12/3(金)に行った、「一般質問」の概要を掲載いたします。

 

一般質問20211203

 

1.  子どもと障がい者の医療費負担軽減について

 

【質問】

医療機関窓口での支払いを無くす「現物給付」の対象を未就学児から中学生までに拡大してはどうか。

障がい者医療費助成の対象拡大と現物給付についても尋ねる。

 

【答弁】

子ども医療費現物給付対象の中学生まで拡大実施に向け、早期に課題を整理し準備を進める。

障がい者医療費助成の現物給付についても、子ども医療費と同様の制度設計を考える。

障がい者医療費助成の対象拡大については、多額の経費を要することから、県へ補助対象拡充を要望するなど取組を進める。

 

2. 指定管理者制度について

 

【質問】

文化施設、スポーツ施設ともに、指定管理への移行の時期が来ていると考えるが、いかがか。

文化施設、スポーツ施設の予約システム一元化についても尋ねる。

 

【答弁】

市民会館(イスのサンケイホール鈴鹿)と文化会館は、文化会館の大規模改修終了後の令和6年度に同一の指定管理者での導入を目指す。

スポーツ施設については、コロナ禍での影響なども考慮し、移行時期については慎重に見極めたい。

予約システムについては、現在、同一画面から予約が可能となるシステムの構築作業を進めている。

 

3. 窓口業務の改善について

 

【質問】

マイナンバーカードの普及・活用の取組みと、窓口業務、主に戸籍住民窓口に関する業務の改善について、尋ねる。

 

【答弁】

マイナンバーカードの10月末時点の申請率は46.9%。令和3年3月から「証明書コンビニ交付」に戸籍謄抄本などの発行を追加し、4月からは戸籍住民課窓口にキャッシュレス決済レジを導入した。

マイナンバーカード所持者の転出・転入手続きのワンストップ化実現に向けて、来年度以降システム改修を行う予定をしている。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp