について」

 

1 高齢者等インターネットに不慣れな市民のために,予約のサポート及びワクチン接種に関する様々な相談ができる窓口を地区市民センター等に設置し,ワクチン接種の予約受付体制を強化すること。

また,ワクチン接種の予約受付とは別に,接種に関する質疑応答ができる専用電話の新設を検討すること。

 

2 ワクチン接種に対する不安を払拭するために,副反応や接種状況等ワクチン接種にかかる情報については,市ホームページを始め,広報すずかや回覧板などを活用し,高齢者等にも分かりやすく丁寧に周知すること。

 

3 老人施設入所者や在宅療養の方などワクチン接種会場への移動が困難と思われる方のために,訪問接種など必要な支援策を検討すること。

 

4 貴重なワクチンを有効に活用するために,体調不良等により,当日の予約キャンセルが出た場合のワクチンの取扱方針を定めること。

 

5 今後,ワクチン接種の対象者を65歳未満に拡大する際には,就業者やかかりつけ医を持たない方が多いことも予想されることから,電話や特にインターネットでの予約受付体制の更なる充実を図るとともに,企業内接種や休日・夜間に接種できる集団接種会場の拡充を検討すること。

 

6 今後,65歳未満の方に接種券を送付する際には,年齢別,地域別等,段階的に接種券を送付するなど,予約にあたり混乱が生じないような仕組みを検討すること。

 

7 今後,65歳未満の方の接種にあたっては,エッセンシャルワーカー(介護福祉士,保育士,教諭等)への優先接種を検討すること。

 

伊勢新聞20210528_n

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp