9/25(金)、鈴鹿市議会は本会議を再開し、9月定例議会に上程された議案について採決を行い、休会致しました。

 

9月定例議会最終日

 

 

 

「令和元年度鈴鹿市一般会計決算の認定について」等、決算議案を認定。

 

「令和2年度 鈴鹿市一般会計補正予算(第5号)」を可決。

歳入歳出それぞれ4億9,976万4,000円を増額。

 

<補正予算の主な事業>

 

□  中学生以下の児童のいる家庭に対して、鈴鹿サーキットの入場券、乗り物乗り放題券などを配布するための予算を計上。

 

□  公立・私立保育所をはじめ、子育て支援センター、放課後児童クラブなどの子育て支援施設に必要な感染防止用品などの購入・経費補助をするための予算を計上。

 

 

「令和2年度 鈴鹿市一般会計補正予算(第6号)」を可決。

歳入歳出それぞれ1億8838万7,000円を増額。

歳入歳出予算総額は、880憶168万6,000円となりました。

 

 

<補正予算の主な事業>

 

□  65歳以上の高齢者のインフルエンザワクチン接種費全額公費負担(無償化)と、1歳から未就学児のインフルエンザ予防接種費用の一部(約半額)を助成するための予算を計上。

 

□  三重県から医師会に委託されていた「PCR検査センター」を、鈴鹿市が運営主体となって運営を行うことで、体制を強化するための予算を計上。

 

 

 

その他、教育委員会委員の人事案件など、いずれの議案も可決致しました。

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp